2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 | トップページ | 味坊(アジボウ) 神田 »

2015年4月24日

Sai (サイ) 中野

Sai

中華料理「Sai」(サイ) 再訪

ランチに一人で立ち寄ったので、食器の並ぶカウンター席の利用。

厨房内のスーパーボイラーには、蒸籠が並び湯気がもくもく立ち上がって熱気が凄い。

その中で一人作業をこなすのが宮田シェフだ。相変わらず、今日もなかは暑そうだなあ。

先日夜に訪問したこともあり、軽く挨拶を交わし、スタッフさんから渡された

ランチメニューから料理を選ぶ。

青のりそば@800+白鶏飯(蒸し鶏のせごはん)小@570

単品とサイドメニューをつけた2品をオーダー。

――旨い!

青のりは徳島産。

クリアなスープに、抜群に風味の良い青のりがしっくりとマッチし、シンプルだけれど、

味わい深い一品で、聞くとこのそばを熱烈に支持するファンの方も多いのだとか。 

大いに納得。私もその声には賛同したい。

サイドメニューの白鶏飯。

蒸し鶏も脂肪の嫌なぶよぶよがなく健やか。しっとりとして後味が綺麗だ。

卓上醤油の使用は好みですが、葱塩だれで味が整えられているため、このままで十分。

想像以上の美味さに、サイズは大@900でも良かった、と思わせるほどだ。

 

青のりそばと白鶏飯、我ながら自身の嗜好に適正なチョイスと一人にんまり。

こういうシンプルさが映え、あっさりいただけて真面目な美味しさを胃袋は欲しているのだ。

これなら、毎日でも食べたいと思える味だが、徳島産の青のりは終わってしまうのだとか。

しかし、当店のシェフのことだ。

産地は変われど、きちんと旨い青のりそばを提供してくれることだろう。楽しみだ。

ランチメニューは定番化している上に数が少なく、いろいろ組み合わせを変えても

コンプリートは難しくはない。

この付近に仕事ができたため、またランチも定期的にお邪魔させてもらおうと思うが、

当店の魅力は夜のグランドメニューにある。絶品の蒸し魚をいただきにディナーにも訪れたい。

 

Sai(サイ)

東京都中野区野方1-6-1

TEL     03-6454-0925

営業時間/ 平日ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00) 土日ランチ12:00~14:30(L.O.14:00)
               全日ディナー17:30~22:30(L.O.21:30)

定休日    月曜日(月曜が祝日の場合は火曜休み)     -店舗情報「食べログ」より-

※中国料理満足度数は、4.0~5.0 (*^・^)ノ 断然定期訪問。

« 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 | トップページ | 味坊(アジボウ) 神田 »

04.東京23区(新宿・中野・杉並)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事