2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 老舎 (ロウシャ) 半蔵門 | トップページ | 2015年11月1日 »

2015年10月30日

福臨門 家全七福 by SEVENTH SON 銀座店 【閉店】

Photo

高級広東料理「福臨門 家全七福」 再訪

香港通で写真家の菊地和男さんを囲む会食。参加メンバーも当然“香港好き”が集った。

テーブル・セッティングは、ナプキン、カトラリーレスト、箸(縦置き)、レンゲ、茶杯(ソーサー付き)、

グラス(2)。着座後には、タオル地のおしぼり(トレー置き)の提供があり、菜單も各自分用意。

また、白いテーブルクロスを広げたターンテーブルには、塩、胡椒のほか、好みで使える

XO醤(左)と辛味豆板醤(右)もセット。

以下の料理は、すべて幹事さん達が、事前に足を運び、店側と打ち合わせをしたうえ、

提供されたものなので、今回の料理に興味のある場合は、お店へ確認相談等を願います。

開始時には菊地氏よりご挨拶があり、会食が進行するが

これらの料理は、大皿で供されるものと、各人ごとのポーションで供されるものが

入り混じったスタイルで、基本、大皿の場合はお披露目後に店側で取り分けてくれた。

焼味拼盆1

焼味拼盆2

①滷牛腱、②涼拌海蜇、③蜜汁叉焼

新鮮出爐!本日の焼味もすこぶるジューシー。

ぷりっぷりのクラゲも味に嫌味がないし、すでに前菜で広東料理の最高峰と謳われる、

その風格さえ感じる。

(レンタロー) オラも参加だ。フロアの姉ちゃん、また来たね、言うて覚えてくれてただ。

ここの滷牛腱はスパイス加減が絶妙!最高にうめえんだ。非常鐘意♡

例湯(各自分)

蓋を取った瞬間に物凄く良い香りがした。

お姉さんに聞くと「蓮藕章魚煲豬」とのこと。最後の一文字が曖昧なのだが

蓮藕章魚煲豬踭(湯)のことかなあ。詳しくは不明。

レンコン、干しタコ、アイスバインなど。

塩で味付けをしないため素材による力が大きく、乾貨含みのスープは旨味の層が奥深い。

ほこほことしたレンコンを頬張り、スープを一滴残さず平らげ、しみじみとした美味しさに

酔いしれる。日本で食べれる喜びに一同大感激。

小籠包

蟹子焼売

この2つの點心は、菜單では記されていなかったもの。小籠包には針生姜付き。

デリケートな皮に包まれた美麗な小籠包には、肉汁の旨味が詰まった熱々スープが

たっぷりで、ふわっとした肉餡は口の中でとろけていくよう。

黄色い皮は香港ファンにはたまらない重要なポイント。

がっしりと存在感のある豚肉と海老にも香港への思慕を募らせ嬉し涙です。

(レンタロー) お茶はメンバーさんが厳選した茶葉持ってきてくれたんだ。多謝晒呀!

栗子炆鶏

熱辣辣!じゅうじゅう音をさせて運ばれてきたのは、季節感のある栗と鶏肉のとろ火煮込み。

むっちりした鶏肉にホクホクとした栗の甘みが優しい。味付けも濃すぎず丁度良い塩梅だ。

(ノブロー) ナイスな組み立てだな。呢個好呀

陳皮牛肉餅

香りの良い陳皮を入れた蒸しハンバーグ。

メンバーさんがスマホを横に置いてくれたけれど大きさわかるかな。bigです。

しっとりと柔らかな肉餅に合わせ

のせて食べると抜群の相性の良さを発揮するジャスミンライスも登場!

蝦子豆腐

さらに白飯の恋人が追いかけてきました。

揚げた豆腐と蝦子の煮込みはライスがばくばくいける美味しさ。

大良炒鮮奶

揚げビーフンは別皿で。

蟹肉とアスパラのふわっふわの卵白ミルク炒め。上に散らされているのは松の実ではなく、

欖仁(乾燥させた中国黒オリーブの種)だそう。

上湯粉絲芥蘭

「わー!わー!」サーブ時には一斉に歓喜の声があがった。

色鮮やかな芥蘭の下には春雨がたっぷり。

これが極上の上湯を吸い込み、人を黙らせるKO級の美味さ!素晴らしい。

鮑汁章魚炒飯(各自分)

干し鮑の煮汁を入れた干しタコと鶏肉の炒飯は当店の看板料理であり絶対のエース。

香港が香るレベルの高い美味さは変わらず。

雪梨銀耳白果糖水

梨、白キクラゲ、銀杏入りの温かいデザートスープで、ふくよかな甘さを楽しむ。

菜單では記されていなかったデザート。

蛋黄千層糕。

鹹蛋のカスタードを使っているのだそう。甘さ控えめ、でも味はしっかり。

蛋散

ねじり揚げ菓子。表面には甘い蜜が塗ってあります。

香港のレストランではサービスで出されることも多いのだとか。

時間をかけていただいたので、お腹もすっかり満ちましたが――。

会食が終わったあとは、菊地先生がサイン・落款を押してくださるというので

銘々に持参した本を持ち並びました。

(ノブロー) ほおお~!すんげえ、スペシャルなイベント付きだ。

(ノブロー) 先生!管理人も本2冊持ってきただ!頼むよ!

(管理人) ノブローさん、ありがとね。先生にもらえたよ。寝太郎さんに自慢してやろうね。

 

最後に残念なお知らせがある。 銀座店は12月末で閉めるのだそう。

駆け込みになるかもしれないけれど、最後にまたお邪魔できると良いなあ。

 

福臨門 家全七福 by SEVENTH SON 銀座店

東京都中央区銀座5-4-6 ロイヤルクリスタル銀座 7F

TEL       03-6215-6996

営業時間/  火~金 11:30~16:00 17:00~23:00
土・日・祝 11:30~16:00 17:30~22:00

定休日     月曜日(但し祝日の月曜日はランチのみオープン)

http://www.seventhson.hk/#home

※お店の方々をはじめ、ご尽力頂いた幹事さんに感謝であります。
中国料理満足度数は、当然別格

« 老舎 (ロウシャ) 半蔵門 | トップページ | 2015年11月1日 »

03.東京23区(千代田・中央)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事