2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 中国菜 膳楽房(ゼンラクボウ) 神楽坂 | トップページ | 華錦飯店 (カキンハンテン) 横浜中華街 »

2015年4月15日

四川DINING 望蜀瀘(ボウショクロ) 赤坂見附

Photo_2

四川DINING 「望蜀瀘」(ボウショクロ)

最寄り駅は、東京メトロ赤坂見附駅又は赤坂駅。一ツ木通り沿いのヤブタビル2F。

某日は3名での会食で現地集合。

奥行きのある店内は、テーブル席のみのレイアウト。

スタッフさんの案内で四川スパイスの並ぶ厨房前を通過し奥の4人掛け席へと誘導された。

時間帯が早いこともあり、先客は1組だが、すぐに、その卓上に並んだ料理から漂う

むせるような辛い空気に圧倒された。

着座後、メニューが渡され、取り皿、箸、業務用タオルおしぼり(直置き)がセットされる。

酒はエビス樽生(中ジョッキ)@500からスタートし、自身は紹興酒(グラス)@500に進行。

料理はグランドメニューからのアラカルト注文です。

お通しの豆腐干丝(押し豆腐の糸切り)と山椒の効いたスパイシーピーナッツ。

調子にのって、ナッツをつまんでいると、ビリビリ度が蓄積されてくるから侮れない。

锅仔肥肠(モツ鍋)@1,850 唐辛子印3

豆もやし、タケノコ、香菜。

フレッシュな唐辛子も入り、花椒の香りも鮮烈で旨味の層が深く、

食べ進めるにしたがいモツが甘く感じてくるのは四川マジックだ。

本気の辛さに、1皿目で顔面から汗が噴き出てくる。

干煸冬笋(竹の子の辛味炒め)@880

豚挽肉、漬物を、唐辛子、ニンニク、ネギ、生姜、醤油などで調味し、タケノコと合わせた

濃い味のピリ辛い炒め物。

麻婆豆腐(マーボー豆腐)@980

コクのある辣油に花椒が効き、味に重厚感があり、辛味の中にしっかりとした旨味が映える

本場味で、食べていてくどさを感じさせず、柔らかめの豆腐の味を上手に引き立ててくれる。

同行者推しでオーダーしたが、なるほど彼を虜にした麻婆豆腐に脱帽した。

辣子鸡胗(砂肝と唐辛子炒め)@1,680 唐辛子印3

山盛りの唐辛子にフレッシュ感のあるグリーンの花椒が目にも鮮烈だ。

お宝探し状態で砂肝を拾い上げ口に運び、スカッとした爽快感のある辛さとに恍惚となる。美味し!

水煮魚(魚の四川風煮込み)@2,200 唐辛子印3

キャベツ、セロリ、キクラゲ、豆もやし、香菜など。

豆鼓もちゃんと入っていて、表面の油効果で冷めにくい。当店、油使いは上々。

爆発的な辛さとしびれる旨さ、四川マジック炸裂で切り身の魚が甘く優しく感じるのだ。

Hand01 お会計は、1人当たり4,000円(千円未満四捨五入) 

場所柄、料理のお値段は良いのだが、直球勝負の四川で味に振幅もある。

同行者曰く、本物の四川かどうかは汗でわかるとのこと。名言だ。

少し暑苦しくもある汗が本場四川のパロメーター。

身をもって体験し、大いに勉強になったのです。

 

四川DINING 望蜀瀘

東京都港区赤坂4-2-5 ヤブタビル2F

TEL       03-3588-6693

営業時間/  11:00~14:30(平日のみ営業)17:00~24:00

定休日     無休          -店舗情報「食べログ」より-


※中国料理満足度数は、4.0~5.0

« 中国菜 膳楽房(ゼンラクボウ) 神楽坂 | トップページ | 華錦飯店 (カキンハンテン) 横浜中華街 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事