2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 天天厨房(テンテンチュウボウ) 千歳烏山 | トップページ | Sai (サイ) 中野 »

2015年5月25日

萬来亭(バンライテイ) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、市場通りの上海料理の「萬来亭」 再訪

某日は1階テーブル席の一部を利用しての宴会仕様。

以下の料理は、すべて幹事さんが、事前に店側と打ち合わせをしたうえ、

提供されたものなので、今回の料理に興味のある場合は、お店に確認を行い相談等を願います。

当方へお知らせいただいた情報によると、菜單は

1. 糟醉豬手 2. 白灼魷魚 3. 紅燒茭白筍 4. 油淋鷄 5. 蚕荳燒仁鯧魚
6. 宋嫂羹湯 7. 擔擔麵 8. 拔絲紅薯

料理は「不要放味精、鷄精」(味の素・鶏がらスープの素不使用)で、

お願いしてくれているというが、ケースによっては混入もやむなし。

なお、すべて大皿での提供です。

卓上には、ロゴ入り箸袋に入った箸、取り皿、使い捨て紙おしぼりが準備。

参加メンバーが揃ったところで宴がスタートする。

糟醉豬手

前菜盛り合わせから始まると思いきや、いきなり豚足の先制パンチがきた!

――うおぉぉぉー!

大皿を囲むメンバー一同から歓声が沸き起こる。

山盛りの香菜を背負った豚足が登場したのであった。

まさか一皿目から豚足が来るとは……。自分にとって意外性のあるプレゼンに驚いた。

インパクト大!宴会の大家、幹事さんの企画力の凄さ。宴の骨格の太さを思い知る。

「タレつける?」店のおじさんが声をかけてくれる。

豚足自体は味付き。しかし、そのままで何個も食べるのは飽きるかもしれない

との配慮から刻みネギの入った甘みのあるタレがセットされた。

 

丁寧に下処理をした臭みのない豚足にかじりつくと、皮は歯に適度な弾力を伝え、

コラーゲンのぶるんっとした食感にほんのりとした塩気が追行した。

――なんだ、これ、めちゃくちゃ美味いぞ!

握りしめた豚足をしみじみ見入る自身が滑稽にも思えたが、その美味しさに

カルチャーショックを受け、すっかり魅了されたのだ。

勿論、そのままでも良いが、タレの味にもしっくりと調和した。本場力に感服です。

白灼魷魚

イカは味が馴染みやすいように表面に飾り包丁を入れ、ネギと香菜でこんもりとした山を形成。

調味のベースは中国醤油で、生姜の風味がきりっと味をひきしめ、

香味野菜と共に柔らかいイカを楽しめた。

紅燒茭白筍

タケノコとマコモダケの醤油煮込み。

艶々と照りのあるビジュアルは視覚的にも食欲を刺激する。

口に含むと、キノコはシャキシャキとした食感で、味は蠣油や味噌を加えたようなコクがあって

胡椒がたっぷり。 気取らない美味しさがここにある。これは白飯にも合いそうだなあ。

油淋鷄

ひょっとしたら鶏をまるっと1羽?!

ダイナミックなプレゼンに歓喜。これぞ宴会の醍醐味ですよ。

バリッと揚げたチキンに刻んだネギとさっぱり甘酸っぱいソースが好相性。

(鶏) ……あ、頭に毛が2本。アタシとしたことが(汗)。

脳ミソ狙いの皆さんの熱視線を感じるわーー。

蚕荳燒仁鯧魚

魚はマナガツオ。

立ち上げる香りの良さに一同拍手喝采!

ソースは味に醗酵系の深みがあり、やや塩気を感じるけれど、これが食材とマッチし、

ソラマメのホクホクとした食感と身のふかふか感がダブルで楽しめ、しみじみ系の旨さ。

この味、凄うま!ソースごと白飯にかけて食べたくなりましたよ。

宋嫂羹湯

ハタのスープ。

とろみスープに角切りに形をそろえたハタや野菜もたっぷり。

胡椒も効いて、食べ応えを感じさせ、おかずにもなり得る懐の深い味です。

擔擔麵

上海式の擔擔麵。青菜と存在感のある大きめの肉そぼろ。

麺はもっちりとした平打ち太麺♡ さすが老舗製麺所を営むだけあって美味い!

スープは辣が効いて、さらりとキレの良い辛さで、麺と抜群のコンビネ力を発揮した。

拔絲紅薯

ほろ苦いビターな甘さが魅力の大人の大学芋を堪能し、宴はお開きとなる。

提供料理8品。

やはり幹事さんの料理リクエストは堂に入っているなあ。脱帽です。

通常ではわかり得ぬ店の真価を引き出した普段着っぽい料理の数々が、目にも楽しく、

舌をも満足させてくれ、参加者一同、中国料理の魅力をより身近に感じられたように思う。

今回も笑顔が絶えず、たいへん実りの多い宴でありました。

みなさま、本当にありがとうございました。

 

萬来亭(バンライテイ)

神奈川県横浜市中区山下町126

TEL            045-664-0767

営業時間/ 11:30~14:30 17:00~21:30(L.O.20:45)

                土・日 11:30~21:30(L.O.20:45)

定休日     木曜日(祝日の場合営業)          -店舗情報「食べログ」より-

※お店の方々をはじめ、ご尽力頂いた幹事さんに感謝であります。
中国料理満足度数は、当然別格

« 天天厨房(テンテンチュウボウ) 千歳烏山 | トップページ | Sai (サイ) 中野 »

01-2.横浜中華街」カテゴリの記事

a-2.上海料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事