2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 神楽坂 五十番 本店 (カグラザカゴジュウバン) (ミニ肉まん) | トップページ | 聘珍樓(ヘイチンロウ) 日比谷店 »

2015年9月18日

広東料理 Foo (フー) 松陰神社前

Foo

広東料理 「Foo」 (フー)

場所は東急世田谷線、松陰神社前下車。世田谷通り沿い。

ディナー訪問に際し、予め予約の電話を入れ、コース料理の有無を尋ねたところ、

3,800円と5,000円があり、その内容も丁寧に教えてくれたが、これらは当日でも

受付可能であるとのこと。ならば、連れ(寝太郎さん)とグランドメニューを見たうえで検討したい。

今回は席のみの予約でお願いした。

店の前に付くと外装工事中でしたが、店の営業には支障なし。

扉を開けると、大きな黒板が印象的でスタイリッシュな店内が目に飛び込んできた。

BGMにも洋楽が流れ中華料理店というよりビストロ風なイメージで、

右手のオープンキッチン前にカウンター席を配し、シーリングライトの下、

左手は片側ソファのテーブル席が続く。

先客は数組いらしたが、リザーブされた一番奥の4人掛け席に着く。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(縦置き)、コースター。

着座後タオル地のおしぼりが直置きされた。

卓上には、醤油をはじめとする調味料とグランドメニュー類が置かれていたため、

さっそく手に取り作戦会議。黒板と日付入りの(本日)メニューは同じものもあるようだけれど、

ここはコースよりアラカルトでの注文が楽しそうだ。

厨房にはシェフを含め男性3名、フロアは男性が一人で担当。

なお、当店は木、金、ハッピーデー(アルコール類が500円)。

偶々だったが該当日で小さくツイていた。スタートはビールから。

また、当店はワインの種類も豊富だ。次はお手頃なミュスカデ@2,800(税込)×2を注文。

その際チェイサーで水をお願いすると、デキャンタで用意してもらえたのは有り難かった。

山芋の老酒漬け@500

――山芋は短冊切りかと思ったらこうきたか。

老酒漬けは山芋&小さな胡瓜。漬け込む際にはニンニクなども入れているのだろう。

見た目どおり深々と漬かっていて味が濃く塩辛い。

酒の肴になる味で、飯にも合いそうだ。

こういうのが一切れ、外買の焼味飯の端っこにでもついていたら嬉しいだろうなあ。

と自由な発想をした。

天使の海老 湯引き ピリ辛醤油タレ@1,600

サーブ時にはフィンガーボウルがセット。

天使の海老は大きめのサイズでネギが下に敷かれている。

ピリ辛醤油タレは豆鼓も入り若干塩辛かったので、素材の持ち味を生かすよう

ちょっと漬けでいただく。

海老はそのままで食べても身が甘くて、しっかりとした旨味があったが、

やはり湯引きには才巻き海老が好みだ。

008 (寝太郎&ノブロー) それ、完全に神の影響だよ……。

清蒸鮮活魚(鮮魚の広東式姿蒸し 熱々油かけ)アカハタ380g@3,000

「失礼します。アカハタお持ちいたしました。身の方取り分けましょうか?」

と言葉を添えてもらったが、自分でトライしてみたい。

(ノブロー) 管理人!「Sai」さんの奥さんに倣うて頑張るだ!

 

取り皿を3枚もらえたので、まず白ネギと香菜を別皿に移し、ナイフとスプーンを

駆使して解体する。もちろん頭の部分を別皿へキープするのもsaiさん仕込みだ。

最後に白ネギと香菜を戻し、タレをかけて作業終了。

本日のアカハタは2人でシェアするのに丁度良い量だ。

骨周りににも火が通りレア感はなかったが、身はふっくら潤っているし、

皮もとろんとしてコンディション良好。

タレの味も濃すぎず、オイルが効いてきっちり美味い。

白飯をもらって、身をのせ、タレをドバドバかけて掻き込む自分を想像するが

まだ先があるのでここはちょっと我慢だ。辛い。

 

次の料理に移る前には、おしぼりの差し替えがあった。

青菜とピータン、塩タマゴの煮込み@1,400

春雨も微量だが参加。煮込みスープには塩タマゴのコクも加わり、ニンニクが効いて味は濃厚。

咸魚蒸肉餅(塩漬け魚入り香港式ハンバーグ)@1,500

色白のふっくらボディ。ぱっと見は蒸しハンバークというより、すり身を合わせたおでん種。

頂には白ネギと香菜が盛りつけられ、タレの味はあっさりとしているが塩分はきっちり。

ハンバーグには細かくカットしたイカも入り、口にしたときハムユイというよりツナに

近い風味を覚えたのに驚いた。物足りなさはあるが、香港式に対するパッションを持ちつつ

当店流に新化を見せた蒸しハンバーグなのだろう。

Hand01会計は、1人当たり7,000円(千円未満四捨五入)テーブルチェックにて。

当初イメージしていたよりカジュアルで、広東料理をメインとして気負わず楽しめるダイニング。

訪問日、明らかに地元の方と思われるお客様も多く、店は賑わいを見せていた。

 

広東料理 Foo (フー)

東京都世田谷区若林3-15-3

TEL   03-5432-9598

営業時間/ 17:00~23:30(L.O)

定休日    火曜日

※中国料理満足度数は、3.6~5.0

« 神楽坂 五十番 本店 (カグラザカゴジュウバン) (ミニ肉まん) | トップページ | 聘珍樓(ヘイチンロウ) 日比谷店 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事