2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 一品香 (イッピンコウ) 渋谷 | トップページ | 神田 雲林(ユンリン) »

2015年2月20日

喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋

Photo

温故知新中国料理 「喜臨軒」(キリンケン) 定期再訪→前回

ランチセットのスターターは蒸しスープ。

副菜(小皿料理)は、鮮魚の春雨ガーリックソース蒸しをチョイス。

砂肝のスープになるのかな。花椒(ホール)が浮かび奥行のある味わいだ。

ガーリックソースの味加減良し。食べ終わっても、この醤油ベースのソースは、手放さずにおこう。

(レンタロー) シェフーー!オラのシューマイは~~Love

別名“キングオブシューマイ”Syumai が気になって仕方がない拙ブログマスコットに

優しく手を差し伸べてくれたのは、フロアを担当するお兄さんだ。感謝。

本日も肉々しく、ジューシーなシューマイは、やはり当店の絶対のエース。マストアイテムだ。

広東風蒸しハンバーグ土鍋ごはん“青菜と煮玉子添え”@1,200

シェフのチャレンジ精神は素晴らしい。

冬のこの時期、食べたい煲仔飯をきちんと押さえている。

ミンチ肉にはシイタケや角切りにしたタケノコも入り、食感アップ!歯触りもリズミカルだ。

同時にサーブされた醤油ベースのタレをかけていただくのだけれど、ちょっと待て。

その前に先ほどのガーリックソースを使い切り、ひと口。うんまい。

次は、置かれたタレをじゃばじゃばかけて、レンゲでがしがし蒸しハンバーグも

煮玉子も崩して混ぜ込む。

米は長粒米ではないけれど、それでも十分に楽しく、まかないご飯のように気取らず

食べれて、かつ美味しいのだから文句はない。

今度は、籠仔飯にもチャレンジしてもらえたら嬉しいな。Yahho01

デザートとお茶菓子

追加デザート(+200円)。楊貴妃の愛した『クルミのお汁粉』とカスタードのお餅。

これは懐かしい、当店に初めてお邪魔したときに登場したのもこのカスタードのお餅だ。

さらっとして、つぶつぶ度の密なお汁粉の中には小さな白玉入り。心優しいデザートたちだ。

 

シェフの気まぐれによって入れ替わるランチメニューにも、定番ばかりではなく

香港料理に対する情熱を感じ取ることができた。やはり、当店から目を離すことができないなあ。

 

喜臨軒 (キリンケン)

東京都世田谷区池尻3-2-5 コンフィアンス流来 B1F

TEL   03-5787-6982

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O)18:00~22:30(L.O)

定休日    日曜(但し、第1日曜日のみ営業)


※中国料理満足度数は5.0 (*^・^)ノ特別。

« 一品香 (イッピンコウ) 渋谷 | トップページ | 神田 雲林(ユンリン) »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事