2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 台灣物産館 笹塚本店 | トップページ | 鴻運(コウウン) 新店 新橋 »

2015年3月20日

華錦飯店 (カキンハンテン) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、市場通りの「華錦飯店」 (カキンハンテン) 再訪

前回訪問時に課題としたリーズナブルな築地直送の海鮮ランチをいただきに来ました。

入店すると、1階の片側ソファのテーブル席はお客様ですべて埋まっていたため、

振り分けは6名用のテーブル。

「混雑時には相席をお願いします」

自身は一人飯だ。勿論、このテーブルを独占するつもりはなく、申し出に異存はない。

壁際から詰めて座る。

卓上まわりは変りがないため省略。

しかし、今回は一人のため、ランチをさっさと食べて帰る客、と店側に読まれたのだろう。

(お願いすれば出してくれるのだが)グランドメニューは渡されなかった。

正解。本日は当店のランチを食べに来たのですよ。

ランチメニューは、築地直送(3種)、定番ランチ(3種)、麺セット(2種)からなり

意中の築地直送、各600円(税込)の献立は

1.白身魚の甘酢ソース、2.カレイの特製醤油あんかけ、3.イカの塩胡椒揚げ、であった。

カレイの特製醤油あんかけ@600(税込)

ご飯、スープ、漬物、杏仁豆腐付き。

角盆にのせ、箸を手前にセットして運ばれてきたが、前回の単品チョイスと比べ、圧倒的な早さだ。

当店ランチも人気で、見ると注文も定番ランチや麺セットより、築地直送が多く出るため、

ある程度の下準備をしているのだろう。

磯の香りのする塩仕立てのスープには、ワカメ、豆腐、溶きたまご。口当たりもよくあっさり飲める。

カレイはきちんと揚げたて。

特製醤油の味が私のイメージしたものとは異なり、甘みと酸味が混じり、

これは甘酢ソースの応用系かしらと、想像をめぐらせる味わい。

しかし、ベタな甘さではなく、口当たりはさらっとしているので、

このソースも掬い白飯にかけ、カレイの身をのせていただく。

最初に歯の入る表面のカリっとした部分と、淡白で柔らかい身のしっとりさ加減が

食感のコントラストとしても楽しめる。

また、あんかけがしみて、くたっとなったところもご飯と友好関係を築くのだ。

お供の人参、ピーマン、タマネギたちも、この睦まじさ祝福しているかのように付き従う。

うんまい。お魚ご飯、大好きだ。

 

食事の後半には私の利用している卓にも男性2名が座られ、店内はなかなかの盛況ぶり。

デザートの杏仁豆腐も平らげ、レジで支払いを済ませると、感じの良い女性店員さんより

「ランチは週替わりになりますので、よかったら。またお待ちしています」

と言葉をかけてもらった。ぜひ、来ようと思う。

 

華錦飯店 (カキンハンテン)

神奈川県横浜市中区山下町126-22

TEL       045-212-3853

営業時間/  11:00~ラストオーダー23:00

定休日     無休

※横浜中華街満足度数は、4.3~5.0

« 台灣物産館 笹塚本店 | トップページ | 鴻運(コウウン) 新店 新橋 »

01-2.横浜中華街」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事