2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« JOE’S SHANGHAI  NEWYORK(ジョーズ シャンハイ) 銀座店 | トップページ | 彩華 (SAIKA) 中野 »

2014年8月 8日

麻布長江 香福筳  ジャパンレストランウィーク2014

Azabucyoukou

「ジャパンレストランウィーク2014」 SUMMER PREMIUM

※ ジャパンレストランウィークは、1年に2回行われるスペシャルな食の祭典。
今夏(2014年7月18日~8月6日)だけの特別メニューを
リーズナブルな定額料金で楽しめるのです。

数ある参加店から選んだのはもちろん、「麻布長江 香福筳」さん。

当店では、

ランチ 3,000円(税別・サ別)
ディナー 5,000円、7,000円(税別・サ別) で提供。

先日お邪魔したばかりですが、特別メニューでいただけるランチのフカヒレあんかけごはんは、

どのようなものであるのか気になって仕方ない。友人を誘いランチ訪問。

案内いただけたのは、初回の利用と同じ、入り口に近い位置の個室。

テーブル・セッティング等は、変りがないので省略。

卓上には「ジャパンレストランウィーク2014」の内容が記載されたお品書きはなし。

事前に同サイトで確認していたところ、当店のランチメニューは

ランチ 3,000円 (税別・サ別)
【JRW】夏にピッタリコース フカヒレ入り
1.本日のスープ
2.大山鶏と苦瓜・豆鼓炒め
3.本日の春巻き
4.タラバ蟹・冬瓜・トマトの煮込み
5.エビチリ卵とじ
6.フカヒレあんかけごはん
7.本日のデザート

あつい夏にピッタリのコースメニューです。
しめはフカヒレ入りごはんで大満足!!   というものでした。

 

個室の扉が開いた。

「いつもご利用ありがとうございます。本日はコース料理で受け賜わっておりますが、

お飲み物はいかがいたしましょう」

先日フカヒレについて丁寧に説明してくれたスタッフさんだ。

“いつも”はお愛想かと思うけれど、笑顔を添え温かく対応してくれるので、とても感じが良い。

ついつい?お酒も注文したくなる。

本日のスープ

ランチコースは全て各自分での提供。スターターは温かいスープから。

卵白のメレンゲに、中の緑は雲南百薬(オカワカメ)。

ソフトなビジュアルのスープを手もとのスプーンで口に運ぶと、

卵白はほわっと限りなく優しい口当たり。

栄養価の高い雲南百薬は、別名オカワカメと呼ばれ、ツルムラサキ科の野菜で、

クセのある青味の強い味。

しかし、真面目にとられた出汁の懐が深いため、このクセさえも包み込み味の深化を成す。

胃袋に染み入る旨さだ。

大山鶏と苦瓜・豆鼓炒め

大山鶏は薄衣をつけ、揚げたもので、野菜は苦瓜、パプリカ、シメジ。

ゴーヤ(苦瓜)の苦味は、夏場に身体が欲する味だ。

豆鼓は塩辛さがなく味に上品なコクを加える役割で主張しすぎず、

地鶏のむっちりと健やかな美味しさを堪能できるのが嬉しい。

(ノブロー) 季節の野菜を取り込んで、ナチュラル感のある好感度の高え味だ。

本日の春巻き

トウモロコシ・キャベツの春巻!

前回、私はいただいていますが、友人はこれにも関心を寄せてくれていたようで、

タイミングが良かった。 味はついているので、そのままで。

ぱりっとした皮の食感に旬の甘みを運ぶ食材と自家製カラスミの塩気、この塩梅が絶妙。

タラバ蟹・冬瓜・トマトの煮込み

新しくスプーンがセットされ、これから新たな展開を期待させる。

緩くとろみのかかったスープはお店自慢の白湯をベースとするもので、

トマトの酸味によく合う。

歯ざわりを残す冬瓜もしっくりと馴染み、ぴりっと効かせた生姜が味を引き締める。

味のバランス感がすごぶる良く、毎日いただいてもこれは飽きないと、

私のツボにはまる味だった。

エビチリ卵とじ

「卵を加えるエビチリは中国にはなく、一説によると、故 陳建民氏考案によるものなんです」とスタッフさん。

彼はただお決まりどおりに接客するだけではなく、興味深い話を私達に教えてくれる。

当店のものは「新チューボーですよ!」にも取り上げられたとのこと。

トマトケチャップのほかに細かく切った生のトマトを加え、酒醸(チューニャン)を活用。

大きい海老は二尾。ぷりっぷりの頼もしい歯ごたえだ。脇には水菜。

淑やかな見た目や卵が入って滑らかな口当たりは、含んだ後、時間差を置いて変化する。

次第に、ビリビリヒリヒリしっかりとパンチが効いてきて、後味はスッキリとキレが良い。

フカヒレあんかけごはん

チンゲン菜のほかにシメジが助っ人に参加。

しかし、フカヒレは完全に糸状になったものばかりではなく、原点を見い出せる。

白湯ベースの美味しいソースについて尋ねると、その料理やボリュームにより使用する

(白湯の)量を微調整されているのではないかとの話。

当該、フカヒレあんかけごはんには適量の醤油を推測。

その按配も良いので全然ごまかされた感はない。むしろ、そのさじ加減に感服する。

フカヒレ雑炊。今日も私の味覚は“口福”に満ち溢れた。

本日のデザート

マンゴーソースと白玉のお団子、上にはすっきりとミントの葉。

涼しげな器に盛り付けた冷たいデザートです。

味のコンビネーションを考え、もちもちとした白玉に餡は入っていない。

過度な甘みを抑え、涼感と自然な美味しさを味わえるシンプル仕立て。美味しい。

金萱茶(きんせん茶)

メニューには記しておりませんが、とのサービス。

スタッフさんはまたも私達に楽しい話をしてくれた。

「蓋の裏側の匂いをぜひお嗅ぎになってください。いかがでしょう?

人によってはココナッツのような、と感じられる方もおります」

当店の台湾の金萱茶は、春に来た新茶。

醗酵させていないもので、ほのかな乳香があり、渋みがなくすっきりとした飲み口が魅力なのだとか。

友人とクンクン匂いを嗅ぎ、大いに盛り上がった。

こうしたことも外食あっての楽しみで、それを十分に満たしてもらった。

 

最後に5周年記念フカヒレ姿煮セットについて尋ねると、まだ提供は続くそうで、

終了しても、事前に連絡いただければ、全く問題なく用意できるとのこと。

この場合はお値段が違ってくるのかな?ご興味のある方はお問い合わせを。

 

別注文のお酒を加算し、

Hand01 お会計は、1人当たり6,000円(千円未満四捨五入)。テーブルチェックにて。

利用が遅かったこともあり、いつの間にか最後の客となってしまった。

シェフこだわりの妥協のない料理とホスピタリティ溢れるスタッフさんのお蔭でくつろいだ。

自身、これから定期訪問させていただくような予感がする。

利用するごとに好きになる1軒だ。

 

麻布長江 香福筳 (アザブチョウコウ コウフクエン)

東京都港区西麻布1-13-14

TEL  03-3796-7835

営業時間/ 火~金 11:30~14:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)
                土・祝・日 12:00~14:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)

定休日    月曜(祝日の場合翌日休み)

※ジャパンレストランウィーク満足度数は、4.2~5.0

« JOE’S SHANGHAI  NEWYORK(ジョーズ シャンハイ) 銀座店 | トップページ | 彩華 (SAIKA) 中野 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事