2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 神田 雲林(ユンリン) | トップページ | 謹賀新年2015 »

2014年12月31日

中国料理 小花 (コハナ) 有楽町

Photo

中国料理 「小花」(コハナ)

場所は、JR有楽町駅国際フォーラム口を出て徒歩2分ほど。新東京ビル B1Fのレストラン街内。

店頭にはサンプルが置かれ、ランチのテイクアウト弁当も販売もされている。

入店すると、さっそく店の年配女性が声をかけてくれた。

彼女の指示に従い、一人飯の自分は、カウンター席の端に振り分けられた。

「ご注文は?」席に着くや否や、聞いてくる。メニューは出されず、口頭説明。

しかし、つっけんどんなわけではない。

昼は麺のみの提供で4種類。

ネット情報によると、金胡麻を練って作るクリーミーな担々麺が好評を得ているが、

選んだのは、季節湯麺のカキそば。

「少し時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」

もちろん快諾。これが食べたくてやってきたのだ。

注文を伝え、椅子の背に上着をかけ、態勢を整える。

店側からは、テンポよく、ロゴ入り箸袋に入った割り箸、使い捨て紙おしぼり、氷水がサーブ。

卓上にはピッチャー(氷水)があるのでお替わりはセルフ。

ほか、辣油、酢、胡椒、爪楊枝などが置かれていた。

赤と黒をアクセントカラーにしたカジュアルな店内は、カウンター席(5)、角テーブル、

丸テーブルを設け、ターンテーブルをつけている卓もあり、ぐるなびによると総席数65席。

肩が凝らずに食事ができる雰囲気だ。

ランチタイム、付近に勤めるサラリーマンやOLで混み合うため相席は必然的。

今回、カウンター席に通されたのは偶々だったのだろう。

鮮蠔湯麺 (新鮮!生牡蠣のスープそば)@1,030 

季節湯麺は、秋冬シーズンにいただけるカキそば。受け皿付きでのサーブ。

すべてのランチには、コシヒカリ 100% の白飯がセット。

ザーサイを脇にのせ、小碗で控え目盛り。湯麺が到着するちょっと前に置かれた。

箸袋から取り出した割り箸を手に、醤油ベースのスープの中に潜り込んだ麺をさぐる。

少し縮れた中太クラスのもっちり麺で、食べ応えを感じさせる力強さがある。

上には、下味をつけ、片栗粉をまぶし、さっと油通しをした生牡蠣を、タアサイ、

エリンギ、ネギと炒め合わせものをのせている。

カキのサイズはまちまちだが、素材そのものの旨みと下味の甘みがスープにも入り込む。

個数が入っていたので、はじめは麺をいただきながらつまむ感じで食す。

火入れ後もジューシーさが損なわれていないし、

また、衣が浸りとろんとしたところを、白飯にのせて頬張るのが美味いのだ。

この時期、来店するお客様は、「カキそば」を注文する声が多い。それも納得。

冬の代名詞「牡蠣」をふんだんに使ったシーズンのお楽しみ湯麺は、

値段以上の満足感を与えてくれることだろう。

 

中国料理 小花 (チュウゴクリョウリコハナ)

東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル B1F

TEL      03-3211-8570

営業時間/11:00~14:00 17:00~22:00(L.O.21:00)

定休日   土・日・祝 

※ランチ満足度数は、3.7~5.0

※ 2014年、拙ブログの“年越しそば”として、皆さまにお届けしました Ojigi

今年もお世話になりました。良いお年をお迎えください(o^-^o)/~

« 神田 雲林(ユンリン) | トップページ | 謹賀新年2015 »

03.東京23区(千代田・中央)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事