2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 麻布長江 香福筳  ジャパンレストランウィーク2015 | トップページ | 東京餃子楼(トウキョウギョウザロウ) 学芸大学店 »

2015年3月 4日

香氣(コウキ)四川麺条 学芸大学店

Photo

香氣」(コウキ)四川麺条 学芸大学店。

場所は東急東横線、学芸大学駅の改札を出て右手の東口の商店街を進行し、徒歩5分ぐらい。

紅色の外観に「担担麺」の、のぼり旗も確認できるので、容易に見つけることが出来る。

当店はL字型のカウンター席のみ。

上着は自分でハンガーにかけ壁のフックに吊るせるものの、人が通るのがやっとなぐらいになる。

店内の券売機で、食券を購入し、空いている席に座り、カウンター上に(食券を)出すと、

麺の希望を聞いてくる。当店は、中細ちぢれor細麺ストレートを選び伝えるシステムなのだ。

「 細麺ストレートで」

自身の発券したのは紅担担麺。

あとからカウンターの貼り紙で気が付いたのだけれど、担担麺には中細ちぢれが合うそうな。

そういえば、来店者のほとんどが中細ちぢれをリクエストしていた。

また、11:00~17:00迄はライス無料サービス(お替りOK)のため、つけるか聞かれたが、

お腹はそこまで空いていないため辞退した。

 

卓上の調味料は花椒、青山椒、香味酢、胡椒、辣油。

他には、レンゲ、穴あきレンゲ、爪楊枝、割り箸、紙ナプキン。水はピッチャーからセルフで。

カウンターの端には、黒い紙エプロン・ヘアゴムも用意されおり、

ご自由にということなので、使わせてもらう。

紅担担麺@740

唐辛子印1。

中央に小さく山を成すのは、肉そぼろ、水菜、白ネギ、そして唐辛子が1本、

紅のシンボルとしてトップの座に君臨する。

胡麻を主張させた、さらり系スープで、悪くないけれど、味の立体感が乏しく思え

そのため大きなインパクトにはつながらない。

また、唐辛子印1だが、自身の辛さの耐性からすると、さほど辛くはない。

手もとで、卓上の花椒・青山椒を活躍させ、麺を啜り、

最後は穴あきレンゲで底に沈んだ肉そぼろを掬い食した。

なお、お帰りの際は、各自使った食器をカウンター上部にあげるよう、

貼り紙に書かれているのでそれに従う。使った紙エプロンも同様だ。

 

当店はこのほか、都内に数店舗有し、フランチャイズ展開しているのだろうか。

四川のスピリットは感じぬものの、一定の味は守られているようなので、

お値段からしても、日常的な担担麺として不足なしである。

 

香氣 四川麺条 学芸大学店

東京都目黒区中央町1-17-12

TEL     03-5721-0805

営業時間/ 11:00~翌4:00

定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

※ランチ満足度数は、3.5~5.0

« 麻布長江 香福筳  ジャパンレストランウィーク2015 | トップページ | 東京餃子楼(トウキョウギョウザロウ) 学芸大学店 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事