2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 神田 雲林(ユンリン) | トップページ | 中国料理 煌蘭(コウラン) 川崎店 【移転】 »

2014年8月29日

蓬莱閣(ホウライカク) 横浜中華街

Houraikaku

関帝廟通りの北京料理「蓬莱閣」(ホウライカク)

昭和34年(1959年)創業、横浜中華街でその歴史を刻む老舗店。

主力は北京及び山東地方の料理だが、創業から変わらぬ味を提供している“餃子”の味にも定評がある。

また、小説家・池波正太郎さんが通い食したという「酸辣湯麺」も当店の看板メニューの一つ。

本日は、その2つをいただいてみたい。

平日、まだランチのピークタイムには、早い時間帯に訪れた。

店内は奥行のある造りで、気負いのないテーブルや椅子から受ける印象からだろう、

親しみやすさがある。

フロアには年配の男性店員さんが一人。

どこでもかまわないというので、1階、入口近くのテーブル席を選んだ。

1階は、カウンター席なしでテーブル数は7卓、小ぢんまりとした感じだが、

ぐるなびによると2階には個室も完備、総席数は50席あるという。

卓上には、醤油、酢、辣油、爪楊枝、紙ナプキン。季節ものなのか、うちわ。

着座後には、メニューと水が置かれる。

お目当ては決まっているものの、やはり(メニューに)目を通す。

この間、男性店員さんは、各卓の調味料容器をふきんで拭き、紙ナプキンを補充している。

開店前に済ませておけ、という意見もあるかもしれないが、卓上が綺麗に整っているのも、

きちんと手を入れているからだ。

さて、ランチセットには、酸辣湯麺(サンラータン麺)が組み込まれていないため、

グランドメニューからお願いすることになるが、気になるのは「ランチプラス一品」。

店員さんに聞くと、セットでなくても注文が可能とのこと。

オーダーを通すと、小皿、ロゴ入り箸袋に入った割り箸が置かれる。

酸辣湯麺(サンラータン麺)@1,000

受け皿付きでのサーブ。ランチセット同様に、サラダが付く。

具材は、豆腐、タケノコ、干しシイタケ、溶きたまご。香菜を散らし、表面には黒胡椒が浮く。

しかし、香りが飛んでいるためスパイスのどぎつさは感じない。

箸で麺を掬い上げてみた。

麵は乾麺の一種、伊府麺(幅の広い平打ち麺)を使っている。

これは同じく中華街で、池波正太郎さんが愛した「徳記」さん以来だ。

先生好み、なのかもしれない。

当店ではしっかり煮込まれていて、やわやわ。

お好みで、自家製ラー油を足すのも良いらしいが、

そのものは酸味もマイルドで、黒胡椒のビジュアルに反して、物腰の優しい味である。

焼き餃子(2ヶ)@300

酸辣湯麺から遅れること少し、焼き上ったばかりの餃子が到着。

出会いがしらに郷愁を覚えた。その出で立ち、規律正しい焼き餃子と見た!

1個がパワフルボディ。サイドメニューとしては、1人2個で十分な様相。

歯を入れると、手作り皮は厚くてモチモチとした食べ応えのある食感。

かりっと香ばしく焼け、中には、ニラや白菜の入った肉餡が詰まっている。

昭和だ。自分が子供の頃に食べて美味しいと思った焼き餃子の味がする。

懐かしいなあ――。

味がしっかりしているので、そのまま食べてもOKだけれど、個人的には

チョンと酢醤油をつけ、昔を追想したくなる味だ。

目尻を下げつつ、完食。ご馳走さまでした。

餃子は他に、蒸、水、湯があり、2名様から注文できる餃子コースも興味深い。

 

蓬莱閣 (ホウライカク)

神奈川県横浜市中区山下町189

TEL      045-681-5514

営業時間/月~金 11:00~15:00 17:00~21:00
     土・日・祝 11:00~21:00

定休日   水曜日           -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※横浜中華街満足度数は、3.7~5.0

« 神田 雲林(ユンリン) | トップページ | 中国料理 煌蘭(コウラン) 川崎店 【移転】 »

01-1.横浜中華街」カテゴリの記事

a-3.北京料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事