2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 | トップページ | 福臨門 家全七福 by SEVENTH SON 銀座店 【閉店】 »

2015年6月 8日

龍皇 (Ron Kou) 自由が丘

Photo

Chinese Dining「龍皇」 (Ron Kou) 

最寄り駅は自由が丘。

南口を出てメルサ裏の緑道、魚菜学園の裏手の道沿い。「香旬」さんの近くでもあり、

東急東横線からも当ビルを望むことができるので、一度お邪魔したいと願っていました。

某日はランチ訪問。

店はビルの2階だが、通りにはメニューボードスタンドにランチ案内がでているので、

日替り内容を確認のうえ、階段を上り入店した。

カジュアルモダンな店内は右手に厨房を備え、その前にカウンター席(5)と

テーブル席(片側ソファ含む)というレイアウト。総席数は20席ぐらい。

窓の多い造りなので日中は明るい。気詰まりを感じず利用できそうだ。

利用はカウンター席の端。窓際に着座することができた。

先客はテーブル席に2組。この日の昼(平日)、店は調理から食器の後片づけ、会計まで

すべてシェフ一人で切り盛りしているようで、大忙しだ。

他のお客様の注文した料理が出来上がるタイミングだったらしく、私はしばらく待ちの体制。

ひと段落したところで、茶、氷水、メニュー、使い捨て紙おしぼりが運ばれてきた。

セットのランチメニューは日替りを含めて6種類(ライス・サラダ・スープ・ザーサイ・デザート付)。

ほか、湯麺、焼麺、炒飯、あんかけ飯が数種類と夏季限定の冷し麺の用意もあったが、

セットから肉と春雨の炒めを選んだ。

先陣を切って登場したのが、セットのサラダ。

同時に箸も渡してくれたので、まずはこれから攻略せよという指令かな。

オマケ感の否めぬ、鶏肉のせ簡単サラダですが、醤油タイプのドレッシングもたっぷり。

これなら簡単にクリアできそうだ。

炒菜粉絲(肉と春雨の炒め)@800

遅れること少し。ほかのセットメンバー(ライス・スープ・ザーサイ・デザート)は主菜に

付き従い角盆でサーブ。これらは主菜の四方を囲む四霊獣というところだろうか。

ご飯は上品盛りだけれど、お替り無料ということなので良心的だ。

スープは、昔懐かしい醤油味。

表面に散らされた刻みネギが儚げですが、町の中華屋さんで炒飯を注文した際に

見かける(炒飯の)親友であります。

さて、メインの肉と春雨の炒めは、糸切りの豚肉、キュウリ、タケノコ、春雨を

醤油等をベースに調味したもの。

味がしみ込み、とろんとした春雨を白飯に乗せ、ダブル炭水化物祭りを開催!

ちょっぴりこってりテイストを白飯が優しく受け止め、普段着の味が箸を進めさせるのだ。

デザートはつるんとした口当たりの杏仁豆腐。ボリュームが嬉しい。

以上、無事完食であります。

今回のランチ、セット内容も充実させているし、800円というお値段ならば日常的に愛せそう。

店の入り口脇には「東興軒製麺場」の木箱が置いてあったので、次回は積極的に

麺にもチャレンジしてみたいが、

訪問日、一人で営業されていたのでオペレーションの悪さが目に付いた。

水やお茶のお替りを要求するお客様のため、セルフで対応できるようにすれば

良いのではないか、と思った。また、ランチタイムでも喫煙可でした。

 

龍皇 (Ron Kou)

東京都世田谷区奥沢5-29-10 自由が丘リブレビル2F

TEL    03-6715-6097     

営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日   火曜日

※ランチ満足度数は3.5~4.0

« 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 | トップページ | 福臨門 家全七福 by SEVENTH SON 銀座店 【閉店】 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事