2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 中華香彩 ジャスミン(JASMINE) 広尾 | トップページ | Sai (サイ) 中野 »

2015年4月22日

喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋

Photo

温故知新中国料理 「喜臨軒」(キリンケン) 定期再訪→前回

某日はディナー訪問。

リクエストは、最近シェフが力を入れている鴨のオーブン焼きと、新作の鮑焼売、春の春巻。

またハマグリとレタスを使った腐乳炒めを事前に相談し、これらを含め、

予算は6,000円のコース仕立てでお願いした。

利用はいつものカウンター席だが、各卓には「Reservation」 の札がずらりと並ぶ盛況ぶり。

当店のファンとしてはこれが嬉しくてたまらない。上着をかけてカウンター席に着座。

テーブル・セッティングなどは、変わりがないため省略。

当店、菜譜の用意はなく、サーブ時に口頭説明を受けるスタイル。

前菜3種

1.麻辣豆腐・・・自家製豆腐は、フルフルとした豆花(豆腐花)仕立て。
  豆鼓の苦味とコクが味に立体感を出す。シェフの秘めたる四川魂が炸裂だ!

2.砂肝、香菜とナッツのソース・・・臭みのない砂肝の軽快な歯ごたえを山椒と合わせた
  爽やかなソースで。

3.スルメイカの紹興酒漬け・・・漬け加減良好。素材の味も楽しめる。

(レンタロー) うわーんNakigao2  厨房が見えねえだぁ。シェフーー!オラのシューマイは?

私達同様、当店が大好きなブログマスコットである。

調味料がいっぱいだからキミの入るところはないのよ。大人しくしましょうね。

エゾアワビ姿煮のせ鮑焼売

【リクエスト1】 焼売のニューフェイス。別名“クイーンオブシューマイ”Syumai

002 (寝太郎) うっひょー♪すっげえビジュアル!僕はこれ楽しみにしていたんだよ。

(レンタロー) ノブロー、クイーンオブシューマイはインパクトあるべ!

(ノブロー) おお!香港を意識してきただな?シェフのチャレンジは続くだ!

鮑は店できちんと蒸し、コクのある特製海鮮ソースでコーティング。

手切りしたジューシーで肉々しい歯触りをそのままに、カットしたアワビのシコシコと

した食感も加わり、贅沢な美味しさを伝えるものになります。

春の春巻

【リクエスト2】 今年は何を包んで春を伝えてくれるのでしょう。

マイルドな味わいのマスタードソースもセット。

ぱりっとした皮を噛むと熱々の餡がみっしり。

菜の花、うるい、そら豆、ホタテのほか、鹹蛋(アヒルの塩漬け卵)をペーストにしたものが

入っておりコクを深めている。このままの味で十分。季節感を味わえるリッチな春巻だ。

春筍とマコモダケと茄子の香り塩炒め

ぴりっとした辛さがお酒のお供に最適!

軽く粉をつけ別揚げした素材を香り塩で仕上げた新作。

フランス鴨のオーブン焼き 喜臨軒風

【リクエスト3】 納得のいく仕入先が見つかったとのことで、メニューに登場した鴨のオーブン焼き。

香り塩、レモン汁、リーペリンソースはお好みで。

皮目はぱりっと香ばしく、こだわり抜いただけに、鴨肉はむっちりとして

力強い弾力があり、ジューシーで濃厚な旨味あり。

やや骨まわりのあたりが赤く、部分的に身離れが気になるところだが、肉質は抜群。

レギュラーメニュー化は喜ばしい。

別皿には、甜麺醤を使い中華クレープ巻いた鴨肉も提供される。

このプレゼンも嬉しいものである。

さらに一皿。こちらは豆板醤と甜麺醤で調味したさいの目切りの肉をチコリーにのせて。

いろいろと考え、変化をつけて提供してくれるため、食傷せず食べる楽しみをもつことが出来た。

鮮魚の姿蒸し

わお!マハタだW01

「今日は状態が良いものがはいりましたので」と予期せぬ清蒸!

お魚好きとしては大歓迎です。

健やかなる美貌のマハタを解体するのは、自分たちの仕事。

その身質の良さは素晴らしく、口に含むと、シコシコとした弾力。

中骨あたりの身離れと、もう少し皮がとろりんとしていると、私としては、なお嬉しいが、

“低温蒸し”でしっとりと仕上げるのが当店のスタイルである。

このあたりは火加減の違いなのかもしれない。

特製ブレンドの醤油だれにピーナッツオイルでコクと風味をつけたソースは、

魚の身とともに白飯にかけていただきたいところですが、コース料理はまだ続くので我慢。

【リクエスト4】 ハマグリと青菜の腐乳炒め

ぷっくりと肉厚のハマグリ。おそらく吟味して揃えてくれたのだろう。

少し腐乳の量が多く、クセが前面に出てしまったように思う。

001 (寝太郎) ちょっと待ってよ!当店、腐乳炒め、通常メニューにないよ。

リクエストに出して、初めてのチャレンジだったんじゃないか。僕はそれが嬉しいよ!

(ノブロー) んだ!こん料理は、艇家さんでごっちゃんになった“炒め”を管理人が

食べてえと無理言うてお願いしただ。シェフは快く応じてくれただ。懐が深えよ。

……まったくである。要望ばかり多くて本当に心苦しく思う。反省。

(レンタロー) えへへ、シェフや厨房の兄ちゃんが見えただ♪ 〆は何作ってくれんのーーLove

隙あらば(隙間あらば)、仕事ぶりを拝見したいブログマスコットである。

鴨肉の汁そば

〆にはシェフのアイデアでお楽しみがあった。

先ほどの鴨で出汁をとったスープでつゆそばが登場したのだ。

鴨肉に同行するのは、睡蓮菜、冬瓜、黄韮。

下準備の段階で鴨肉自体を少し塩漬けしているため、ここで使う塩は控え目に

鴨出汁のそのものの味を生かす。

つゆを口に含むとミルキーなコクがあり、それでいてあっさり。このバランス感が心憎い。

鴨肉を最後まで堪能させてもらい、心のこもったコース料理をいただけて感激だ。

(レンタロー) これも素材に対するシェフの愛情だで。こん店は情熱大陸なんだよ。

デザートは以前と変わり、夜も昼と同様ケーキとセットになった小さいサイズ。

これならお腹が満ちていても、余裕でいただける。

大人味のプーアル茶のプリンと心安らぐソラマメのケーキだ。

酒は、缸缸好(ガンガンハオ)のボトルヴェルデホ(ボトルワイン白)の他に、

プレミアムモルツ樽生を数杯。

Hand01お会計は、1人当たり13,000円(千円未満四捨五入)

今宵も食事を楽しく終えることが出来た。これが大事なのだ!大満足。


「腐乳炒め、僕の中でねって煮詰めてちゃんとしますから!」

見送りに出てくれたシェフからの嬉しい言葉だ。

料理の完成度が高い店は多々あるけれど、当店ほど可能性を感じ通える店は数少なく、

だからこそ、提供された料理毎に興奮できるのだ。

これもシェフの真面目な人柄と料理に対する前向きな姿勢によるものであり、

私にとって、信頼できるシェフなればこそ、僭越ながら忌憚なく、生意気な意見を

言わせてもらいましたが、足を運ぶべき価値ある一軒だと思っている。

※シェフが研究を重ね、現在、腐乳炒めはメニューに登場したとのことである。

 

喜臨軒 (キリンケン)

東京都世田谷区池尻3-2-5 コンフィアンス流来 B1F

TEL   03-5787-6982

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O)18:00~22:30(L.O)

定休日    日曜(但し、第1日曜日のみ営業)・月曜日ランチ

※中国料理満足度数は5.0 (*^・^)ノ特別。 断然定期訪問。

« 中華香彩 ジャスミン(JASMINE) 広尾 | トップページ | Sai (サイ) 中野 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事