2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 彩華 (SAIKA) 中野 | トップページ | 京華樓 (キョウカロウ) 横浜中華街 »

2014年8月13日

喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋

Kirinnkenn

温故知新中国料理 「喜臨軒」(キリンケン) ランチに定期訪問→前回

ランチセットのスターターは蒸しスープ(鶏)。

ですが、こう暑いと冷たい生ビールも飲みたくなる。そこで昼からぐいっと1杯。

本日のスタートは、生ビールの普通サイズから。

副菜(小皿料理)は、茹でワンタンのピリ辛四川風ソースをチョイス。

下には青菜、上には刻みネギ。

芝麻醤、桂皮、辣油、そして四川スパイスを加えたピリ辛ソースが挽肉を包んだ

白いワンタンの皮を染める。

私自身、辛さに耐性があるので、当店のピリ辛は余裕で旨辛。

根こそぎ、もちやわのワンタンにソースを絡めていただく。ビールの肴にもよく合う。

“具だくさん”『海鮮のレタスチャーハン』@1,200

今日はランチダッシュも叶わなかったので、諦めていましたが、一応聞いてみた。

「今日、終わってしまったのはどれですか?」

するとやはり、“冷やし”『汁なし担々麵』(限定5食)が完売。聞くだけ野暮か……。

メニューを眺め、いただいたことのない海鮮レタスチャーハンを注文。

エビ、イカ、カニはひと口大の食べやすい大きさでザクザクたっぷり。

そして、レタスのグリーンに歩調を合わせるのは夏野菜の枝豆、

フレッシュなヤングコーンも入って食感がアップされる。

本日も豪快に中華鍋で踊ってきた。このパラパラ度は半端ない。

味付けは薄味で、手もとで調整できるよう自家製の醤をいただいた。

「いつもの」と説明を受ける醤には、蝦子も入っていて辛味というより旨味、

これでボリュームたっぷりの炒飯も、味覚がギアチェンジされ食欲が加速度を増すのだ。

喜臨軒名物 手切り豚肉と天然海老のシューマイ 1個@250

別名“キングオブシューマイ” Syumai

シェフの話によると、当店、目黒のフリーペーパーにも取り上げられたとか。

どんどん、エリアに新店もできているようです、

と聞いたけれど、“キングオブシューマイ”は当店の守護神。

このリードがある限り負ける気がしない。

デザートとお茶菓子

「ソラマメのケーキがカボチャに変わりましたよ」 スタッフさんの嬉しい声掛けだ。

お得感たっぷりの追加デザート(+200円)は当店ランチでの必須アイテム。

これを食べずには終われない。

スタッフさんも好きだというカボチャのしっとりひと口ケーキは、こっくりと濃厚で私も好みだ。

(ノブロー) 夜にも来てえなあ……Yodare

ノブローさんはそう言うけれど、当店2014年のお盆休みは8月15日から18日のランチ迄。

しばらく喜臨軒さんの味ともお別れだね。寂しいなあ~heart

 

喜臨軒 (キリンケン)

東京都世田谷区池尻3-2-5 コンフィアンス流来 B1F

TEL          03-5787-6982

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O)18:00~22:30(L.O)

定休日    日曜

※中国料理満足度数は5.0 (*^・^)ノ特別。 断然定期訪問。

« 彩華 (SAIKA) 中野 | トップページ | 京華樓 (キョウカロウ) 横浜中華街 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事