2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 北京飯店(五目肉まん) ランバダ | トップページ | 桃源邨 (トウゲントン) 横浜中華街 »

2014年12月24日

真不同(チェンプートン) 広尾

Chenputon

広東料理「真不同」(チェンプートン) 再訪

香港厨師が腕を振るい、厨房次第ではリクエストにも応じられるという魅力的な当店。

出拳さんより宴会のお誘いを受け、大喜びで参加させてもらいました。

※注意:宴會の料理はすべて特別註文で前々から足を運んでお店と相談し
食材、調味料等も私が持ち込んだものもあります。
ですからここのレポートをコピペして持って行っても料理はでてきません。
                                                    -journaux 出挙・親力親為 より抜粋-

出拳さんがお店と相談のうえ、当方へお知らせいただいた情報によると、菜單は

・鹵水焼味拼盆・大豆芽炒豚大腸・豉油皇煎大蝦 ・老火煲冬瓜老鴨湯加去湿料
・雙菇栗炆鷄 ・清炒油菜 ・紅炆海斑 ・九菜炆猪紅 ・蝦子野菌炆豆腐 ・南乳蓮藕炆猪肉
・鹹魚炒飯 ・合桃湯丸♡

さすが、香港ツウの出拳さん。献立も中国語(広東語)表記。

しかも、料理は「唔要放味精・鷄精」(味の素・鶏がらスープの素不使用)で、

お願いしてくれているという。感謝。

字を一つ一つひろい、メニューの解読を図る。多くは使用食材と調理法から成り立っているので、

見当を付け料理をイメージしておく。 

この時点で、もう心は香港グルメ旅行だ

 

当日は現地集合。10名ほどでの会食になる。

入店し、案内を受けたのは、右手側に沿った片側ソファ席。

テーブルクロスを2枚重ね、調味料を備えた卓上には、箸置き、箸(縦置き)、

そして取り皿がセットされた。料理は大皿でのサーブ。

宴に先立ち、当店のシェフ(香港人)よりご挨拶があり、スタートする。

鹵水焼味拼盆

鹵水は、①豬耳(豚ミミ)、②豬肚(ガツ)、③蛋(タマゴ)。

焼物は、④脆皮燒肉(皮付き豚バラ肉のクリスピー焼き)、⑤叉焼。

ガツの下処理も素晴らしく、鹵水のスパイス加減が香港をしのばせる。

どれも期待値以上の出来栄え、一皿目から感服した。

自家製のXO醤かな。貝柱がたっぷりでおつまみ力あり。

ぽってりマスタードはお好みで前菜に。

蝦子野菌炆豆腐

蝦子(エビの卵)、キノコ(タケノコ、干しシイタケ)、厚揚げ豆腐の煮込み。

干しシイタケの旨味に蝦子が風味を深め、味がしっかり染み込んでいる。

もったいぶらない美味しさがチャーミングだ。

韮菜猪紅

これ、うんまい!豚の血を固めたものだけれど、見た目は赤こんにゃく?!

ぷるんとした猪紅を箸でつまみ、口に含むとしっとりとして生具ささがなく、味わい深い。上手だなあ。

鹵水と並び心を奪われた。美味い。

雙菇栗炆鷄

具材は、骨付き鶏肉、干しシイタケ、栗など。

鶏肉は骨からほろっと外れ、栗の甘みが活き、季節を感じさせる素朴な煮込み。

大豆芽炒豚大腸

豆もやし、大腸の炒めもの。

スープに使った材料のお披露目。一同の視線を奪うのは、鴨を始めとした漢方食材たち。

圧巻!なんだか、これだけでも身体にパワーがみなぎってくるようだ。

老火煲冬瓜老鴨湯加去湿料

素材力によって、味に独特の深みとニュアンスが息づいたスープ。

色味は濃いのだけれど、味はナチュラル。

余計な味がしないため、物足りなさを感じる方もいるそうだ。

豉油皇煎大蝦

醤油煎り焼き。海老の身しっかり。歯を入れると健やかでぷりっとした食感に顔が綻ぶ。

清炒油菜

芥蘭のシンプルな炒めもの。シャキシャキとした歯触りが心地良し。

煎鹹魚

「リーペリンソースにつけて、いただくと美味しいですよ。」

出拳さんに教えてもらって、真似をする。

クセのあるしょっぱさとリーペリンソースが出会い恋をした。こりゃあ、いい。

酒の肴にちびちび食べていたい感じ

南乳蓮藕炆猪肉

豚バラ肉にダイナミックに切られたレンコンの食感が頼もしい南乳を使った煮込み。

食物繊維が豊富で身体を温める働きも期待できる根菜は冬にいただきたい素材。

ボリュームも嬉しい。

紅炆海斑

揚げたハタの醤油煮込み

うぉぉぉーー!これもご馳走感が凄い。とろんとした皮のあたりや骨回りをしゃぶりつくし

柔らかい身を口にする。味が濃い目なので、白飯との相性も抜群。

鹹魚炒飯

食事は、ハムユイチャーハン。大歓迎♪

先ほどの紅炆海斑あたりでお腹も満足しはじめていたけれど、これは別腹。食べずには帰れない。

ハムユイ独特の発酵系の香りと旨味が食を進めさせるのだ。

合桃湯丸

かの西太后も愛飲していたというくるみ汁粉。ぽってりとした口当たりで、くるみの濃度が高い。

白玉を噛むと中には、粗挽きの黒ゴマがみっしり。ツブツブ密度が喜ばしく、

最後まで楽しませていただいた。

(レンタロー) 中国茶ももらえたんだ♪

 

出拳さんが、お店と相談し、リクエストしたという料理の数々。

シェフは、日本人のリクエストではなく香港人が頼む料理だよ、と驚かれていたそう。

なかなかいただけないような香港の普段着っぽい料理が、目にも楽しく、舌をも満足させてくれた。

出拳さんは、料理人のやる気を引き出すのが上手な方だ。凄いなあ。

通常では知り得ることのできなかった店の真の実力を体感できた。

前回、生意気な感想をもった自分の未熟さを恥じ入るばかりで、失礼をお詫びする。

また、このように実り多い宴にお声掛けいただいたことにも、厚くお礼を申し上げたい。

出拳さん、ご尽力頂き、本当にありがとうございました

最後に、当店でも、広東二段重で、おせち料理の販売がある。10/1~。

記録をつけるのが遅くなってしまったが、来年度のためにも覚えておきたい。

 

真不同(チェンプートン)

東京都港区西麻布4-22-11 MIC西麻布ビルB1

TEL          03-5766-6116

営業時間/ 月~金 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:30(L.O.21:30)
                   土・日・祝 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日     年中無休

※中国料理満足度数は、当然別格Crown04

« 北京飯店(五目肉まん) ランバダ | トップページ | 桃源邨 (トウゲントン) 横浜中華街 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事