2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 2015年8月1日 | トップページ | エンジン (ENGINE) 神楽坂 »

2015年8月 2日

ひろ武 (ヒロタケ) 根津 【閉店】

Photo

中華料理「ひろ武」 (ヒロタケ)

最寄り駅は東京メトロ千代田線根津駅。

1番出口を出て右折し、根津一丁目の信号を渡り言問通りを上った道沿い。

注意すれば、紹興酒の甕を確認できたのだろうが、主張しすぎない外観のため、

パッと見は中国料理店というよりも洋食屋さんのよう。

某日は千駄木に住む友人とランチ訪問。

横にスライドする引き戸を開け入店する。

「いらっしゃいませ、どうぞ。」

薄暗い店内は正面奥に厨房を配し、卓は6卓のみで総席数16席ほど(個室なし)。

この日は調理から片付け、フロアの応対まで、店主一人で切り盛りしている。

そうしたことも影響しているのか、時間は13時30分ですが満席。

私たちは指示のあった入口近くに卓を1つ使わせてもらい、2人掛けテーブル席で利用。

隣との間隔は狭いため、話は筒抜け状態です。

 

卓上には、醤油、酢、胡椒、紙ナプキンが用意。

忙しそうな店主より、冷たいお茶、業務用タオルおしぼり(直置き)、ランチメニューが

サーブされた。見ると、献立はお粥、炒飯、定食2種とその品数も多くはない。

お粥セット@850

角盆には、レンゲ(2)と箸を手前に置き、粥のセットメンバー総動員。

仕切り皿には、ピリッと甘辛のキュウリのピクルス、中華スパイスの香る煮豆、揚げワンタン皮。

小鉢には肉みそがけ皮蛋豆腐と、デザートでスイカを浮かべた杏仁豆腐もスタンバイしている。

揚げワンタン皮は、迷うことなく一気に粥に投入。

はじめはかりっと次第にくたっとが食感として楽しいのだ。

粥は米粒が割れた状態で軽くとろっと。

ベースの出汁も真面目だし、ほんのり生姜が香り品よく美味い。

青菜のほか、レンゲで探るとタケノコ、干しシイタケ入りの肉団子が3個も隠れていて、

ふんわりとした食感に手作りの温かみを感じた。

仕切り皿のピクルスや煮豆を箸休めに、中盤には小鉢の豆腐を単体で食すことを決意。

粥と相性の良い肉みそ、皮蛋、香菜を投入し、私好みにカスタマイズだ。

当店の肉団子は嫌味のない味で好感度が高いのだが、辛味の効いた肉みそも実直な

旨さで粥に貢献してくれた。意外にボリュームのある粥だったが、その味の良さと

メンバーの活躍で食傷せずにきちんと完食。

食後にツルンとした口当たりで甘さの優しい、柔らかな杏仁豆腐をいただき、

当該ランチに値段以上の満足感を得ることができた。

店主は手が空いたタイミングで、各卓の茶を注ぎ足し、お客様の退店時には

入口まで見送りにと、細かい気配りで休む間もなくフル回転だ。

その味は手抜きのない日本人シェフの真面目さが表れていたので、他の料理にも期待大。

当店へ歩いて通える友人が羨ましいなあ。

 

ひろ武 (ヒロタケ)

東京都文京区弥生2-12-2

TEL      03-3815-0005

営業時間/月~土 11:30~15:00(14:30LO)18:00~22:00(21:30LO)
          日・祝 18:00~21:00(20:30LO)

定休日   不定休          -店舗情報「食べログ」より-

※ランチ満足度数は3.9~5.0

« 2015年8月1日 | トップページ | エンジン (ENGINE) 神楽坂 »

10.東京23区(文京・豊島・練馬・板橋・北・)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事