2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 苓々菜館 (リンリンサイカン) 錦糸町 | トップページ | 中華飯店(チュウカハンテン) 横浜中華街 »

2015年10月21日

陽明殿 (ヨウメイデン) 赤羽橋

Photo

中国料理「陽明殿」 (ヨウメイデン)

場所は、赤羽橋下車。ザ・プリンス パークタワー東京 B1F。

HPより、【料理長おすすめの一品】
佛跳牆(ファッチューショー)ランチ@5,500(税込、別途サービス料10%加算)
※期間:2015年6月1日(月)~2015年11月30日(月) 予約制。を申し込み利用。

事前情報によると、その内容構成は、

・フカヒレゼリー ・前菜盛り合わせ ・アオリイカと野菜の炒め ・点心3種セイロ蒸し
・佛跳牆(ファッチューショー) ・花巻 ・杏仁豆腐   という計7品。

レセプションで予約名を告げ、天井の高い店内奥のダイニングへと案内を受けられた。

4人掛け丸テーブルの利用。

テーブル・セッティングは、ランチョンマット、ナプキン、箸置き、箸(縦置き)、スプーン、

レンゲ置き、レンゲ、小皿。ターンテーブル上には醤油、酢、辛子がセットされており、

着座後にタオル地のおしぼり(トレー置き)をいただく。

なお、当該ランチには菜譜の用意があり、全て各自分での提供。スタートに際し

アレルギー等の再確認を受け、飲み物は渡されたドリンクメニューから別注文した。

フカヒレゼリー

ナプキンを自分で膝に広げ待つこと少し。各料理はサーブ時にも口頭説明あり。

フカヒレゼリーにカボチャのムースを合わせたものだが、カボチャの味が勝ちすぎて

フカヒレの実態が希薄。この組み合わせは勿体ないように思えた。

前菜盛り合わせ

①クラゲの冷菜(海蜇皮)、②ウニと卵白のムース、③広東式叉焼、④クリスピーローストポーク

⑤タコのマリネ、⑥サーモンと胡瓜の湯葉巻き

 

①のクラゲは、繊細なホテル中華路線ではなく大衆っぽいベタな味わいで、ある意味王道。

②・⑥・⑤は中華から逸脱し和食をイメージさせた。

④のクリスピーローストポーク(脆皮燒肉)は赤身肉を使っており、パサパサとして硬い。
  腩肉(バラ肉)でないのが残念だ。

広東式叉焼は焼きたてではないものの、味付けは悪くないように思う。

アオリイカと野菜の炒め

テーブルへお披露目後、取り分けてくれた。

野菜は、ブロッコリー、ニンジン、シメジ、銀杏、白キクラゲ。

生姜を効かせたあっさり塩炒めで昭和を引きずるクラシカルな味わい。

ブロッコリーの食感が損なわれていたが、味を吸い込んだ白キクラゲが美味かった。

点心3種セイロ蒸し

①フカヒレ餃子(魚翅餃)・・・餡にはフカヒレ以外にニンジンなども。ひょっとしたら五目?!

②焼売・・・辛子醤油の似合う味。

③海老入り蒸し餃子(水晶蝦餃)・・・ぷりっとした海老の食感が欲しいところだが餡はすり身。
  しかし、芝麻醤などを微量加えているのか?味わいは香港風の仕上がり。

キュートなサイズの点心たちをさらっと平らげ、次は待望の佛跳牆だ

実は、このランチを予約したのも佛跳牆がいただけるから。

つまり、これさえ口に合えば今回のランチは成功なのであります。

佛跳牆(ファッチューショー)、花巻

花巻は蒸したものと揚げたものの2種。

揚げ花巻には砂糖をまぶしてあって、世代的に懐かしい学校給食を思い出すわ。

佛跳牆とは乾物を主体とする高級食材を壺に入れ時間をかけて蒸し煮する

福建料理の伝統的な高級壺煮スープ。

当店のものはフカヒレ、アワビ、ナマコ、金華ハムなど13種類の食材を6時間かけて

じっくり煮込んだのだそう。

そのほか具材で確認できたのは、貝柱、うずらの卵、干しシイタケなど。

醤油味ベースで様々な旨みが凝縮し、味には名状しがたい深みがありますが、

しかし、この蒸しスープ、ちょっと水溶き片栗粉でとろみがついていますね。

これで良いの?それとも花巻とのコンビネーションを考えてのことなのかしら?

この点のみ不可解。

 

この頃には、別注文のスパークリング(ノートン・エクストラ・ブリュット/グラス)@800×3も

飲み終えていたため、サービスの飲み物への切り替えタイム。

説明によるとジャスミン茶(温or冷)又は水を選べるということなので、

ジャスミン茶(温)をポット出しでいただいた。感謝。

また、デザート前にはおしぼりの差し替えと爪楊枝がターンテーブルに置かれる。

杏仁豆腐

梨のソースがけ。華やかさはありませんが、スタンダードな美味しさに落ち着けた。

Hand01会計は、追加注文を加算し1人7,000円(千円未満四捨五入)テーブルチェックにて。

席数150席。フロアの中央には紅葉の葉のみ造花とした大きな植木(葉が落ちて汚れ

ないようにとのこと)があり、広々とした空間は多目的に使用できるパーティー会場のよう。

この日も夜は貸切営業になるとのことでした。

 

陽明殿 (ヨウメイデン)

東京都港区芝公園4-8-1 ザ・プリンス パークタワー東京 B1F

TEL             03-5400-1147      

営業時間/  月~金11:30A.M.~3:00P.M.(ラストオーダー 2:30P.M.)
         5:00P.M.~10:00P.M.(ラストオーダー 9:30P.M.)
            土・日・祝日 11:30A.M.~10:00P.M.(ラストオーダー 9:30P.M.)
      ※貸切の場合は営業時間が異なる。

定休日     無休          -店舗情報「食べログ」より-

※ランチ満足度数は、3.4~5.0

« 苓々菜館 (リンリンサイカン) 錦糸町 | トップページ | 中華飯店(チュウカハンテン) 横浜中華街 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事