2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 台湾小吃 美(メイ) 元住吉 | トップページ | 山西亭 (サンセイテイ) 東新宿 »

2015年6月25日

喜来楽 (シライル) 蒲田

Photo_2

台湾家庭料理「喜来楽」 (シライル) 

場所は、蒲田駅西口。東急線からも当店を望むことができるのですが、機会を逸し訪問ははじめて。

丁度、先客が帰られるタイミングで入店が叶った。1階は狭い空間にごちゃごちゃ物が溢れ、

カウンター内にはマスターが居て客の注文を捌き、ママさんは後ろの席のお客さんと談笑中。

こ・濃い、この空間は濃すぎる……。(;´・ω・)

「美」さんのあとなので、軽く〆をいただいて帰りたいが、とりあえずビールを注文しよう。

缶ビール@500

ここではグラスなどは出されないようだ。塩のがっちり効いたピーナッツはお通しかな。

こいつを口に放り込み、缶のまま、ぐびぐび飲むべし。

ママさんが常連さんに配っていたので、「こっちも、ちょうだい!」を連発し、勝ち得た戦利品。

エノキを店先で干したらしい。

大腸麵線(小)@400

お目当ては麵線。サイズは小で。

ホルモンは少ないけれど、香菜はたっぷり。

鰹ダシが効いたとろみのあるスープが、細くて柔らかい麵線に絡みつき、

こいつをずずっと、すすり上げると、胡椒ががっちり効いてピリリと美味し。

なお、好みで使えるように調味料が置かれ、説明はなかったが、卓上びんが香醋、

赤いのは豆板醤タイプの辛味調味料だろう。

変化をつけるため、使用も試みたが豆板醤を入れると、辛味に加え

塩分が強くなり、味がきつく感じられた。

(ノブロー) 変化球をつけてえなら、香醋が合うだよ。

地元民である寝太郎さんでさえ、当店へは入りづらいオーラを感じるらしいが、

蒲田らしいディープさと楽しさが魅力の台湾家庭料理店。

お会計はきっちり一人900円でした。

 

喜来楽 (シライル)

東京都大田区西蒲田7-60-9

TEL   090-4527-3392

営業時間/ 17:00~24:00          -店舗情報「食べログ」より-

« 台湾小吃 美(メイ) 元住吉 | トップページ | 山西亭 (サンセイテイ) 東新宿 »

07.東京23区(大田・品川)」カテゴリの記事

a-6.台湾料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事