2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 金春本館2号店 蒲田 | トップページ | ICE MONSTER OMOTESANDO (アイスモンスター) 原宿 »

2015年7月 6日

Chinese Restaurant Essence 南青山

Photo_2

Chinese Restaurant 「Essence」(エッセンス) 再訪

某日はランチ利用。事前に電話を入れたところ、昼の予約はコース料理のみとのこと。

当店は、『24節気ごとに旬の食材と薬膳の知恵を使い、身体と心への優しさに
こだわったコース』を提供しており、11:30~16:00までとその営業時間が長いのも嬉しい。

ランチコース:二十四節気のランチコース(芒種ぼうしゅ) @3800
  (6月5日~6月20日頃)を2名でお願いした。

(ノブロー) 今日は新しい友達が参加してくれてるだ。カープファンのキイロイトリ君だな。

予約の旨を伝え案内を受けたのは、店内中ほど、右手の2人掛けテーブル席。

テーブル・セッティングは、カトラリーレスト、箸(縦置き)、ナイフ、フォーク、レンゲ置き、レンゲ、

ペーパーナプキン。タオル地のおしぼり(トレー置き)をいただき、グラスに水が注がれるが

ドリンクメニューより、生ビール(グラス)@500を注文。今回はワイン・フリーフローは見送ります。

さて、卓上には当該コース料理のお品書きはなし。

料理は進行をみながら全て各自分での提供で、サーブ時に丁寧な口頭説明を受けられる。

(アミューズ) 細切りシャキシャキジャガイモの山椒オイル和え

新ジャガイモを千切りにし、山椒の香りをうつしたオイルで和えた冷菜。

ビリビリとした痺れるような辛さはなく、素材の素直な旨さとシャキシャキとした食感を楽しめた。

(前菜) 3品盛り合わせ。

霜降りホタテ貝柱の梅紫蘇風味・・・ホタテ貝柱の中心部分はレア。
  ほんのりとした甘さのある梅紫蘇ソースで味わう。       

ヤシオマスとトウモロコシの芥子マヨネーズソース・・・低温でしっとりと仕上げた
  ヤシオマスを、フレッシュなスイートコーンと芥子マヨネーズのソースに合わせて。

北海道産 水タコの柔らか蒸し パプリカソースかけ・・・蒸した水タコはブツ切りで。
  確かに柔らかいのだけれど、お年を召した方だとやはり噛み切りにくいと思う。
  私ももう少しカットしてもらった方が食べやすかったな。        

(海鮮料理) 海老と季節野菜の唐辛子&バジル風味炒め

「唐辛子は召し上がらないでください」

ぷりっと弾力の頼もしい大海老を季節野菜と合わせ、四川省の唐辛子とバジルを

使い炒めたもの。この日の野菜は、スナップエンドウ、ホワイトアスパラガス、ネギ。

立派な唐辛子を使用しているが、刺激的な辛さはなく、風味が微かに残る程度。

非常に穏やかな炒めである。

(肉料理) あべ鶏の香り焼き クミン風味で炒めた新タマネギ・トマトのせ 

岩手産あべ鶏を低温でじっくりロースト。

付け合わせたソースにはトマトと新タマネギの仄かな酸味と甘みが効き、

クミンの風味と香りがくっきりと主張するエスニック風の炒め。

しかし、再訪までの期間は空いているけれど当店のコースをいただく度に、

あべ鶏が登場するなあ。本当に定番なのかも?       

(レンタロー) 中華から、ちいと離れた路線だな。シェフの独創性が活きているだ。

(蒸しスープ) 人参・キクラゲ・チンピ・干し海老・鶏肉の蒸しスープ

当店のチャームポイントは、素材の生命力を生かした旨味の深いスープにある。

今回はコースの後半に提供。

鶏肉はほろほろで、ごろごろサイズの人参の甘みが口に優しく、味付けの塩は控えて。

飾り気のない広東の家庭でいただけるような温かみのあるスープが胃袋を満たし、

好感度を引き上げるのだ。       

(食事) 黒豚バラ肉の冷しゃぶをのせた胡麻タレ冷麺 

「この後お食事で冷麺になりますが、お腹がいっぱいなようでしたら、少し少な目にも
ご用意できますが、いかがいたしましょう。」

通常でお願いしたが、女子でも楽にいただける分量。選択は正しかった。

嬉しいことに予め器も冷やしてある。

食べる際にはざっくりと混ぜ合わせて。

薄くスライスした黒豚バラ肉は柔らかくて自然な甘みがあり、中細麺に絡む胡麻タレは

酸味が優位したすっきりとした味わい。野菜も一緒にいただけるのでヘルシーだ。

(デザート) フレッシュマンゴープリン

フレッシュマンゴーを添え、口当たりはぽってり。濃厚な甘味で香りも高い。    

(お茶) しょうが紅茶

ガラスの耐熱ポットでサービス。HPによると熊本県産の生姜入り「天の紅茶」とのこと。

生姜がきつすぎず、砂糖や蜂蜜を使わずともそのままで飲める丁度良い味わい。

ゆっくりいただくと、ぽかぽか温まり代謝も上がってくる感じだ。

Hand01 自身の会計は、4,300円。サービス料はかからず。

「ありがとうございました。お忘れ物ございませんでしょうか」

退店時には、笑顔の素敵な店長さんが丁寧に表まで見送りをしてくれた。

当店、昼の営業時間が長いこともあり、時間帯が不規則な自分にとって使い勝手もたいへん良い。

また、ひょっこりお邪魔させてもらいたいなあ。

 

Chinese Restaurant Essence(エッセンス)

東京都港区南青山3-8-2 サンブリッジ青山 1F

TEL      03-6805-3905

営業時間/ 月~金11:30~16:00(L.O.)18:00~22:00(L.O.)
              土・日・祝 11:30~22:00(L.O.)

定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

http://chinese-essence.jimdo.com/

※ランチ満足度数は、4.0~5.0

« 金春本館2号店 蒲田 | トップページ | ICE MONSTER OMOTESANDO (アイスモンスター) 原宿 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事