2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 永利(エイリ) 池袋本店 | トップページ | 横浜中華街 福養軒(フクヨウケン) »

2014年7月17日

神楽坂チャイニーズ 結華楼(ユイカロウ)

Yuikarou

神楽坂チャイニーズ 「結華楼」(ユイカロウ)

オープンは2013年7月1日。

総料理長、齊藤雄史氏は鼎泰豐(ディンタイフォン)をはじめ、数々の名店で研鑽を

積まれた方だという。

HPを拝見したところ、紹介されている各シェフの経歴に共通するのが、小籠包の有名店での修業歴。

豊かな経験あってのことでしょう。

当店の小籠包も好評を博しているようで、期待値も高まる。

場所は神楽坂のメインストリートの早稲田(神楽坂)通り沿いで、1階が上島珈琲店。

エレベーターで5階に向かう。

扉を開け、入店すると左手に半個室のテーブル席、右手がガラス越しに眺められる

オープンキッチンを備えたメインダイニングで、カウンター席と片側ベンチシートタイプの

テーブル席というレイアウト。また、一番奥はVIPルームになっているようだ。

黒を基調としたスタイリッシュな店内は、厨房が明るめ、客席のほうは照明を抑えているようで、

まるで舞台を見ているよう。

その舞台の中には3名、そのうち1名が小籠包の蒸し上がりをみるため付きっきりの作業だ。

 

カウンター席は埋まっていたので、お洒落なギャルソンスタイルのフロアスタッフ(女性)さんから、

ベンチシートへの案内を受ける。

卓上には、たれ、黒酢、爪楊枝、紙ナプキン。

カトラリーバスケット内には使い捨て紙おしぼり、カトラリーレスト、レンゲ、箸がセット。

着座後には氷水。メニューを手渡され、日替わりについても口頭で教えてくれた。注文を検討する。

「新チューボーですよ!」で紹介されたセットも強くアピールしていたが、

選んだのは平日のお得なセット(6種類)。

これらは全て名物の小籠包3個、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐、ライスが付く。

Aセット 鶏肉の唐揚げ薬味和え(油淋鶏)@980(税別)

角盆にのせて一緒出し。

スープは溶きたまご。私には塩がきつく感じた。

鶏肉はややスレンダー。ひと口目は甘酸っぱかったのですが、食べ進めていくうちに

醤油が口に残るようになり、後半はしょっぱく思えた。

濃い味なので、少量でも飯の友になり得る。頼もしいおかず戦士だ。

少し遅れて、小ぶりな小籠包が登場。針生姜と小皿も同時にサーブ。

「お好みで卓上のたれ、黒酢をお使いください」とのこと。

味見をしてみると、既に醤油と酢をブレンドしたものだった。

神楽坂の桜をイメージしたという“神楽坂小籠包” は、ほんのりピンク色で可憐。

いかにも女子受けのしそうなルックスだ。

まずは箸で持ち上げてみる。破れない、きちんとタプタプしてくれる。

薄い皮を噛み切るとスープがじゅわ~っと広がる。

これは2日間煮込んだスープを包んでいるとのことで、かなり濃厚そしてこってり。

口に含むと餡は優しくとろけた。 品よく主張してくる味わい。

当店が力を入れているだけあって小籠包は好感触。

しかし、平日のランチセットそのものはボリュームが少なく、男性には物足りないかもしれない。

ランチタイムは神楽坂散策のマダム達を中心に予約で大盛況。

場所柄も良いのでしょうが女子率が高く、私の退店時にはレジ脇で待つグループ客もいた。

 

神楽坂チャイニーズ 結華楼(ユイカロウ)

東京都新宿区神楽坂3-2 木村屋ビル  5F

TEL     03-6280-7644

営業時間/11:30~15:00(L.O.14:30)17:00~22:00(L.O.21:30)

定休日   無休          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.5~5.0

« 永利(エイリ) 池袋本店 | トップページ | 横浜中華街 福養軒(フクヨウケン) »

04.東京23区(新宿・中野・杉並)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事