2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 雪谷飯店 (ユキガヤハンテン) 雪が谷大塚 | トップページ | 崎陽軒 特製シウマイ »

2015年1月24日

新台北(シンタイペイ) 別館 浜松町

Photo

台湾屋台料理「新台北(シンタイペイ) 別館

当店は下北沢に本店をもつ「新台北」の浜松町駅前店。

JR浜松町駅北口を出て右折。オフィスゾーンと商業ゾーンからなる複合ビル、

汐留ビルディングの2Fに出店している。

店頭に並ぶスタンド看板には、土・日・祭日限定のランチメニューも紹介(利用日は休日)。

入店するとカジュアルな服装のスタッフさんから声掛けを受け、レジに近いテーブル席に着く。

中華系のBGMが流れ、赤い中国提灯の下がる店内の中ほどには、カウンター席を配し、

その周りをテーブル席(片側ベンチソファ含む)でレイアウト。

紅色を効果的に使い、ビル内の店舗に屋台風を演出している。

ぐるなびによると、総席数は42席。

しかし、休日のランチはそこまでお客様が入らないのか、カウンター席の卓上半分ほどはコップが占拠。

私の利用したテーブル席には、取り皿が重ねられ、赤い中華箸は箸立てにまとめて。

ほか、爪楊枝とメニュー。

手際よく、タオル地のおしぼり(直置き)と氷入りのレモン水が置かれ、注文を伝えると、

あっと言う間にセットの小鉢(ジャガイモ、ニンジン、キュウリの和え物)も登場してきた。

台湾辛そば(中辛)@890

ランチタイム限定(11時~16時)。辛さは、小辛・中辛・大辛からチョイス可能。

レンゲを差し込みサーブ。これも早いご到着。

青菜、もやし、肉そぼろ、油豆腐(揚げた豆腐)を細かく刻んだようなもの、も入っており、

中ぐらいの太さの麵は舌触り滑らか。

朱色がかったスープを口に含むと、唐辛子の辛味にはじめビリッと。次いでひりり。

メニューによると、秘伝の辛みだとか……。

味にじっくりとした奥行は求められないが、このチープな味わいが台湾屋台風で憎めず、

底に沈んでしまうそぼろ類をレンゲで救出しつつ、スープもぐいぐい進んだ。

自身は中辛チョイスだが、辛いものが好きな方には、容易にクリアできる辛さである。

食事後半のタイミングには中国茶(温)のサーブあり。

会計は卓に置かれた伝票を持ち、レジにて済ませる。

駅近、アイドルタイムなしで営業されているようなので、何かと使い勝手良し。

また、メニューも豊富なので、中華飲みにも重宝しそうな1軒だ。

 

新台北 別館

東京都港区海岸1-2-20  汐留ビルディング2F

TEL            03-5402-3503

営業時間/  月~金 11:00~23:00(L.O.22:30) 土・日・祝 11:00~22:00(L.O.21:30)

定休日     無休 (年末年始を除く)


※ランチ満足度数は、3.5~5.0

« 雪谷飯店 (ユキガヤハンテン) 雪が谷大塚 | トップページ | 崎陽軒 特製シウマイ »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-6.台湾料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事