2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 三徳堂 (サントクドウ) 銀座 | トップページ | 大珍樓(ダイチンロウ) 本店 横浜中華街 【閉店】 »

2015年8月11日

中国料理くろさわ東京菜 大森

Photo

中国料理「くろさわ東京菜」 定期再訪

某日は2名での利用。予め電話で席の予約をしている。

一般的に昼の予約はランチコースのみ、という店が多い中、当店は席のみの予約が可能。

注文は入店後に決めれる。これは最寄り駅からのアクセスが芳しくない、

ということも関係しているのだろうが、利用する側にとって有り難いことだ。

 

ティーポットでサービスされる中国茶(ジャスミン茶)は時節柄、冷たいもので提供。

さて、最強のおかず天国!本日のBランチ@1,600は――。

前菜2種盛り

注文時、前菜がお任せになるため苦手食材、アレルギー等の確認あり。

丁寧な確認作業やランチといえど料理説明を怠らないところも、好感度の高さに繋がっている。

①豚の煮凝り揚げとプチトマトの杏露酒漬け・・・焼売皮の生地に包み、からっと揚げた
  独創性のある煮凝り。

②カツオのたたき、福耳とうがらしのオキアミソースがけ・・・オキアミソースは当店の万能選手。
  薬味使いで、味に幅をもたせてくれます。 

細かな仕事ぶりがうかがえる気の利いた前菜たちは酒を誘う。

また、いつも温かく迎えてくれるお店に対し、自身はたまのランチしか訪問できていない。

この場面では、ドリンクぐらい別注文しなければ心苦しい。

と、何かと理由をつけ、プレミアムモルツを――。

前菜を食べ終わる頃になると、主菜がご飯とスープ(溶きたまご)を従え登場し、

そこに副菜たちが追行してきた。百花繚乱!卓はおかずの花盛りだ。

①鶏胸肉 四川風香り炒め・・・本日のメイン。

②アサリ、ひき肉、豆腐の蒸しもの・・・ひき肉の塩分にアサリの旨味も加わり、
  さり気ない美味さが心憎い。

③メカジキの揚げもの・・・コクのある豆鼓ソース仕立て。オクラを添えて。

むっちりとした鶏肉に、カボチャ、パプリカ、ピーマンなどと豊富な野菜使いで

くろさわワールドが展開。具材に均等に味がまわり、野菜はそれぞれに適切な食感で

主役の鶏肉をサポートし、ボリュームも頼もしく、やんわりとしたピリ辛さで白飯を進めさせる。

また、炒め物で油っこさから生じる食後感のダメージがないのも素晴らしい。

枝豆の浮かぶ出汁の効いたタレが薄からず濃すぎずベストな塩梅でご飯と好相性!

もちろん、白飯にすべてかけるべし。

蒸し物が美味いとテンションがあがるなあ。

デザート

この日は2種。苦瓜のゼリー(左)、タピオカとスイカのココナッツミルク(右)。

ゼリーの苦味とスープの甘みが絶妙にコントラストするスイーツと

スイカの瑞々しい甘さが季節感を添えるココナッツミルク。

さすが、女子力アップの当店、デザートも精妙で充実している。

そして、最後まで手を抜かぬシェフの志の高さに脱帽です。

挨拶に席まで来てくれた奥様の話によると8月はじめに、福建省のご実家に戻るので、

店はお休みになるそう。

そろそろ戻られている頃だから、私も女子力を高めに、また寄らせていただきたいなあ。

 

中国料理くろさわ東京菜

東京都大田区山王2-36-10 石毛第2ビル

TEL   03-5743-7443

営業時間/ 11:30~14:00(13:30LO) 18:00~23:00(22:00LO)

定休日    月曜日

※ランチ満足度数は、3.8~5.0 必・定期訪問(*^・^)ノ

« 三徳堂 (サントクドウ) 銀座 | トップページ | 大珍樓(ダイチンロウ) 本店 横浜中華街 【閉店】 »

07.東京23区(大田・品川)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事