2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日

墨花居(ボッカキョ) 中野マルイ店

Bokkakyo

中国家庭料理「墨花居」(ボッカキョ)中野マルイ店。

場所は、中野駅南口、徒歩1分の中野マルイ5F。

先日「桃の花」さんにお邪魔したことで、ゆかりのある当店への訪問を思いつく。

「墨花居」は複数店舗を有しているため、本村氏が料理長を務めたのはどこになるのかは

不明だが、仕事の関係で立ち寄る中野を選んだ。

店の前には、メニューが置かれ、ガラス越しにコックさんの仕事を眺めることができた。

 

店内奥に続く廊下を歩くと、待機しているスタッフさんから「いらっしゃいませ」と声掛けを受け、

1人の利用を伝えると、案内されたのは中ほどのボックス席。

ちょっとファミレスっぽいな。

と思ったが見回すと、和モダンな要素もあり、統一感のない空間だ。

着座後には、メニューを手渡され、使い捨ての紙おしぼり、ティーポット(茶葉なし)で

茶のサービスを受ける。

卓上には、醤油、酢、辣油、紙ナプキン、爪楊枝、ドリンク等の簡易メニュー。

料理を選び、伝えるとメニューはさげられた。

美肌ランチセット@1,420(税込)

当店は野菜ソムリエのいるチャイニーズレストラン。

この美肌ランチも、野菜の種類、特性、栄養をふまえ、適した食べ方を提案しているようだ。

角盆でのサーブ。

献立は、

今週の主菜、ソフトシェルシュリンプと春雨 花ニラのピリ辛煮込み
契約農家こだわり野菜のコラーゲンたっぷりソース
楊貴妃も愛したライチを使った黒酢の酢豚
ご飯orお粥(新潟県産氷温熟成こしひかり米使用)
本日のスープ
香物
野菜ソムリエが作る野菜のデザート             

となっており、サーブ時には、スタッフさんから料理説明のほか

「デザートは食後にお持ちします」と丁寧な言葉を受ける。

注文時にチョイスしたのは、ご飯。

鶏出汁をベースとし、緩いとろみをつけた塩味スープには、細かくカットした野菜入り。

落ち着けるなごみ系の味わいで、中華が前面に出ていない。

この、ご飯とスープはお替わりができるとのこと。

香物はザーサイになる。

ソフトシェルシュリンプは柔らかいので、そのままがぶりとかぶりつく。

春雨は唐辛子と辣油の辛味をたっぷり吸い込み、花ニラが香りと食感を添え、

ソフトなタッチでぴりりと辛く、白飯一直線の味わい。

ご飯に愛される主菜だ。

ナス、パプリカ、タマネギ、ズッキーニほか、契約農家から届くこだわり野菜たちが皿に遊ぶ。

素材の持ち味を大切に、円やかなソースで味をまとめ、美肌セットに貢献している。ヘルシーだ。

次はサーブ時にも強くアピールのあった当店オリジナルの看板料理。

ライチを豚肉で包み丸く形成した黒酢酢豚だ。

歯を入れた瞬間に広がるライチの芳醇な香りと、中にはしっかり果肉が確認できた。

黒酢の加減も上々で、肉々しさとは別の、フルーティーな美味しさを口に運べる酢豚だ。

デザートは、食後、角盆がさげられてからのサーブ。

山査子(サンザシ)のアイスクリームと中華風スイートポテト。ミントの葉を添えて。

スイートポテトは、揚げたジャガイモを土台にしているのではないかしら?

酸っぱくて甘いアイスに、ほっくりとしたポテトが好対照。楽しめた。

(レンタロー) 当店の野菜ソムリエは店長さんだで♪ 優しい料理をありがとだ。

 

中野に来る機会はあれど、商業施設内のレストラン街に入っているということで躊躇し、

訪問が遅れたが「桃の花」さんのお蔭で、また一つ日常ランチに好ましい店を覚えることができた。

野菜が豊富で、化学調味料を使用しないナチュラルチャイニーズ。

本日のランチチョイス成功。美食同源。あっさりとして、食後感も良好だった。

 

墨花居 中野マルイ店

東京都中野区中野3-34-28 中野マルイ 5F

TEL   03-5342-2080

営業時間/ 11:00~23:00(L.O.22:00)

定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.6~5.0

2014年9月29日

延吉香(エン・ジ・シャン) 御徒町店

Ennjisyann

延辺料理「延吉香」(エン・ジ・シャン)

場所は、御徒町駅南口より徒歩1分。ハトヤビル3F。

JR京浜東北線で蒲田から向かったのだが、ホームからもビルが確認できた。

エレベーターを利用して入店すると、まだ新しく、すっきりとモダンな店内。

入口正面のテーブルには、スタッフさん(中国人)が皮むき作業中だったのだろう。

ニンニクの山があった。

利用人数を告げると、窓際の4人掛けテーブル席へどうぞ、との指示。

眼下には、御徒町南口駅前広場(おかちまちパンダ広場)を望めるというロケーション。

卓上には、醤油、酢、塩、紙ナプキン、呼び出しベル、灰皿、串入れなどが置かれ、

箸箱を開けると、ロゴ入り箸袋に入った箸、爪楊枝、使い捨て紙おしぼりがあった。

メニューをもらい、生ビール@525を注文。取り皿と3種類の突き出しが先行。

 

さて、延辺料理とは、北朝鮮の国境に程近い中国北東部の延辺朝鮮自治州の料理。

朝鮮族が多く住む地域で、甘酸っぱい味や、唐辛子、孜然(クミン)を使うのが特徴。

東北料理は、黒龍江、吉林、遼寧、内モンゴル東部の東北地区の料理で、

穀物、羊肉、茸などの漢方食材などを使い、濃い味付けで、土鍋料理(燉)も多い。ということだ。

当店では、延辺料理のほか、東北料理、四川料理と楽しめるわけだが、

せっかくなので、本場中国料理に詳しい同行者達と相談して延辺・東北を中心に料理をいただきたい。

東北大拉皮(ジャンボ春雨のゴマダレ和え)@1,000

表面には、キュウリ、ニンジン、肉、ネギ、キクラゲ、玉子、香菜が並ぶ。

ジャンボ春雨とゴマダレは下に敷かれているので、サーブ時にセットされたトングでかき回す。

これはジャンボ春雨を食す料理とのこと。

ゴマダレはオレンジっぽい色味で、強烈な辛さをイメージさせるが、むちむちとした食感の

春雨に絡み、シャキシャキ野菜と一緒に口へ運ぶと、濃厚で甘酸っぱい食味。

本場のものはもっと酸っぱくて辛いらしいけれど、手加減してくれてるのかな。

私のような初級者には丁度良し。箸が進む味だ。

延辺羊肉串(一串)@150、新疆羊肉串(一串)@150

ワイルドな串が野性を目覚めさせ、食欲をそそる。

ラム串、手前の唐辛子がパラパラとかかっているのは延辺で、

奥の新疆(しんきょう)は唐辛子とクミンがけ。 

“肉らしさ”を味わえ、噛みしめるごとに旨い。

特辣羊肉(激辛ラム肉串)(一串)@200

唐辛子とクミンががっつり。

特辣だけに、ビリビリとした痛みが伴う辛さだ。しかし、これが癖になる。

羊筋(ラム筋肉串)(一串)@200

いい具合に噛みごたえあり。健やかな筋肉美味し!

紅油肚絲(ハチノスのラ油和え)@980

ネギと和え、トップは香菜が飾る。

イメージに反し、辛くはない。

どちらかと言うと甘めで、臭みのない牛の胃(ハチノス)と、もりもりいただける。

醤大骨(豚背骨の中華旨煮)@980

東北料理の定番!使い捨て透明のビニール手袋付き。

これで、孔府家酒(白酒)ボトル、という流れになる。

いつものように、手袋をはめバキバキと関節技をきめ解体し、骨回りの肉にしゃぶりつく。

当店の醤大骨は、じっくり味がしみているけれど、甘めだな。

小鶏炖蘑菇(干しめじと鶏肉土鍋)@1,200

東北地方の野生のきのこ、干した蘑菇が味の決め手。

香りと出汁が味を深め、しみじみ系の旨さ。

味付けはしっかりしているが、嫌味のない味で、鶏肉は骨付きでするりと外れ、

蘑菇は噛みしめるとジワジワと味が出る。

これは、かなり現地風に仕上がっているとか。美味い。

玉米冷麺@1,000

トウモロコシを使った黄色くコシのある冷麺は、延辺料理のカテゴリ。

氷を浮かべたスープには、茹でたまご(半分)、キムチ、カットフルーツほか。

当店ではリンゴだったが、店によっては梨など、同じではないようだ。

甘酸っぱいが、舌残りをしないさっぱり感が、〆の麺にいい。

 

訪問時、利用客は中国人が多かった。それだけ、本場の味がいただけるということだろう。

しかし、来店する日本人客が、誰しもマニアックな人たちばかりだとは限らない。

ニーズの多様性に応えられるよう、メニューは日本人好みの献立を取り混ぜている。

Hand01お会計は、飲んで食べて、1人当たり5,000円(千円未満四捨五入) 

ローカルな料理は、ある程度人数を集めたほうが楽しめます。美味しかった。

 

延吉香(エン・ジ・シャン) 御徒町店

東京都台東区上野3-27-3 ハトヤビル 3F

TEL      03-5818-6033

営業時間/ 11:30~24:00

定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※中国料理満足度数は、3.6~5.0

2014年9月28日

清蒸油膏鮮魚(鮮魚の姿強火蒸し、台湾風ソースかけ)

Photo

神田雲林」さん、成毛シェフの清蒸油膏鮮魚。 云炆石斑魚。

(ノブロー) 醤油膏は、台湾のとろみ醤油だで。調味料に使って味にコクを出すだよ

 

2014年9月27日

喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋

Kirinnkenn

温故知新中国料理 「喜臨軒」(キリンケン) 定期再訪→前回

ランチセットのスターターは蒸しスープ(鶏)。(鶏肉、冬瓜、フクロタケ、淮山)

副菜(小皿料理)は、目新しいメニューではなかったため、

前回ランチと同じ茹でワンタンのピリ辛四川風ソースをチョイス。

辣油の辛さは、味のアクセント程度で、印象は変わらず。

喜臨軒名物 手切り豚肉と天然海老のシューマイ 1個@250

別名“キングオブシューマイ”  

今日もまた肉々しくジューシー。王者の風格を見せている。

この日は、遅い時間帯にお邪魔したのだが、店内はほぼ満席。

地元民や付近に勤めるランチ常連さんも多く、お客様もすっかり定着したようだ。

空きのでたカウンター席に案内をしてもらえたが、フロアサービスの男性がいつもの方ではない。

聞くと、諸事情により8月いっぱいで辞めたのだそう。

「まだ、バタバタしていて、すみません」と、シェフ。

……そうか、寂しくなっちゃったな。でも、これも仕方ない。

 

新しいスタッフさんからメニューをいただく。

6種類の麺飯料理のうち、3種類は終わってしまって、用意できるのは、食べたことのある

定番の担々麺、十五目の麺、そして気まぐれで具材の変わる炒飯になる。

自分好みに副菜と麺飯料理をカスタマイズできるところが、当店の魅力なのだけれど、残念。

この中で未食は、中華アンチョビとレタスの炒飯だが、量が多いので気がのらない。

“喜臨軒名物”『十五目』餡かけスープ麺 限定5食@1,500

初心に返って『十五目』餡かけ。何故か、限定5食が残っていた。

ご飯またはスープ麺でリクエストすることが可能なので、スープ麺でお願いした。

十五目に参加しているのは、豚肉、叉焼、イカ、エビ、ハマグリ、チンゲン菜、タケノコ、

うずらの玉子、干しシイタケ、キクラゲ、エリンギ、ヤングコーン、金針菜、スナップエンドウ、

韓国カボチャ、というメンバー。

柔らかめのストレート麺に絡む餡は、ぽってりと甘く、食べ進めるに従い、味に重たさがでてきて、

食傷してしまう傾向はある。

漬物は大根と人参の甘酢漬け。口直し的に、これをパリポリつまみながら、進行させた。

デザートとお茶菓子

追加デザート(+200円)。この日は、りんごのプリンとカボチャのケーキ。

断然お値打ち!別腹にすっぽり収め食事完了。

 

個人の意見にすぎないが、ランチメニューの大半が固定化してしまったようで、

新鮮さや面白味が不足してきたように思う。

わがままを言わせてもらえるならば、麺飯料理に日替わりの主菜と白飯があると嬉しいなあ。

しかし、こうしたことも、どこかのタイミングで、変わってくるのではないか?と思っている。

ファンの一人としては、移り変わりも見守り、応援したい店であるheart

 

喜臨軒 (キリンケン)

東京都世田谷区池尻3-2-5 コンフィアンス流来 B1F

TEL   03-5787-6982

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O)18:00~22:30(L.O)

定休日    日曜

※中国料理満足度数は5.0 (*^・^)ノ特別。

2014年9月26日

小虎(コトラ) 御徒町

Kotora

東北・四川料理「小虎」(コトラ)

前回、御徒町駅で下車した際、当店を目指すも、内装工事で休業のため「大興」さんにお世話になった。

結果的に満足したから、それはそれで良かったのだけれど、決めたことは消化しないと気が済まぬ性分。

某日はそのリベンジ訪問である。

店の前に立つと、喜ばしいことにワンコインで食べれるメニューが紹介されている。

外から覗きこむと、店内はいい感じの客入りだけども、女も度胸!で入ってみた。

気取らない中華居酒屋さん風の店内。

生憎カウンター席が一杯なので、心優しいスタッフのお姉さん(中国人)の言葉で

小贅沢にも入口に近い窓際の4人掛けテーブル席に着くことになった。

店内にはTVもあり昼の番組が放映されている。それを見れるように着座すると、

SAPPOROとロゴの入ったグラスで、薄い冷茶を出してくれた。

卓上には、醤油、酢、ラー油、胡椒、爪楊枝、紙ナプキン、割り箸、メニューなど。

入店してしまってからで遅いのだが、ランチメニューを検討したところ、

アテにしていた四川回鍋肉は見つからず、予想に反し、

一般的なものばかりで魅力的な献立がない。

ローカルはやはりメニュー豊富な夜に来るべきだったか……。

焦りと迷いが伝わったのか、ふと視線を移すと、厨房内では頭にねじりタオルをしたコックさんが

私の注文が何になるのかと構えの態勢。熱い視線を感じた。

あら、どうしましょう……。

だが、ワンコインランチは、それだけで財布に十分魅力的。

願わくば、ライスが口に合いますようにと祈りをこめ、日替わりランチを注文した。

日替わりランチ(豚肉と野菜炒め)@500

角盆に同席しているのは、セットのライス、スープ、サラダ、漬物(ザーサイ)。

こんなにお供を従え500円とは、恐るべし。

この場合のサラダはキャベツ主体のゴマドレッシング、スープはうっかり出汁を忘れた

お湯in溶きたまご風の味わい。この値段なのだ。何も問題ない。

ピーマン、ニンジン、タマネギと豚バラ肉。醤油ベースだけれど、少し砂糖が多かったかな。

しかし、食べていて、味付けのくどさに箸がストップするほどではなく、

幸いにして、飯は普通に食べ進めていける食味なので助かった。

そうなれば、ワンコインパワーは本領を発揮できる。

甘めの肉野菜炒めを口に運び、白飯が後を追いかける。

コンビネーションプレーで、綺麗に胃袋に収めた。満足。

訪問時には、東京上野方面の観光客と思しき西洋人グループも利用していた。

うん。日本は物価が高いからね。わかるよ。

毎日の昼食のことだから、ワンコインは助かる。

しかし、これも、私にとって飯の味が生命線なので、当店には現状キープを望みたい。

会計は卓に置かれた伝票を持ってレジで済ませる。ご馳走さまでした。

 

小虎 (コトラ)

東京都台東区上野6-1-6 御徒町グリーン・ハイツ1F

TEL   03-5816-0758

営業時間/  月~日 11:00~15:00 17:00~23:00

定休日/   無し          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.4~5.0

2014年9月25日

中国料理 龍鳳(リュウホウ) 水天宮

Ryuuhou

中国料理「龍鳳」(リュウホウ)

場所は、水天宮駅直結、東京シティエアターミナルビル2F。

店の前には、今月のランチおすすめそばも紹介されているが、

当店の名物と謳われているのは、来店者のほとんどが注文するという担々麺。

入店し、1人の旨を伝えると、禁煙or喫煙を尋ねられる。

禁煙を希望し、スタッフさんの誘導に従い、円卓の並ぶ店内奥に足を進めた。

床には絨毯が敷かれ、円卓には白いクロスと、昭和クラシカルなイメージの店内。

ぐるなびによると、総席数160席を誇る大箱店だが、ランチのピーク時には、

入口で名前を記入し、順番で案内されるよう。客入りも良い。

1人客は円卓での相席で、着座後すぐに氷水とロゴ入り箸袋に入った割り箸が運ばれてくる。

回転テーブルには、醤油、酢、からし、胡椒、爪楊枝、取り皿、紙ナプキン、メニュー、

ピッチャー(氷水)が準備。

この場合、料理を取り分けることがないので、同席する周囲に配慮していれば、

ターンテーブルの回し方で、神経質になる必要はないと思うが、

ピッチャーを取るのに、右か左か、どちらから回そうかと考えてしまうときがある。

周りの視線が気になる一瞬だが、私自身は近い方からで、良いと思い、そうしている。

(余談だが、ターンテーブルのマナーは、原則として時計回り)。

少子担々麺 挽肉入り担々麺@930

受け皿付きでのサーブ。ポーションは小さ目だ。

オレンジ系の色味のスープで、見るからに濃度を感じさせる風体。

中央には甜麺醤の効いた炸醤肉が盛られ、青菜が脇を固める。

箸を入れ麺を探る。柔らかいストレート麺は中細ぐらいの太さ。

口に含むと、花椒、粉唐辛子が感じられ、芝麻醤の効いた濃厚でぽってりとした味わい。

麺によく絡むゴマポタ担々麺。このタイプが好きな方にはハマル味だと思う。

なお、私の食事の後半で入店してきた相席のサラリーマン(2人)の少子担々麺の

注文を耳にしたが、「肉味噌多め、辛目」、「担々麺辛目」といったリクエストが可能だった。

バスターミナルの商業施設ということもあるのか、接客は淡白であっさりとした対応だが、

特に気になるところはなかった。

付近に勤務する会社員や地元の方々の支持も厚い1軒だ。

 

中国料理 龍鳳 (リュウホウ)

東京都中央区箱崎町42-1 東京シティエアターミナル 2F

TEL   03-3665-7162

営業時間/  月~金 11:30~14:00 17:00~20:30(LO)21:30(CLOSE)
土・日・祝 11:30~14:00 17:00~20:00(LO)21:00(CLOSE)

定休日/   12月31日・1月1日          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.5~5.0

2014年9月24日

私厨房勇(yung) 白金

Yung

香港では「私房菜」(シーフォンチョイ)と呼ばれるプライベートキッチンが多く存在し、

食文化として定着している。

そこでは、オーナーシェフがプライベートスペースで、ゲストをもてなすため

料理にアラカルトメニューはなく、コースのみの予約制である。

カウンターチャイニーズ「私厨房勇」(yung)のオーナシェフは原勇太氏。

営業は夜のコース料理(6,000円)のみの完全予約制。

2014年5月15日にオープンした当店は、私房菜をコンセプトといている。

 

場所は、白金高輪駅方面から都道305号線を恵比寿方面へ向かった道沿い。

北里大学病院の斜め向かい。

フレンチ店を居抜きで開店したというスタイリッシュな店内は、奥行のあるシックなカウンターが魅力。

客席は広々としたオープンキッチン前のカウンター席のみの8席。

スペースに空きがあるので、後ろにテーブル席を設置したいぐらいなのだけれど、

あえて置かないという空間のゆとりが贅沢だ。

流れるBGMは、静かにピアノジャズ。大人のための上質な時間を演出している。

 

テーブル・セッティングは、カトラリーレスト、ナイフ、フォーク、箸、レンゲ置き、レンゲ、グラス。

「本日のお料理」として品書きもセットされ、着座後にはタオル地のおしぼり(トレー置き)をいただいた。

その品書きに目を通していると

「今日ご用意させていただいたお料理ですが、苦手な食材やアレルギーは大丈夫でしょうか?」

と、シェフから声がかかる。

当店は、シェフとソムリエールの2人体制。

呼吸も合っているから、はじめ、奥様なのかと思ったけれど、それは違うそうだ。

 

コース料理、提供のスタイルは、ひと皿ずつ各人ごとのポーションで、進行を見ながら。

ドリンクは、キリンハートランド@650×2からスタートした。

三種前菜

厨房というステージに上がるのは、原シェフとその日の食材たち。

目前でのライブ感を味わい、カウンター席の醍醐味を楽しむことで、

同席者と特別な時間を共有するのだ。

一皿目が出来上がった。

シェフは話し上手で、サーブ時にも食材・調理法などの説明をしてくれるし、

会話の印象からだが、料理に対する熱い思いが感じ取れた。

①ミニトマトの甘酢漬け・・・皮を剥いたトマトを甘酢で。

②天然オゴダイのお刺身サラダ・・・本日あがった魚だそう。

③蒸し鶏の葱生姜野沢菜ソース・・・蒸し鶏をさっぱりと。

蕪と干し貝柱のポタージュ

口当たりは柔らかいが、塩が効いて、味が明確に伝わり、

どこか懐かしさも感じられるカントリーな味わい。

活鮑のチャイニーズステーキ

ナイフがすっと入る柔らかさ。

鮑は活きたまま紹興酒に漬け、いったん蒸し、柔らかくしてからソテー。

肝をベースとしたソースも、新鮮で香りとコクがあり、仕上げにふった黒胡椒が味を引きしめる。

当店にはワインリストはない。

味のイメージと予算をソムリエールに伝えると、料理との相性を考えたワインを提案してくれる。

まずは、白ワインを、すっきり目、リーズナブルなもので紹介してもらった。

ワインは、3種類をカウンター上に並べて説明(イタリア、フランス、ギリシャ)。

どれも4,000円で、チョイスしたのは、イタリア。

カンパーニャ州の品種ファランギーナ100%、2013ヴィノジア。

爽やかな香りに清涼感のある味わいでスルスル飲めた。

同様に赤ワインをお願いしたときも3本並んだ。値段は4,800円(2本)、4,000円(1本)だった。

三陸産活帆立貝と中国野菜の炒め

天然の三陸産の帆立は、朝、殻付きで生きていた新鮮なものをはずして使用。

野菜は、アワビタケ、広東白菜、黄ニラ、金針菜、紅芯大根、韓国カボチャ。

使用している韓国カボチャを見せてもらったところ、ズッキーニのような形。

ウリのような味わいで、メロンぽい瑞々しさと果肉感があった。

001 (寝太郎) ズッキーニとコリンキーの間みたいな感じかな。美味しいね。

シェフの話だと、野菜は油通しをした後、 さっと熱湯で湯がいてから使う。

これが広東料理の基本だそう。

広東料理式の炒め方だと、水分が流れ出ず旨味や食感を残し、

油っこさのない、さっぱりとした炒めものに仕上がるのだ。

(レンタロー) シェフ何やってんのー。奥義を、オラにも見せれーー♪

(みに) レンちゃん、お料理きているわよ。

心優しいシェフとソムリエールのお姉さんにいじられ、ちょっと嬉しい拙ブログのマスコット。

調子にのって厨房を見学。

牛頬肉とインカのめざめのトウチー煮込み

「中国の黒豆を醗酵させた調味料(豆鼓)との煮込み。赤ワインに合います」

頬肉はとろとろにするというより、ある程度、肉らしさを残すことを目指し、

1時間煮込み、蒸したそう。

味わうと、パサパサ感はなく、しっとりとしながら肉の食感が保たれているが、

豆鼓を感じさせないため、イメージ的には、肉の出汁がでたシチューで、洋食のようだ。

クレソンを添え、肉と甘みとコクのあるインカのめざめ(ジャガイモ)は、相性が抜群。

赤ワインとのマリアージュも楽しめた。

(ノブロー) 当店は、ソムリエールが居てくれるだけあって、ワインを飲ませる中華だで。

梅と紫蘇の炒飯 上湯スープがけ

さっぱり味の炒飯は、〆に良さそう。

しかし、洋食風の頬肉の煮込みの後となると、組み立てが悪いし、

また、スープ炒飯にするには、上湯がいま一つのように思う。残念。

徳島阿波和三盆杏仁豆腐

ソムリエールからのサーブ。

杏仁の香りの中に、和三盆(砂糖)が上品な甘みをプラスする。

 

聞くとシェフは、修業後、地元松戸でお店を開業していたそうだが、タイミングを計り

「私房菜」で東京進出を考えていたらしい。港区で探して1日でこの場所に決まったという。

「またお待ちしています。お気をつけて」 

Hand01お会計は、1人当たり12,000円(千円未満四捨五入)

シェフはカウンター越しに、お客様へ積極的にコミュニケーションを図ってくれる。

料理も細かく説明してくれるし、初回なのに距離感を感じさせない

丁寧でフランクな応対は居心地の良さへ繋がった。

また、ソムリエールの存在は、店に付加価値をつけている。

彼女が居ることで、料理や予算に合わせた、(ワインの)チョイスが的確となり、

ワインとのマリアージュを楽しめる大人の創作カウンターチャイニーズとして

ポジションを確立させているように思う。

 

私厨房勇 (yung)

東京都港区白金6-5-5 モリハウス 1F

TEL   03-5422-9773

営業時間/  18:00~24:00(L.O.23:00)

定休日/   月曜日

※中国料理満足度数は、3.5~5.0

大きな地図で見る

2014年9月23日

龍鳳腿(海鮮と挽肉で作った“龍や鳳凰の腿脚”揚げ)

Photo

神田雲林」さん、成毛シェフの龍鳳腿。

鶏ミンチ、白身のすり身、野菜を調味し、ジャガイモを芯にして、網脂で巻き、卵白をくぐらせ、

片栗粉をまぶし揚げたもの。食感も楽しめ、味も良い。

(ノブロー) 仕上げには花椒塩だな。好味!

2014年9月22日

中国料理くろさわ東京菜 大森

Kurosawa

中国料理「くろさわ東京菜」 定期再訪

前菜2種盛り

本日のオーダーも、Bランチ@1,600である。

①落花生の塩煮、鶏の香り煮の冷菜

②アサリと青海苔と冬瓜のゼリー寄せ

ほんのり桜色が美しい鶏肉を噛みしめ、青海苔の磯の風味と塩味がマッチした

ゼリー寄せに頬を緩ませ、味わう。 小さな前菜たちにも、シェフの愛情が注ぎ込まれ、

きちんと美味いことに、私はいつも感動している。

南乳扣肉、天然のつぼ鯛の黒酢煮、長芋のスパイシー揚げ

ご飯とスープも追行する。

淡白なつぼ鯛を黒酢でさっぱりと食べさせ、

サクサクした食感が楽しい長芋のスパイシー揚げには、13種類の漢方薬を使用。

奥様の話だと、これは腸に効くのだとか。

メインは南乳扣肉。

豚バラ肉を、豆腐に紅麹をつけ塩水で発酵させた調味料(南乳)で味付けをする。

肉は、箸でほどける柔らかさだが、南乳は加熱しているため、刺激臭はなく、旨味だけが残り、

当店ではワイルドさを控えた食べやすい味に仕上がっている。

そして、くろさわワールドは、豊富な野菜が決め手。

今日は、パプリカ、ゴーヤ、エリンギ、豆もやし、ニラなどが同席し、

絶妙なチームワークを見せている。

デザート

梨と金木犀のゼリー。

歯を入れると梨のサクサクとした食感に続き、口内に程よい甘みが広がる。

金木犀の優しい香りに包まれた、手作り感のある好感度の高いデザートだった。

 

変わらぬシェフの真摯な姿勢が体現されたランチと、奥様とスタッフさんの

温かみのある接客のお蔭で、友人とリラックスして食事がとれた。

一度、夜にもお邪魔したいと願っている。

 

中国料理くろさわ東京菜

東京都大田区山王2-36-10 石毛第2ビル

TEL         03-5743-7443

営業時間/ 11:30~14:00(13:30LO) 18:00~23:00(22:00LO)

定休日    月曜日 ※祝日の際は翌火曜日

※ランチ満足度数は、3.8~5.0 必・定期訪問(*^・^)ノ

2014年9月21日

紅棉(コウメン) (蛋達) 横浜中華街

Koumenn

横浜中華街、関帝廟通りの中華菓子とまんじゅう「紅棉」(コウメン)→前回

(レンタロー) なあ、お休みなんだろ。蛋達食べようで 

ぷるんぷるんのプリンを包んだ、ほわっさくっ生地が、ナチュラル感あって美味えよ。

2014年9月20日

大新園(タイシンエン)  横浜中華街

Taisinnenn

横浜中華街、関帝廟通りの上海料理「大新園」(タイシンエン) 再訪

お目当ては、涼風湯麺(冷やしねぎ塩らーめん)である。

関帝廟通りでも、地味な役まわりのためか、ランチタイム客入りもまばら。

案内は、入口からまっすぐの中ほど、4人掛けテーブル席で、正面にはTVもあった。

着座後に、メニュー、ロゴ入り箸袋に入った箸、業務用タオルおしぼり、水が手際よくサーブ。

卓上には、布製のクロスの上にビニールクロスが敷かれ、醤油、酢、胡椒、辣油、爪楊枝が準備。

オーダーを伝えると、出来上がりまでの時間用に、という配慮なのだろうか。

店のお兄ちゃんが、新聞を持ってきてくれたので、読みながら待つ。

やきわんたん@630

わんたんが名物の一つにもあげられる当店。せっかくの訪問、これを注文しない手はない。

前回が、つけわんたんなので、さっぱりとしているであろう涼風湯麺との組み合わせを考え

やきわんたんを注文。

醤油ベースのつけだれは、見た目は、“つけ”と同じようだけれど、

少し甘酸っぱいような気もした。私の体調によるものかな。

香ばしい焼き目のついた皮をさくっと噛み切ると中からは、海老と青菜を入れた餡がお目見え。

いい感じのオイリー感は、淡白な麺のサイドメニューに丁度良い。

涼風湯麺(冷やしねぎ塩らーめん)@850

野菜が小さな山を形成。表の料理写真、こんなだったか?

予想と反したサラダらーめん的ビジュアルである。

その野菜を、かき分け突き崩すと、

ゴマ油、塩、胡椒で味付けされたネギと細切りチャーシューに到達。

さらに箸を入れ、細めの縮れ麺を持ち上げ口に運ぶ。

スープは鶏ベース、純度100%までとはいかないだろうが、適度な雑味も旨味の範囲内。

冷たい塩味で、大サービスの野菜とともに、つるつる、シャキシャキ、もりもりと、涼を満喫。

気にならない程度の音量でBGMの流れる店内には、個室も完備。

中華街にしてはと言うと語弊があるかもしれないが、スタッフさん同士の雑談も小声。

落ち着いて食事が取れた。

 

大新園 (タイシンエン)

神奈川県横浜市中区山下町134

TEL            045-681-3432

営業時間/  火~金 11:00~14:00 16:30~21:00(LO20:30)
               土・日・祝 11:00~21:00

定休日/   月曜日

※横浜中華街満足度数は、3.7~5.0

2014年9月18日

の弥七(ノヤシチ) 四ツ谷三丁目

Noyasiti

中華料理「の弥七」(ノヤシチ)

オープンは2014年7月10日。オーナーシェフ、山本眞也氏は「御田町 桃の木」出身とのこと。

場所は、東京メトロ丸の内線、四谷三丁目駅、4番出口より外苑東通りを曙橋方面に進行し、

杉大門通りに入る入口のビル。路面店。

この近くには、「峨眉山」さん、「蜀郷香」さんという美味い四川料理店があり、

中華好きにはたまらないエリアだ。

当店の夜は、コース料理のみ。6,500円と9,000円の2コース。

予約時に違いを聞いたところ、扱う食材の内容が異なるとのこと。

初回は様子見を兼ねて、6,500円でお願いした。

店の前に到着すると、割烹風の佇まいに意表を突かれた。

暖簾をくぐって入店すると、まだ新しく、白木の香りがにおうような清潔感溢れる和空間。

正面には厨房を配置し、中にはシェフともう一人男性が入っていて、

店内の雰囲気からも板前さんと見誤りそうだ。

茫然として立ち尽くしていると、フロアで接客を担当する女性が予約名を聞いてきた。

客席は厨房前のカウンター席(3)と片側ソファのテーブル席は4卓というレイアウト。

先客はカウンターに2名とテーブル席に4名、2名。私達が入店したことで打ち止め状態だ。

利用は、真ん中のテーブル席。

テーブル・セッティングは、半月会席盆、カトラリーレスト、割り箸、スプーン、コースター。

そして、ドリンク用のお品書き。着座後にタオル地のおしぼり(トレー置き)をいただき、

スタッフさんから、苦手なものやアレルギーの有無を再確認される。

幸いにして、何もない。

「では、順番にご用意させていただきます」

本日は、魔神さんとの会食。

コース料理にお品書きはなし。口頭説明で、茄子の唐煎りと釜炊きご飯以外は、

全て各自分ごとの提供になる。

飲み物は、サッポロ黒ラベル中瓶@680、関帝陳年十年花彫酒@3,850、

孔府家酒グラス@550×2を注文。

紹興酒は、上記以外に、紅桜夢陳年六年@3,200、甕だしはグラスで@600

ほか、種類は少ないが、日本酒、焼酎、果実酒、ソフトドリンクの用意もあった。

胡麻豆腐

茹でたまごをイメージさせる、つるんとしたビジュアル。薬味は、緑が生山椒、赤は紅蓼。

カツオや昆布を沸騰させず、旨味のみをいれた出汁に、金華ハムを加えた“清湯”を

合わせているとのこと。 

「お出汁と一緒にお召し上がりください」

――ああ、美味しい。

ナチュラル感があり、胃にストンと落ちて、たちまちに心を奪われ、のめり込む。

和の一皿に息づく清湯が、名状しがたい味の深みを加え、

はっとするほどに美味で、クリアな味の余韻が続いた。当店、間違いなしだ。

広東風豚肉の揚げワンタンと枝豆の炒めもの

かりっと揚がったワンタンは、唐辛子と炒め辛味を移したスパイシーな枝豆と共に。

里芋の含め煮、ケシの実揚げ

ねっとりとした里芋と中国醤油を使った上品なあんが調和を果たす。繊細な味わいに驚いた。

三段前菜

手提げ三段重を使用。

演出効果も効いて、三段前菜が運ばれた他の客卓からも歓声があがる。

女性の心を惹きつける見目麗しい前菜たちだ。

博多産白イカと根室産ウニの老酒漬け

ウニはさっと蒸しているのではないだろうか。

柔らかい博多産白イカの持ち味を大切に、浅い漬け加減。これも素材への愛だ。

よだれ鶏

山梨県の銘柄鶏、美桜鶏を使用。

中国醤油、自家製辣油、鎮江香醋、花椒ほかで味を整え、ピーナッツ、

香菜を散らしている。味のバランスが良い。感服した。

木の芽を添え、まるで、和食のミニ懐石のよう。

中の器も全体としての色味を考えているのだろう、色彩豊かだ。

①炙りとうもろこし・・・香ばしさをプラス。

②揚げ皮蛋・・・ネギ、生姜をみじん切にした、ほんのりと甘酢っぱいソースを合わせて。

③清湯を使った出し巻きたまご・・・美味“清湯”がベースに入る料理は鉄板だと実感。

④黄ニラともやしの湯葉巻・・・丁寧な仕事ぶりを窺わせる湯葉巻。旨い。

⑤自家製叉焼

⑥自家製腸詰

自家製の叉焼も腸詰めも噛むごとに、じわじわ旨味がしみだしてくる。

中華使いに強弱をつけたセンセーショナルな三段前菜は、目でも舌でも楽しめた。

翡翠碗

中国では、翡翠と赤は縁起の良い色とされており、ここでは、翡翠の緑をモロヘイヤ、

赤をビーツで表現。

勿論、ベースは当店の生命線とも言える“清湯”。

程よい粘り気のモロヘイヤに、甘く炊いたビーツ、山椒が浮かぶスープを

匙で掬い、口に含み、胃袋へゆっくりと流し込む。

じんわりと身体に染み渡り、奥行きのある味わいは、人を唸らせ本気にさせるものがある。

筆舌に尽くしがたい旨さだCrown04

エゴマの朝鮮漬け

中には高知産のカツオ。クリームチーズをサンドした辛し和えになっている。

朝鮮漬けのぴりっとした辛さに、クリームチーズのねっとりとした旨味が合わさる。

さんまの燻製と栗のかき揚げ 

季節感を盛り込んだ一皿。

①さんまの燻製・・・しっとりとソフトな食感。噛みしめるほどにじわじわと濃厚な旨味が広がる。
        懐の深い味わいだ。

②栗のかき揚げ・・・栗はラム酒につけてからという、手の掛けよう。ホクホクだ。

茄子の唐煎り(2名分)

茄子は高知県産。

「料理長の出身が高知なので、ちょいちょい出ますね」とスタッフさん。

料理について尋ねると、彼女もまた、不明な点は厨房に聞きにいってくれ、

きめ細やかな心配りで充実した食事の時間を供してくれた。

「茄子だけお召し上がりください」

粉をまぶし別揚げした茄子を、唐辛子、山椒と合わせ煽ったもので、

見た目のインパクトほどに辛さはない。

ふっくら揚がった茄子に香りを移したものになる。

桃のシャンパン漬け

フレッシュな青山椒入り。爽やかに甘さを引き立てて。

釜炊きご飯(2名分)

米は、北海道のミルキークイーンとコシヒカリのブレンド米とのこと。

蓋を開けて、炊き立ての飯を覗き見る。このビジュアルに胸が高鳴った。

正しくオコゲもできているW01

漬物は、ツボ漬け、青ザーサイ、蓮の根。

麻婆豆腐

豆腐、赤こんにゃく、牛すじ、豚挽肉、高菜。

アレンジの効いた麻婆豆腐は、ベースの出汁がしっかりしているので、無敵。当然ながら旨い。

これを釜炊きの白飯ON!

なんという贅沢なのだと、顔を綻ばせながら、口へ運ぶ。

――んんっ!いい!

新鮮な衝撃だった。

赤こんにゃくの食感に、これもまた(赤こんにゃくと)相性の良い牛すじがコクを深め、

濃厚でありつつ、あっさりと、巧妙なバランス感で胃袋に届いてくる。

「白髪ネギは、麻婆豆腐と一緒に」と言って出されたものだけれど、

夢中になっていて、のせるのを忘れた。失態。

再び、至福のひと時を過ごす。満足。

高知産紅巨峰とお茶

デザート時には、おしぼりの差し替え有り。

自家製杏仁豆腐ココナッツミルクがけ

美味。そつが無く、淑やかな味わい。満足である。

(ノブロー) 手応えありまくりの、コース料理だったで。

ゆっくり酒を飲みながら、食事を楽しむ大人仕様の店だな。オラ、おすすめするよLove3

聞くと、ランチは定食で、日替わりの用意。

この日のランチは油淋鶏、麻婆豆腐、カツオの刺身だったそうで、

刺身は、中華調味料を入れ、自家製ポン酢、ニンニク、豆板醤を使うという。

やはり、和の技法を組み入れ、中華のエッセンスで、巧みに融合させているのだ。

いいとこ取りの美味さだが、少しも浮ついていない。

真面目さが伝わり、これも磨き抜かれた技量があってこその、本物。抜群のセンスだ。

また、当該コース料理では、胡麻豆腐のように精進料理の要素も取り込んでおり、

展開がどうなるのか、最後まで興趣が尽きず、感動の大きい素敵な中華だった。

 

Hand01 お会計は、1人当たり10,000円(千円未満四捨五入)。

「お気をつけて、ありがとうございました」

会計を済ませ、シェフを含めスタッフさん一同で丁寧なお見送りを受けた。

大切な人だけに、そっと教えたい価値のある、たいへん魅力的な店である。

 

※話し声が反響し、料理説明が聞き取りづらい場面もあった。

そのため、当該レポは魔神さんからのメモも活用させていただいた。感謝。

 

の弥七 (ノヤシチ)

東京都新宿区荒木町8 木村ビル 1F

TEL      03-3226-7055

営業時間/11:30~13:30/17:30~21:30(L.O)

定休日   日曜日

大きな地図で見る

※中国料理満足度数は、4.8~5.0 必再訪Onegai03t

2014年9月17日

吉華(キッカ) 自由が丘

Kikka

中國四川料理「吉華」(キッカ)自由が丘店。

本店には、以前お邪魔しましたが、当店ははじめて。

場所は、自由が丘駅北口又は正面口より自由が丘デパートと平行して並ぶ

商店街のアーケードを進行し、一つ目の交差点を左折した道沿いのビル3階。

急な階段を上り扉を開け、さらに左が入口。

竹製のテーブルと椅子を配置した涼しげな店内は、アジアンテイストの趣き。

カウンター席が設けられていないので、利用は通りを眺められる、

カップルには絶好の窓際2人がけ半円形テーブル席だが、

卓を組み換えセットした大テーブル席もあり、食べログによると席数は27席とのこと。

ビニールマットを敷いた卓上には、醤油、酢、爪楊枝、紙ナプキン。

お茶とロゴ入り箸袋に入った割り箸は、着座後にメニューと共に運ばれてきた。

担々麺(四川名物タンタンメン)@1,000

ライス、デザート無料。ライスが要る場合は注文時に声掛けするシステム。

少な目でお願いした。

中央には青菜、炸醤肉(肉そぼろ)が盛られ、刻みネギ、ザーサイが浮く。

ほか、フライドオニオンなのかな。

これががっつり入っているけれど、スープを吸って、まるで天かすのよう。(すみません)。

麺は細めでストレート。

スープそのものは、ゴマゴマぽってりとは相反するしゃぱしゃぱタイプで、

唐辛子系の辛さが若干感じられるものの、コクはなし。穏やかな味だ。

デザートは杏仁豆腐。食事の後半にサーブされた。

フロア1人(女)、厨房1人(男)。

ランチタイムご近所の常連客やフリー客を含め客入りは程々。

四川料理店として、線の細い印象も受けたが、ライスは美味しくいただけたので、

パンチを期待し、次の機会は当店推しの麻婆豆腐かな。 ご馳走さまでした。

 

吉華(キッカ) 自由が丘

東京都目黒区自由が丘1-26-8 フリーダムビル 3F

TEL   03-3723-5679

営業時間/ 11:30~14:00、17:00~(L.O.21:30)

定休日    木曜日

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.4~5.0

2014年9月16日

台湾料理 台湾(タイワンリョウリ タイワン) 巣鴨

Taiwann

台湾小菜料理「台湾」(タイワン)

読者さんから、当店の情報を教えていただき、訪問が叶った。感謝。

場所は、巣鴨地蔵通商店街のとげぬき地蔵で知られる高岩寺脇を入った小路に位置する。

店の前に到着すると、営業中ののぼり。表にはパラソルと椅子も置かれ、気負わぬ店構え。

入店すると、中華系のBGMが流れる店内は、思った以上に狭く左手に厨房、右手に角テーブルが3卓。

店内にある椅子をフル活用しても15席ぐらいだろう。

入口に近い席には、ご近所の常連さんなのか、「洗い観音」帰りの方なのかはわからないが、

お婆さんがテイクアウトの角煮待ちで、着座している。

幸いと言うか、先客はそのお婆さんのみなので、私は隣の卓を利用させてもらうことにした。

当店はご夫婦での営業と聞いていたが、この日は息子さんだろうか?男性も居て3人体制。

厨房内にはご主人(お父さん)。お母さんと息子さんはフロアで接客を担当。

卓上には、豆板醤、灰皿、爪楊枝、テッシュボックス。割り箸は箸立てにまとめている。

壁にガンガン貼られた品書きを目で追っていると、お母さんがメニューを見せてくれた。

気さくなお母さんは話好きで、自慢の料理を次々に紹介してくるが、一番興味のある角煮定食を

お願いし、当店の名物「鉄玉子」(鐵蛋)も食べたいと伝えると、1個からでも受けてくれた。

鉄玉子(硬)@150

え、なに?この縮こまったような小さいたまご。

プルーンの親戚のようなビジュアルだけど、指で押しと尋常でない硬さだ。

殻はついていないようなので、恐る恐る歯を入れようと試みた。

か・硬っ!!

これが硬いのなんの。全く歯が立たず、思わず声を発してしまった。

「うんと硬いよ。ここ、たまごの真ん中を噛むよ。それ一番硬いの、歯の弱い人駄目ね」 

と、様子を見ていた台湾人のお母さんが教えてくれた。

角煮定食@1,000

鉄玉子(柔)、スープ付。

角煮は圧巻のボリューム。

ライスは型抜きで形成され、鉄玉子、カイワレ菜、高菜を添えて、ワンプレートで提供される。

この定食に添えられている鉄玉子は、柔らかバージョンとのこと。

でも十分黒く、噛んでみてもイメージしたほどには、柔らかくない。

角煮は脂身もとろとろでスプーンで切れる柔らかさだが、

口に含むと歯応えがしっかりして、肉らしさがある。

そのもの自体の味は濃くないが、あんかけ状のタレが独特。

私の所感によるものだが、みたらし団子のたれのような、親しみやすさと

昔懐かしさがあって、地蔵通り商店街に馴染むテイスト。

お婆さんがお土産に持ち帰る理由がわかったような気がした。

甘めなので、卓上の豆板醤を活躍させ、スプーンでカツカツ音をさせ口に運ぶ。

スープは、タマネギ、人参、干しシイタケ入りで、吸物風の味わい。この味で良かった。

①鉄玉子(硬)・・・黄身は、ポサポサ状態。味は異なるが、カラスミに引けを取らない滋味深さがある。

②鉄玉子(柔)

お父さん曰く、私が最初に口にした単品鉄玉子①は仕上がりまでに1月半ぐらい要したものだそう。

「色をみればわかります」とのこと。

並べてみると、その大きさも色味もちがうので、一目瞭然だ。

「硬いでしょう。でも台湾では今召し上がっているものしかないの。1週間とかは一切ないの。

だから、私はだめ。歯がたちません」

お父さん、これ、私も結構きついよ……(汗)。

しかし、鉄玉子もお土産に買い求めにくるお客様は多く、硬さを選ぶことは可能だけれど、

人気は硬い鉄玉子とのこと。

これを酒のつまみにするのが、こたえられないのだという。

なるほど、確かに日を要するほどに、黄身の旨味の層が厚いからね。

 

またテイクアウトでは、角煮のほかに、予約で塩鶏(塩酥鶏のことかな?)、塩玉子、大根餅、

ちまきなども受けているとのこと。

「年末のおかず買いに来る人多いよ。31日も1日もずーっとやってる」とお母さん。

 

食後には、自家製の杏仁豆腐を強くプッシュされたけれど、もう無理。お腹がぱっつんぱっつん。

遠慮して、丁度、次のお一人様が入店してきたタイミングで会計を済ませる。

「ありがとうございました。お近いうちにまたどうぞ」

利用は好みの分かれるところかもしれないが、

人間味があり、角煮や鉄玉子のように、愛情が大きく、味わい深い店だ。

 

台湾料理 台湾(タイワン)

東京都豊島区巣鴨3-39-9

TEL    03-3940-4300

営業時間/11:00~20:00

定休日   日曜・祝日          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.5~5.0

2014年9月15日

松菌燉甲魚湯(松茸とスッポンの蒸しスープ)

Photo

(ノブロー) こんちは!今日は食レポお休みだ。

神田雲林」さん、成毛シェフの松菌燉甲魚湯は絶品だで。

2014年9月12日

新天地(シンテンチ) 横浜中華街

Sinntennti

横浜中華街、市場通りはずれの「新天地」(シンテンチ)

この通りには、麺に定評のある「雲龍」さん、「萬来亭」さんが店を構えていますが、

本日は当店で美味しい麵をいただこうと思う。

入店すると、店の快活な年配女性(中国人)が、声をかけてくれた。ママさんだろうか?

訪問時、フロアを切り回すのは、彼女一人。

その誘導に従い、1階奥の2人掛けテーブル席へ着いた。

中華系のBGMが流れ、見通しの良い店内は、円卓、角テーブル席というレイアウトだが、

ぐるなびによると座敷半個室が完備され、総席数は90席とのこと。

階上にも客席の用意があるようだ。

テーブルクロス(1枚)とガラス天板を敷いた卓上には、醤油、酢、胡椒、爪楊枝、灰皿。

取り皿の上には箸がセットされている。

 

ママさん(仮)からグランドメニューとタオル地のおしぼり(直置き)をもらうと、

次はサワーを入れるような大きさの[Coca Cola]とロゴの入ったグラスで水がサーブ。

酒屋さんの景品だろうか?この安直な感じ、嫌いではない。

横浜中華街においては、歓迎したい気持ちさえある。

ランチメニューはいるか、と尋ねられたが、店先に並んだランチメニュー類には、

目的の麺が確認できなかったので、遠慮した。

 

グランドメニューを開くと、目当ての湯麺は写真付きで

『横浜中華街ではここでしか食べられない伝統の味』として紹介されていた。

「雪菜と豚肉細切り麺、お願いします」 

「それ、オススメよ!スープ、すっごく美味しい。みんな全然残ってない」

ママさんは満足気に笑みをこぼし、厨房に向かった。

咸菜煨麺(雪菜と豚肉細切り麺)@850

「お待たせ、どーぞ。食べてみて!」

黄色味がかったスープには雪菜と糸切り(細切り)にした豚肉が浮かぶ。

レンゲでスープをひと口。

あちっ!激アツである。

重たそうな色味だが、ベースは塩味で、香ばしさとコクがあるのに、意外とあっさり飲める。

ママさんの話によると、一面に浮いた高菜は揚げているそうだ。

「だから、小さくなっちゃったじゃん!」

その小さくなった雪菜を豚肉と炒め、鶏ガラスープへ投入するのだが、その際、

打ち粉のついた麺も一緒に入れて煮込むため、熱々で冷めにくく、独特の色味が出ているのだ。

男性の場合は小ライスを別注文し、麺を食べた後、スープに入れ召し上がる人もいるのだとか。

ああ、それもこの味ならわかるよなあ。ほっとさせてくれるよ。

麺は細め、少し縮れている。

ボリューム自体は多くはないが、ともかく激アツが続くから、麺を平らげ、

スープの一滴を飲み干すまで、間延びせず楽しめた。美味かった。

「煨(ウェイ)はゆっくり、ゆっくり煮込むことね。メニューにも書いてあるじゃん。

あ、ない。見落としてた。でも、お客さんにはそう説明する。」

「ははは、わかりやすく、日本語でも煮込みって入れた方がいいよ」

気さくなママさんは、大陸的というか、ハキハキした物言いで、人によっては

キツク感じられるかもしれないが、私とは波長が合うよう。フレンドリーだ。

上海料理は江蘇省、浙江省一帯の長江下流地域の料理で、浙江一帯の名産物、

雪菜(高菜)を使う料理も多い。

そのため、横浜中華街の他の上海料理店でも、高菜そばを目にする機会はあると思う。

ママさん曰く「これは、上海の高級料理店のラーメン、普通の店だせないよ。権利あるから」

この場合の権利とは、上海でのことだ。

上海を身近に感じられる麺料理。当店でも、ぜひお試しください。

 

新天地 (シンテンチ)

神奈川県横浜市中区山下町126-3

TEL      045-662-2284

営業時間/11:30~15:00(L.O 14:30) 17:30~22:30(L.O 22:00)

定休日   火曜日

大きな地図で見る

※横浜中華街満足度数は、3.8~5.0

2014年9月11日

唐苑(トウエン) 江古田店

Touen

中国料理 「唐苑」(トウエン)

某日、大江戸線を利用することがあり、昼食をとるため新江古田駅で下車した。

トマトタンメンが有名な「白龍トマト館」さんに行ってみたかったからだ。

HPを確認していなかったため、店の前につくと休業中に愕然とした。

このあたり土地勘がないため、さっぱりわからない。

再び大江戸線に乗るのも虚しいし、江古田駅から池袋に出るか、

または、江古田駅周辺へ歩を進め、飛び込むのも良いかもしれない。

 

江古田駅南口の交差点を曲がり、千川通りを歩いてみた。

駅とは反対方向らしいが、何かお店はないだろうか。

通りにはポツポツ店が点在するが、それほど飲食店が並ぶわけではない。

そろそろ、駅方面へ引き返すかと思ったタイミングで、中国料理店の店先に週替りランチのボードを発見した。

「2種類かあ、今日は気分的に麺腹なんだけどな……。」

しげしげと眺めていたら、私の脇を通り過ぎ、女性が一人で入店していった。

ここは、女性一人でも気安いのか。お腹も減っているし、私も入ってみることにした。

扉を開けすぐ右手にレジ。

厨房前にはカウンター席、その後ろにテーブル席、奥は小あがり席というレイアウトで、

親しみやすい食堂という雰囲気だ。

店は8割ほどの客入り。付近に競合する飲食店がないためか、なかなか盛況。

お店の女性(中国人)の指示でカウンター席の端に着く。

卓上には、醤油、辣油、酢、胡椒、爪楊枝、紙ナプキン、メニュー、ピッチャーなど。

一段高い位置には灰皿も用意されている。

ランチのピークタイム、フロアの応対も忙しそうだが、その合間をみて、氷入りの茶を

コップで運んで来てくれた。

店内を見まわすとボードにも、週替りランチが紹介されている。

メニューも検討したが、いまひとつ食指が動かず、来店している多くの客の注文に習い、

私も週替りから選ぶことにした。

A.ニラ肉@650

「お待たせしました」と角盆でのサーブ。

同席するメンバーは、主菜(ニラ肉)、サラダ、スープ、御飯。

ロゴ入り箸袋に入った箸(横置き)を従え、レンゲはスープに入れた状態で登場。

650円というリーズナブルさだが、視覚的には十分なボリューム感。頑張ってくれている。

和を感じさせるようなスープには、干しエビがちょろん。サラダはキャベツが主流。

これも値段からすると妥当だし、驚きはしなかった。

糸切(細切り)の豚肉、タケノコ、ニラ、もやしの炒めものは、甘めの味噌味ベースで、

御飯との相性は良好なのだけれど、当店の飯はパサついて風味がいま一つ。

たまに出会うところの中華残念白飯だ。

とは言っても、これは私の主観によるもの――。

食後には杏仁豆腐。

当店、その構造か空調の調子が悪いのかは不明だが、ピークタイムに注文が殺到すると、

厨房からのもくもくとした煙が客席へと流れ込み、目にしみて困る。

私の座った位置が悪かったのだろうか?

そのうえ、ランチタイムも喫煙OKなので、煙のダブルパンチ。

新参者には、いささか手ごわいランチとなった。 

 

唐苑 江古田店

東京都練馬区旭丘1-57-14 ルミエール榎本 1F

TEL      03-5983-5536

営業時間/11:00~15:00 17:00~24:00

定休日   無休(年末・年始)          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.0~5.0

2014年9月10日

中国料理くろさわ東京菜 大森

Kurosawa

中国料理「くろさわ東京菜」 定期再訪

本日のオーダーも、Bランチ@1,600で。

瓶ビールは、プレミアムモルツ小瓶orアサヒスーパードライ中瓶の2種からの選択で、後者を選ぶ。

 

「こんにちは!」「いつもありがとうございます」

シェフと奥様が交互にフロアに出てきてくれ、声を掛けてくれた。

いつも通り、自然体で感じの良い対応なので、私はリラックスしつつ、

料理の出来上がりを待つことが出来る。

 

トントン!カン!ジュゥゥゥー!BGMに混じり厨房の心地良いサウンド音が聞こえ始めた。

前菜2種盛り

一皿目。スタッフのお兄さんは、サーブ時にきちんと説明をしてくれる。

ランチだからと、(説明を)省くことはしない、その誠実な姿勢が嬉しい。

写真は、トマトとオクラの花の山東風お漬物(左)、シロガイのパプリカソースがけ(右)。

ピリっと爽やかで、ほのかな酸味のオクラの花と、

素材感を大事にした肉厚の白貝を、さっぱりとしたパプリカソースで味わう。気の利いた前菜だ。

牛肉四川風ピリ辛炒め、スルメイカサッパリ炒め、ラム肉の水餃子

これらは、出来上がり次第で運んでくれ、ご飯とスープも追行する。

(レンタロー) 今日のくろさわは、肉、海鮮、野菜のほかにスペシャルなもんがあるな。

それは、酒を呼ぶラム肉の水餃子。今日の献立に入っていたので、ビールも中瓶にしたのだ。

むちっとした手作りの皮に歯を入れると、臭みはないけれど、

ラム肉独特の旨味のある肉餡に到達する。

ニンニクの効いた、辛目でコクのあるゴマ味噌たれとの相性も抜群。

う・うま~いW04

こりゃあもう、ご機嫌な美味さなのだ。今日はツイてるぞ。

くろさわランチは、野菜の宝庫。

エリンギ、パプリカ、ジャガイモ、冬瓜などがザクザク。勿論、牛肉もたっぷり。

四川炒めは、胡椒を効かせてスパイシーに仕上げ、ご飯と相思相愛の仲。

このまま、ご飯まっしぐらに突き進みそうになるが、ちょっと待て。

副菜のスルメイカの炒めにも箸を運ばせ、間合いを取る。

こちらは、ミニトマトとリンゴを合わせ、さっぱりと生姜風味。

主役をより引き立て、奥ゆかしく飯の進行をサポートしてくれる。

おかずチームの結束力で、もりもり食が進み本日も綺麗に完食。美味しかった。

デザート

食後には、レモンと白酒のグラニテ。白酒が微かに香り、レモン風味でさっぱりと

引きしめた大人味のデザート。

何事にもブレがなく「くろさわ東京菜」を発信し続ける力強さは、当店の最大の強みに思う。

ファンの一人として長く通いたい店である。

 

中国料理くろさわ東京菜

東京都大田区山王2-36-10 石毛第2ビル

TEL         03-5743-7443

営業時間/ 11:30~14:00(13:30LO) 18:00~23:00(22:00LO)

定休日    月曜日 ※祝日の際は翌火曜日

※ランチ満足度数は、3.8~5.0 必・定期訪問(*^・^)ノ

2014年9月 9日

喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋

Kirinnkenn

温故知新中国料理 「喜臨軒」(キリンケン) 定期再訪→前回

当店で、久々のディナー。

お気に入りのカウンター席を予約し、蒸し魚と香り鶏をリクエストのうえ、アラカルトチョイス。

グランドメニューを広げると、夜にコース料理(4種類)が具体的に明記されていた。

主菜をお選びいただけるミニコース 4,500円コース (計6品)
・前菜2種盛り合わせ、点心2種、海鮮または肉料理、野菜料理、麺飯料理、デザート・お茶菓子

前菜からデザートまでのフルコース 5,500円コース (計7品)
・前菜3種盛り合わせ、点心、海鮮料理、肉料理、野菜料理、麺飯料理、デザート・お茶菓子

フカヒレ料理を含む喜臨軒名物を味わえるコース 7,000円コース (計7品)
・前菜3種盛り合わせ、点心、フカヒレ料理、海鮮料理、肉料理、麺飯料理、デザート・お茶菓子

フカヒレ・アワビ料理を含む贅沢なコース 9,000円コース (計7品)
・前菜4種盛り合わせ、点心、フカヒレ料理、アワビ料理、肉料理、麺飯料理、デザート・お茶菓子

ほか、単品料理も定番を除き、だいぶ絞られ、印象が変わったように感じた。

生ビールを2つ注文し、まずは冷前菜と季節の料理の中から2品選んだ。

豚脛・タン・頬肉の煮こごり(小皿)@600

季節の料理で、はじめに決まったのは、豚脛・タン・頬肉の煮こごり。

脇には、大根とニンジンの甘酢漬け。

グリーン状のソースはニンニクが効いて、濃厚なバーニャカウダソースのよう。

八角が香り、肉の質感を味わえる煮こごりは、そのままでも美味だが、お好みでソースをつけて。

002 (寝太郎) 僕はそのまま派だな。断然、気にいっちゃたよ。

――久々の寝太郎さんだ。彼もまた当店のファンなのである。

烏骨鶏のピータン(皮蛋)@500

当店のディナーでは、必食したい松葉模様の美しい皮蛋。印象は変わらず

喜臨軒名物 手切り豚肉と天然海老のシューマイ 1個@250×2  

たまには、ほかのものをと思ったのですが、生憎おすすめボードの季節の春巻が完売。

勿論、不足はありません。本日も肉々しくって、ジューシー。

さすが、“キングオブシューマイ” Syumai

(ノブロー) 夜にも来てえと、願えば叶うもんだでLove 刺繍のパンダは、シェフのところの新入りだな。

(刺繍パンダ) ノブロー、よく来てくれたね。歓迎するよ。

首にかけているのは、缸缸好(ガンガンハオ)の英雄の鍵だね。ゲットおめでとう。

清蒸紅石斑魚 時価

清蒸鮮魚浪人の旅は続く。リクエストの蒸し魚だ。

本日の鮮魚は、紅石斑魚(アカハタ)。白髪ネギと香菜、さっと火を通した黄韮も添えて。

鮮度の良さは一目瞭然。心を揺さぶられるほどの美貌だ。

これほどのもの、仕入れていただけでも感謝(涙)。

(ノブロー) 赤ハタ、胸びれあげてるな。オラに握手を求めているようだで。

(みに) その胸びれもしゃぶってね!

解体作業は、自分たちの仕事。

口に含むと、シコシコとした弾力。身質の良さに感じ入る。

シェフ、渾身の作に、意見を述べるのも憚られるが、

中骨あたりの身離れと、もう少し皮がとろりんとしてくれると、私としては、なお嬉しい。

これは蒸し時間の関係なのか、素人の私には不明。

なのに、要望ばかり多くて本当に心苦しく思う。

目玉が落ちそうなタイミング、それが私の記憶にある理想の姿蒸しだが

清蒸鮮魚は、そのシンプルさゆえに、最高に難しい調理法。

コントロールは至難の業だと思う。

見目良い赤ハタを解体し尽くし、身を食らい、皮をしごき取り、骨をしゃぶる。

そうして、今宵も蒸し魚は骨のみになった。清蒸鮮魚浪人、満足である Crown04

空芯菜の塩味炒め“エシャロットオイル風味”@1,400

シャキッとした歯ざわりを残して、火入れも上々。

脆皮炸香鶏腿@2,200

リクエストの香り鶏。

当店のディナーに初めて寄せてもらった時、料理長スペシャリテ「當紅脆皮炸子香鶏」(香り鶏)を

腿肉で調理し、提供してくれたことがあった。

香り鶏は、お客様からの要望も多いのかもしれない。

腿肉を使って、2名からでも通常に提供出来るようにはならないだろうか?

しかし、シェフには考えるところがあった。

肉がむき出しになると、しっとり感が損なわれる。ここが最大の課題だ。

そこで糸で縛って成形し、露出する部分がないように工夫したのだ。

005 (寝太郎) 料理に対する愛情だよなあ。情熱だよ。

その話だけで、僕はご飯のお替わりが食べれるよ。

リーペリンソース、レモン汁、香り塩はお好みで。

3度揚げされるが、シェフの愛によって守られた腿肉は

パリパリの皮目にガードされ、内側はしっとりジューシーに仕上がっている。

(レンタロー) シェフ、何やってんのー?オラにも見せれーー。

(刺繍パンダ) 小さいの。今、キミたちの炒飯を作っているんだよ。危ないから降りてね。

鶏肉とスルメイカの“リゾット風”『煮込みチャーハン』@1,600

上にはネギと黄韮。余熱でかえすようにして食す。

具材は、鶏肉とスルメイカの他に、干しシイタケ、枝豆。

イカからの甘みとダシに、干しシイタケのダシも加わり、ダブルな旨味で味はぐっと濃厚。

福臨門さんでは、干しダコですよね」シェフの言葉だ。アレンジを効かせているのだ。

香芒布丁 配以 楊枝甘露(マンゴープリン『香港で人気のフルーツスープで』)@600

以降、デザートは昼と同じように、ケーキとセットになった小さいサイズになり

これが最後の普通サイズだそう。

スプーンを入れると、充実のむっちり感。フルーツやタピオカがざくざく。

濃厚な甘みの中にフルーツの清々しさがあって、美味い。

このボリュームでいただけるのも終わりかあ。切ないなあ。

酒は、缸缸好(ガンガンハオ)のボトルの他に、プレミアムモルツ樽生を数杯。

Hand01お会計は、1人当たり11,000円(千円未満四捨五入)

「ありがとうございます。お気をつけて」

気が付くと、私達がラストの客となってしまった。シェフやスタッフさんに見送られ退店。

カウンターでの人間味あるコミュニケーションが、私にとっては味だけではない

外食の付加価値になっている。

 

喜臨軒 (キリンケン)

東京都世田谷区池尻3-2-5 コンフィアンス流来 B1F

TEL   03-5787-6982

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O)18:00~22:30(L.O)

定休日    日曜

※中国料理満足度数は5.0 (*^・^)ノ特別。 断然応援。

2014年9月 8日

ビストロシノワ陽(ヒナタ) 阿佐ヶ谷

Hinata

中国料理、ビストロシノワ「」(ヒナタ)

場所は、阿佐ヶ谷駅北口から中杉通りを早稲田通り方面に進行した道沿い左手。

扉を開けると、客席すべてが見渡せるオープンな造り。

すぐに、フロアスタッフの男性が声をかけてくれ、卓上に使い捨て紙おしぼりがセットされた

入口近くのテーブル席に着いた。

無機質な壁に温かみのある木目を合わせ、中国料理店というよりカジュアルな洋食店。

客席はテーブル席(片側ベンチソファ含む)のみというレイアウトで、

食べログによると、席数は20席とのことだ。

 

ランチ利用に、友人が席だけ予約しておいてくれたため、案内を受けた時は「reservation」

もしくは「予約席」といった札が置かれていたと思う。

その効果か、卓を2つセットし、4人掛け席。

バッグは隣の椅子に置けたが、足元には籠も用意されている。

 

店の扉が開いた。

友人かと思ったら、ご近所マダムが4人での入店を聞いている。

店内は1人客(3)と3名のグループ客が、卓の間隔を開け座っているため、スムーズに

案内することができない。

私は2名利用になるのだからと申し出て、椅子からバッグをのけ、1卓離してもらった。

マダム4人は、隣に卓をセットして着座。

当店のオープンは、2014年2月10日だが、漏れ聞こえる(マダム達の)話によると、

この場所は、以前、フレンチ(ビストロ)店だったらしい。

待ちの間に、卓上に置いてあるメニューを検討した。

店は、シェフとフロアスタッフさん1人の計2人体制。

予約なしでも、ランチコースが食べれるかを尋ねると、注文可能という回答。

当該コースは、通常のランチセットから選んだ主菜に、前菜・ふかひれスープ・デザートがつく。

また、点心など、グランドメニューからの注文も受けてくれるという。

友人到着後、相談のうえ、本日の注文が決まった。

ふかひれランチコース@2,100×2 と

酒は、ランチ生ビール(中)@500×2、ランチ紹興酒@400をお願いした。

三種前菜盛り合わせ

注文後に、箸置きと箸がセット。

スタッフさんは、接客がまだ慣れていないのかもしれない。サーブ時に説明なし。

貝、鶏肉、焼豚。鶏肉のクリーンはネギソースだと思う。

ふかひれスープ

とろみがついているので熱々。醤油味でまとめている。

 

スープをいただいたタイミングで、声掛けがあった。

ベンチソファ席利用のお客様が帰られたのだ。

「もし、よろしかったら、奥のテーブル席に移られて、広く使ってください」

友人との久しぶりのランチなので、それは有難い。

スタッフさんの細やかな配慮に感謝して、移動する。

お好きなランチ一品

メインは、日替わり、麻婆豆腐、酢豚の各ランチ、本日の野菜ランチから選ぶ。

通常ランチで注文の場合は、これに、おしんこ、小菜、ライス、スープが付き、

「本日の」は何かと、店内のボードを見ると、夏野菜の香り炒めだった。

(通常ランチと)同様に角盆でのサーブで、ザーサイ付。

チョイスは酢豚。豚バラ肉に、彩豊かな野菜は、ピーマン、トマト、干しシイタケ、紫タマネギ。

肉もごろごろ入っているが、レモンも入り、フルーティーな味わいで、軽いタッチでいただける。

自家製蒸しパン 2個

コースの場合は、ライス(白米)、蒸しパン、お粥からと、選択が広がる。

蒸籠でサーブされた蒸しパンは、もっちり熱々で、酢豚のソースを拭うように絡めて食す。

デザート

メニューのランチデザートから好きなものを選べる。

やわらか杏仁豆腐、ココナッツアイス、タピオカと小豆のココナッツミルク、ライチシャーベット。

加えて、この日は、白桃シャーベットが提供できると、口頭で教えてくれた。

チョイスは、タピオカと小豆のココナッツミルク。 温かいお茶のサービスもある。

駅から遠いこともあり、訪問時のお客様は付近に住まわれる方々が中心。

しかし、フリーでも気軽に利用でき、創作中華も楽しめる1軒。

これからの活躍を期待したい店である。

 

ビストロシノワ陽

東京都杉並区阿佐谷北4-6-29

TEL      03-5364-9835

営業時間/水~月 11:00~14:00(L.O.) 18:00~22:30(L.O.)

定休日   火曜日

http://bc-hinata.com/

大きな地図で見る

2014年9月 7日

松の樹(マツノキ) 川崎

「茶思味」さんを後に川崎駅に向かう途中、四川料理「松の樹」さんを見つけた。

え、でも以前お邪魔したときは、確か場所はここじゃあなかったはずだ。

調べると、とうに移転されていたのだ。

記憶にある昔の店舗に比べ、外観からの印象だが、小さくなった気がする。

当店でいただいた担々麺も、辛さにエッジが効いて美味しかった。日を改めて訪問したい。

 

松の樹

神奈川県川崎市川崎区宮本町6-11

TEL      044-221-9939

営業時間/11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~21:30(L.O.21:00) 

定休日   月曜日(月曜日が祭日の場合は火曜日が休み)

大きな地図で見る

2014年9月 6日

茶思味(ジャスミン) 川崎

Jyasuminn

台湾家庭料理「茶思味」(ジャスミン)

場所は、JR川崎駅を背に川崎市役所通りを進行し、川崎市役所を左手に見て、

稲毛通りの次の道を左折した道沿い左側。小豆色のアジアンカフェ風の外観がそれだ。

通りにスタンド看板がでているので、確認してみる。

肉糟飯、牛肉麺……。台湾庶民食がいただけそうだ。

先日は魯肉飯のつもりが、カレーになっちゃったからな。

よおし、少し時間は早いが入ってみよう。

店内に入ると、カフェからは遠ざかった。気安い中華居酒屋風。

店のママさんが声をかけてくれ、カウンター席に着いたが、

視線を移すと奥には、テーブル席(ベンチソファ含む)の用意もある。

卓上のカトラリーバスケットに、プラスチック箸、スプーン2種、業務用タオルおしぼり。隣にはコップ。

着座後にママさんがピッチャーをトンと脇に置いてくれたので、自分で注ぎ込む。

カウンターの端には、この日のランチメニューが4種類。

①木須肉炒め、②エビチリ炒め、③餃子(焼or蒸)、④飲茶set(5種点心とおかゆ)

尋ねると、ランチはこの中から選ぶらしい。

またも予定が狂った。最近、台湾料理にフラれっぱなしだ。

にこにこと愛想の良いママさんが、説明をしてくれる。

「木須肉炒めは、肉とキクラゲ、玉子を炒めたものね。」

――それ、キクラゲばっかり多かったら悲惨だよね。私の心の声だ。

ひと通り話を聞き、迷ったあげくに蒸し餃子でお願いした。自分の選択を信じよう。

「冷房いれましょうか?」ママさんの提案だ。

「え。はい、他のお客様まだのようですが、いいんですか?」

――以前、このようなやり取りを、他店でしたよなあ(汗)。

聞くと、ランチのお客様は市役所の方々が多い様子で、12時に午前の仕事が終わり、

当店に着くのは12時5分。客が入るのはそこからだと言う。

蒸し餃子セット@850

角盆に同席するセットメンバーは、主菜(蒸し餃子)、白飯、野菜サラダ、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐。

餃子用に小皿を従えている。

調味料は黒酢、醤油、ラー油。爪楊枝を連れ立ち、ランチ参戦。

さて、餃子はその1個がスレンダーなボディ。手作りということだが、コンディションが悪すぎ。

皮のひだの先が白く、パリパリ状態だ。残念ながら、対面時にランチ熱が冷めた。

か弱い皮を噛み切る。

肉餡に手作り感はあるが、ジューシーさも食べ応えもなく、白飯を食べるにあたり役不足。

おかず食いの自分は、窮地に追い込まれている。

ボリューム感のあるピーナッツ入りのサラダを胃袋に片付け、小皿に醤油を注ぐ。

そこへ蒸し餃子をドバドバつけて飯を搔き込む。しょっぱいぐらいが、飯が進むからだ。

この動作の繰り返しで、合間にキャベツ、大根、ニンジン、干し海老の入ったスープを呑む。

微量のザーサイは、この場面では、白飯の最良の友。大事に食べなくてはならない。

幸いにして、ご飯は美味しかったので、おかず終了までに、この作戦で8割方食べることができた。

後から来店したカウンターの一人客は常連さんのよう。ママさんと会話を交わすと、

迷いなく木須肉炒めを注文した。

運ばれてきたものを横目に見ると、皿にこんもりと盛られた様相は、

玉子もたっぷり、肉もしっかりで、頼もしいおかず戦士だった。

どうやら、自分は外れを引いてしまったようだ。無念。

目の前に残っている杏仁豆腐を口にすると、味が濃くて美味かった。

12時近くになると、ご近所に住んでいると思われる常連さんが次々に来店し、

ポツポツ奥のテーブル席も埋まり始めた。

ママさんの人柄もあって、地元に親しまれている店のようだ。

会計を済ませ、表のスタンド看板を見ると反対側にはランチメニュー。

予約の場合には、コーヒーがサービスされるのだ。

痛恨の選択ミス。主菜が違えば、私の印象も大分変ったことだろう。

また、当店はわかりやすい献立が並ぶ昼よりも、夜の方がそのポテンシャルを

発揮できるのではないかと思う。

 

茶思味 (ジャスミン)

神奈川県川崎市川崎区宮本町4-1

TEL      044-201-4568

営業時間/月~金 11:30~14:00 17:00~22:00
     土 16:00~22:00

定休日   日・祝          -店舗情報「食べログ」より-

 

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、見送り。

2014年9月 5日

ちまき屋 (台湾肉粽) 横浜中華街

Timakiya

横浜中華街、上海路の本格台湾チマキ専門店「ちまき屋

拙ブログでも何度となく、取り上げさせていただいていますが、朗報です。

9月より店頭販売でも個数を求められるようになったとのこと。

このあたりは、お店との相談になるかもしれませんが、

ちまきは、売り切れ次第の終了となるため、後から来られるお客様のためにも、

ドカ買いするのは控えたいものですね。

私は、入用個数2個で、お願いし、常温or冷凍を聞かれたため、冷凍での持ち帰り。

そのまま冷凍庫保存の場合は1月を目安に召し上がってください。とのこと。

冷凍はたっぷりのお湯で、23分茹で。角煮の脂が口の中でとろんととろけて美味しいのだ。

 

ちまき屋  

神奈川県横浜市中区山下町186

TEL   050-7522-3635

営業時間/11:00~18:00

定休日/  月曜日

http://chimaki-ya.com/index.html

 

2014年9月 4日

蜀彩(ショクサイ) 経堂

Syokusai

四川料理「蜀彩」(ショクサイ) 再訪

席を予約のうえ、魔神さん達一行とディナー利用。

入店すると、まだ時間帯は早いというのに、店内は大盛況。

次から次にお客様が来店してくる状況下、「予約席」という“守り札”で死守している

4人掛けのテーブル席が奇跡的に見えた。

名前を告げ、着席すると“守り札”はさげられる。

いやあ、凄い人気だ。

滞在中には、何度となく扉が開き、タイミングが合わず、来店されてくるお客様を断る場面を多く見た。

昼も混んでいたが、夜はそれに輪をかけて凄まじい。

「トントントントン!、トントントントン!」

いっとき、リズミカルな音が聞こえた。

利用は前回と同じく、壁際の片側ベンチソファのテーブル席。

この日の夜は3名厨房に入っているようで、壁の向こうは切場。包丁の音だ。

こっちも大忙しなのだろう。

 

料理は、アラカルト注文。

メニューを見ると、四川の特色ある料理も提供されている。

卓上周り等は昼とほぼ変わらずなので省略。取り皿は料理毎にいただける。

醤味夢ト(大根の醤油漬け)@500

大根、人参、キュウリ、セロリ。

唐辛子と山椒の効いた、あっさりとして爽やかな辛さの自家製漬物。

パリパリ、ポリポリ、箸が進むことは請け合いだ。

(ノブロー) うんめえ!オラ好みの味だ。いくらでも食えそうだで。

椒麻猪舌(豚タン薄切り 山椒ソース)@600

下には、豆もやし。丁寧に下処理をした豚タンは、臭みとは無縁で柔らかい。

山椒ソースととも口に運ぶ。前回の雲白肉もだが、品の良い味わいに至極感心する。

樟茶鴨仔(四川名菜 鴨の紅茶漬け燻製香り揚げ)@1,900

紅茶液に様々なスパイス等を加え漬け込んだ鴨を、樟(クスノキ)のチップで燻し、

蒸してから油をかけ、皮目をぱりっと揚げたもの。たいへん手間のかかる料理であり、

あまり耳にしないかもしれませんが、俗称「四川ダック」と呼ばれ、美食家としても名高い

西太后の好物でもあったとか。

4人で分け合うが、大きさ的には2名でいただくのに適したボリューム。

スモーク香が食欲を刺激し、茶葉の香りのする鴨肉は味が濃厚で、噛みしめるほどに

じわじわと旨味が溢れ出る。

濃い色味のものは、甜麺醤をベースとしたたれだと思うが、私の苦手な甘ったるさがない。

使用は好みだが、自分は何もつけず、このままで。鴨肉の醍醐味を楽しもう

この味で1,900円とは喜ばしい限り。

紅油水餃子(四川風水餃子)4個 @800  

ランチでいただいて美味しかったので、リクエスト。

あれ?タレの刻み生姜がお留守だ(涙)。もっちり、ころんと手作り感を堪能。

豆鼓鶏丁(鶏肉と野菜のトウチ炒め)@1,400

野菜は、オクラ、山芋、ネギ。鶏肉は食べやすいようにひと口サイズの大きさ。

豆鼓は、柔らかな甘みの中にほろ苦さがあって、塩辛さはなく、

ひと手間かけたプロの仕事が施されている。

醤油味でまとめ、全体としては、まるみのある味わいだ。

(ノンノン) うちのパパ、辛さセンサーが敏感なのよ。あまり辛いもので無茶させないでね。

(ノブロー) わかっただ。むーみんパパ、リクエストの豆鼓炒め、こいならOKだな。

啤酒鴨(鴨の四川風ビール煮込み)@1,900 

ぶつ切りにした鴨を山椒、唐辛子、豆板醤で炒め、ビールを注ぎ炒めたもの。

他には、セロリ、キクラゲ、香菜。

鴨肉はビールで煮込むことによって柔らかく、コクがあり、ビリっとスパイシー。

日本人シェフのタッチで、味の仕上がり感がきめ細かい。

剁椒魚頭(真鯛のあたま 塩漬け唐辛子のせ蒸し)@1,500 辛辛辛

剁椒魚頭は「湖南料理」の名物。

真っ赤な唐辛子がどっかり乗るものかと思ったら、グリーン。

聞くと、自家製高菜。手加減してくれているのかな。

(ノブロー) 皿に溜まったスープがもったいねえ。麺でも絡ませてえな。

(ノンノン) パパこれ、ギブアップだわ(汗)。

醗酵系の酸味と唐辛子の辛味が、淡白な白身にマッチする。

本場のものを食べていないのでコメントは難しいが、個人的にはもっと辛さを追求したくなった。

辛印3ですが、耐性のある方なら余裕かと思う。

麻婆豆腐(とうふと挽き肉の豆板醤煮込み)@1,300 辛辛

昼と大差ないビジュアル。特に辛さのリクエストはしていない。

辛さ控え目、マイルドな旨味系の麻婆豆腐なので、あとは食べ手の好み次第。

老成都担々麺(成都式 汁なしタンタン麺)@1,000 辛辛

青菜、肉そぼろ、ピーナッツ、刻みネギ。

麺は平べったく、柔らかい。口にすると、もったりとして、私にはやや甘い。

杏仁豆腐(特製杏仁豆腐)@450

各人の味見用にスプーンも用意してくれる。

常時満席で忙しい中でも、スタッフさんはできる限りの配慮を忘れない。

プーアル茶風味の中華風蒸しカステラ@400

私、チョイス。パサパサで正直、当てが外れた。こんなときもあるさ。

手作りふわふわ桃まんじゅう(こしあん)1個 @400

頼湯元(成都風白玉団子)2個 @400

酒は、紹興老酒8年クリアー@3,500のほかに、ビールを各自数杯。

Hand01 上記注文で、お会計は1人当たり6,000円(千円未満四捨五入)。

やはり、中国料理アラカルトの場合は、人数がいたほうが財布に優しい。

後の予定があるため、この日の滞在時間は約3時間で切り上げた。

美味しい料理を食べ、酒を飲み、食後にデザートをいただき、1時間あたりで考えると2,000円。

CPの高さは目を瞠るものがある。客足が途絶えないのも納得。

力押しをしない、ふくよかな味わいの四川料理だが、

それでいて、本場っぽいメニューも提供してくれるから、興趣が尽きないのである。

 

蜀彩(ショクサイ)

東京都世田谷区経堂1-12-10 松原ビル2F

TEL      03-3425-1668

営業時間/11:30~15:00(L.O.14:45)17:30~22:30(L.O.21:30)

定休日   月曜・年末年始          -店舗情報「食べログ」より-

※中国料理満足度は、4.5~5.0

2014年9月 3日

北京(ペキン) 芝パークホテル店 芝公園

Pekinn

中國料理「北京」 芝パークホテル店。再訪

最近、ふかひれを食べる回数に恵まれた自分は、当店のランチ限定、

砂鍋魚翅飯を思い出してしまった。

あれは健在だろうか? 一度、気になりはじめると、頭から離れずどうにもならない。

HPを確認すると、砂鍋鮑魚飯は芙蓉蟹丼に変わってしまっていたが、提供されていた。

「80c」サイトのサトタカさんにお付き合いいただき、ランチ訪問。

テーブル・セッティングは、箸置き、割り箸(横置き)、ナプキン、レンゲ置き、レンゲ。

テーブルクロスは2枚重ね。卓上には、醤油、酢、からし。 

着座後、メニュー、タオル地のおしぼり(トレー置き)、と茶杯で中国茶の提供。以前と変わらず。

スープ付。

具材は、豆腐、エリンギ、溶きたまご。前回と比べると安易な味だ。

砂鍋魚翅飯(ふかひれ姿煮 丼ぶり)@2,800(税金・サービス料込)

プレミア丼ぶりより私がチョイスしたのは、意中の丼ぶり。ふかひれ。

サーブ時に目前で蓋が開けられると、土鍋からは湯気が、もわんっと立ち上り

グツグツプクプク、美味しそうな音をさせている。

薬味は好みで使えるように、刻みネギ、干し貝柱をほぐし揚げたもの、

辛味のある豆鼓入りの辣椒がセットとして卓に置かれた。

(ノブロー) はよう、ごっちゃんになろうで。あっちいブクブクおさまっただ。

玉子炒飯の上には、ふかひれ、トップは根切りした茹でもやし、チンゲン菜の両名が飾る。

注文時、ふかひれは、何グラムのものになるかを尋ねると、フロアスタッフさん(中国人)が

厨房まで聞きに行ってくれた。回答は40グラムとのこと。

このところ、ふかひれをいただく機会が多かったので、自身が贅沢になっているのかもしれないが、

ぴらんぴらんのふかひれが頼りなく見えた。

まずは、そのままで。熱々のところを、ふーふー、はふはふ。

ベースとなるスープは、セットスープとは異なった。嬉しい。良い滑り出しだ。

次に刻みネギを散らしていただく。もぐもぐ、ぱくぱく。

そして、食事の中ほどでは、香ばしい干し貝柱をプラスし、味を深め、辣椒でぴりっと引き締める。

次第に、緩い醤油あんかけが玉子炒飯に比して多くなった後半は、あんかけスープ炒飯のようにして食せた。

この様に、食事の過程に応じて、変化が楽しめる丼ぶりとなっている。

蟹の淡雪煮丼ぶり@2,800(税金・サービス料込)

サトタカさんチョイス。

ご飯も、ただの白飯ではないよう。ネギ、レタス、が入っているとのこと。

味見をさせてもらったところ、淡白で奥ゆかしく、和みの味わい。

あ、私もこっちにすれば良かったかも。

値段は1年前と変わらず、2,800円。

無情にも以前ほどに心が浮き立たなかったのは、このところのふかひれ頻度の高さが

影響したのだと理解している。

 

北京 芝パークホテル店

東京都港区芝公園1-5-10 芝パークホテル 本館 B1F

TEL     03-5470-7671

営業時間  11:30~14:30 16:00~21:00

定休日    無休

大きな地図で見る

2014年9月 2日

老四川 飄香 (ラオシセン ピャオシャン) 麻布十番

Pyaosyann

四川料理 中國菜「老四川 飄香」 (ラオシセン ピャオシャン) 再訪

四川の田舎料理、農家楽(ノンジャーラー)を始めたと聞き、さっそくランチにやってきた。

案内は、入口に近い片側ソファのテーブル席。この席は以前のランチでも利用した。

テーブル・セッティングは、ペーパーナプキン、カトラリーレスト、レンゲ、箸(縦置き)。

今回はテーブルクロスがかけられ、卓上には、「香る麻辣油 一滴香」なるものが置かれている。

着座後に、タオル地のおしぼり(トレー置き)、水、ランチメニューをもらい小休止。

見ると、奥のテーブル席は予約のお客様で一杯だ。

農家獅子頭(干し野菜入り大きな肉団子のやわらか煮込み 黒酢風味)@1,200(税込)

6種類の「農家楽」ランチセット及び4種類の「農家楽」麺・水餃子セットから選んだのは、

ランチセットの中華風煮込みハンバーグ。

ライス、スープ、漬物がセット。

かつ、セットには、すべて農家冷菜四味盆(四川田舎風前菜4種)がつく。

①牛、ハチノスと上ミノの麻辣豆豉和え

②蒸し茄子と皮蛋の黒酢ソース

③四川式枝豆(枝豆を使ったスパイシー炒め)・・・ガーリックと八角で味つけ。

④カボチャと緑豆の寄せもの

サーブ時に一つ一つ説明を受けるが、聞いていると各スタッフさんにより、微妙な違いがある。

推測だが、こういう料理である、という説明をシェフから受けたあと、

それを各自が消化し、お客様に伝えているのかもしれない。

四川式枝豆以外は、前回ディナーでいただいたものと、味の構成が変わらず。

勿論、美味い。レベルの高い前菜をいただくだけでも、足を運ぶ価値がある。

漬物とスープはお替わり自由。

この日は漬物というか、キャベツ。卓上の麻辣油をかけて食す。

冬瓜とトマトを使った美肌と疲労回復に良いスープは、口当たり滑らかな溶きたまごも

たっぷりで食べさせる力も持っている。素材の味を大事にして、塩味は薄め。

中華風煮込みハンバーグには、空芯菜のガーリック炒めが同行。

五香粉香る肉団子は箸で切れる柔らかさで、口に含んだ瞬間から、

豊潤な肉の旨味を放ちつつ、ふわ~っととろけていく。

ともかく、ふわふわ度、肉溶け感が半端ない。

ソースにしても、もっと濃いもの、と想像していたのだが、くどさがなく、

スマートな味わいで品が良いのだ。

酔蜀椒雪糕(青山椒のアイスクリーム オレンジ甘酒ソース)

デザートは別注文。おしぼりの差し替え、中国茶(ジャスミン茶)のサービスあり。

フレッシュな青山椒と柑橘系のソース、アーモンドの食感が織り成す

甘くて爽やかな美味デザート。お試しください。

会計は、店が伝票を管理しているため、そのまま席を立つ。

接客は、昼も変わらず、とても丁寧で感じが良い。

レジで、羊肉水餃は、セットでなけば食べれないのかと尋ねると、

ランチで用意しているものは、すべて単品でも注文可能とのこと。

無念!それも食べたかった。

農家楽は、こってり系で飯の進む料理かと勝手にイメージしてた自分だが、

シェフにかかるとひと味違うのだと実感。洗練されている。全種類制覇を目指したい。

 

老四川 飄香 麻布十番本店 (ラオシセン ピャオシャン)

東京都港区麻布十番1-3-8 Fプラザ B1F

TEL      03-6426-5664

営業時間/  11:30~14:00(L.O) 18:00~21:30(L.O)

定休日    月曜

※ランチ満足度数は、4.5~5.0

2014年9月 1日

2014年9月1日

1409

(ノブロー) 敬老の日はハッピーマンデー制度で、9月第3月曜日だで。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »