2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 中華香彩 ジャスミン(JASMINE) 広尾 | トップページ | 中国料理 皇家龍鳳(コウカリュウホウ) 早稲田 »

2014年7月21日

過橋米線 (カキョウベイセン) 日暮里店

Kakyoubeisenn

中国雲南酒膳坊「過橋米線」(カキョウベイセン) 日暮里店。

秋葉原店には以前お邪魔していますが、当店ははじめて。

場所は、日暮里駅東口、尾久橋通りの裏手あたり。

店の前に立つと日替りサービスランチの紹介。

秋葉原店同様、肩の凝らない気軽さが日常使いに嬉しい店内。

ざっと見るとテーブル席のみ、壁側は片側ボックスシートというレイアウト。

利用は奥の4人掛けテーブル席。

卓上には、紙ナプキン、爪楊枝、メニュー、割り箸(箸立てにまとめて)、ステンレスポット。

着座後には氷の入った茶がグラスでサーブされた。

メニューを開くと、当店でも全品298円の小皿料理は健在。

夜は中華居酒屋として賑わいをみせるのでしょう。

夏季限定 冷やし米線@800

セットで麻婆丼や半チャーハンを付ける(各1,000円)こともできますが、単品でのオーダー。

角盆にのせ、タピオカココナッツミルクとともにサーブ。

大ぶりの皿には米粉からできたうどん(米線)、その上には、キュウリ、チャーシュー、肉そぼろ、

人参、キクラゲ、錦糸玉子が並び、トップには茹で玉子が君臨している。

対面時にそのボリュームに圧倒された。単品で正解。

「タレはかけてください」とのサジェスチョンを受け、左上のゴマだれを一気に回しかけた。

眩いばかりの美白うどんは食べ応えあり。

ゴマだれは甘酸っぱく、追い打ちをかけているのは野菜の水気のせいなのだろうか。

微妙に薄くのっぺりとした味わい。

そこで角盆にセットされていた食べるラー油タイプのカリカリ唐辛子をのせてみた。

むむっ。自分にはこのちょい足し、相性が良いとは言えない(汗)。

ボリュームの多さもあり、結果、途中でリタイアすることになった。

セットのタピオカココナッツミルクも薄かった。今回はチョイスミスのよう。残念。

次の機会には別のメニューを選択したいな。ご馳走さまでした。

 

過橋米線(カキョウベイセン) 日暮里店

東京都荒川区西日暮里2-26-2 ツカハラビル 1F

TEL   03-3891-1671

営業時間/ 11:30~14:30 17:00~24:00

定休日    無休

大きな地図で見る

※ランチ満足度は、3.2~5.0

« 中華香彩 ジャスミン(JASMINE) 広尾 | トップページ | 中国料理 皇家龍鳳(コウカリュウホウ) 早稲田 »

08.東京23区(台東・墨田・江東・荒川)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事