2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 中華飯店(チュウカハンテン) 横浜中華街 | トップページ | 老舎 (ロウシャ) 半蔵門 »

2015年10月26日

沙漠之月(サバクノツキ) 池袋

Photo

中国西北家庭料理「沙漠之月」(サバクノツキ) 

池袋駅東口北より都道305号線をまっすぐ進行し、首都高速5号池袋線を超えた先の左手。

某日は麺キングS氏との会食。話によると、駅からの距離はある上、注意していないと

表に出されている当店の看板を見落とす可能性があるかもしれない、とアドバイスを

受けたので池袋ビッグカメラ本店前でピックアップしてもらい向かった。

到着後、幅の狭いらせん階段を上り、3階まで。ここ、酔っ払いには危ないなあ。

扉を開けると、スナックの居抜きでは?と思える小さな店内でL型カウンターに椅子が5脚という造り。

先客は赤ちゃんを連れた若いご夫婦が1組。私たちが入店したことで、数的には満員御礼となった。

愛想の良いママさんが笑顔で迎えてくれ、初回の緊張感が解ける。

日本語をとても流暢に話すが、彼女(インインさん)は中国の甘粛省出身

甘粛省とは、中国大陸の北西に位置し、西に新疆ウイグル自治区、青海省、
北に寧夏回族自治区、内モンゴル自治区、南に四川省、東に陝西省と接している。  
-wikipediaより-

当店では、中国家庭料理をはじめ、地方色豊かなシルクロードの麺料理がいただけるのだそう。

着座後、使い捨て紙おしぼり、コースター、割り箸が用意され、箸置きは崎陽軒のマスコットキャラ、

ひょうちゃん。なんだか微笑ましいぞ。 

卓上には、爪楊枝、テッシュボックスのほか、黒酢、酢、醤油(2種)、辣油などの調味料が

並んでいるので各自好みで料理に使う。

この辣油は自家製で、一味を三種類、ピーナッツ、唐辛子の種、胡麻、山椒で香りを出した油、

ニンニク・ネギ・ショウガを揚げ(ニンニク・ショウガは)砕いたものが入っているのだそう。

また、キャンディのように見えるグリーンの包みは、おつまみのヤクの肉。ご自由にとのこと。

さて当店、メニューも用意されているが、訪問歴のあるS氏の話だと、その日のオススメを

ママさんに聞き、調理法などを相談しながら調理してもらうのが美味しいものに

ありつくための近道だとか。

お通しは野菜と茹でもやしの和え物。酒は青島ビールを注文。

その次に飲むお酒はどうしよう?

白酒(グラス)もあるけれど、互いに翌日のダメージを考え、紹興貴酒8年で手を打つことにした。

イカゲソと甘唐辛子の炒め

「塩コショウ炒めするか、オイスターソースで炒めるかできます。」

隣のファミリーの注文に便乗し、塩コショウ炒めで作ってもらった。

「中国では辛くない(唐辛子を)探すの苦労するけど、日本は辛いやつ探すの苦労する。」

と、ママさんはとても快活で話し上手だ。

手際よく2組分調理され、できた料理はカウンター越しに受け取る。

箸をつけると、塩味をベースにニンニク、ショウガを効かせ、イカの旨みが味を引き立てた

シンプルで好感度の高い家常炒めで、野菜のシャキシャキとした歯触りも頼もしい。

当店、対面キッチンなので、何でも見えちゃう、見せちゃう。

小さなキッチンには、やはり小さな冷蔵庫があり、ママさんが食材管理。

野菜もちゃんと切るところからスタートするので不必要なお疲れ感がないのだ。

清蒸鱼

店のブログをチェックしたところ、「今日のおすすめ」に清蒸鱼が出ていたので、

食べたいね!と早々に意見が一致。

「魚が買えたので」と出してもらったのは、鮮魚コーナーで購入してきたと思われるような小鯛。

しかし、キッチンを見ると、中華レンジはなく、IHクッキングヒーターじゃないかっ。

私の心の“神”でさえ厨房の設備的な問題で、清蒸を断念したというのに。

どうなるのかな、と興味津々。

魚のウロコを落とすところから始まり、綺麗に内臓を処理し、紹興貴酒8年を表面と腹に

ぴたぴたと塗り、生姜とネギを腹に詰め皿に乗せ、トップにもスライスした生姜をON。

足付き蒸し網(角型)の上に置き、深さのある鍋で一気に蒸しあげてくれるのですが、

一般の家庭にある調理器具でテキパキと作ってくれるので、見ていて飽きないし、

この小さなキッチンで、と思うとつくづく感心した。

たっぷりの白髪ネギをのせ、熱したオイルをかける。じゅーー!

魚の蒸し汁に、オイスターソース、醤油を混ぜ合わせ、魚の周りに流しかけて完了。

「 それだけ、簡単!」とママさん。

身はふっくらと仕上がっているし、タレの塩梅も上々。

もったいぶらない美味しさで、下手な広東料理店の清蒸魚より旨いと思った。

次はリクエストしていたシルクロードの麺。目前で麺生地をくるくると細長く形成し

沸騰した湯の中へ

千切って投入する。

张掖炒炮仗

張掖の名物。炮仗面である。

「どんな野菜食べたい?」

聞くと、麺と一緒に炒める野菜は、食べたいもの、それこそ冷蔵庫にあるものを

入れることでOKなのだそう。

今回、茹で上がった麺に合わせてもらったのは、茄子、キャベツ、トマト、ニンニクの芽など。

味付けには豆板醤が入って、トマトの酸味もプラス。

一見は濃そうな色味だけれど、食べてみると、ちょっぴり日本のウスターソース味に

近い感じで八角がぷんっと香った。

「私は麺を炒めるときに八角を入れるの大好きなの」

ママさんの味で完成したシルクロードソースやきそばだ。

これは手もとで黒酢、辣油が活躍する余地あり。

さっそく試してみると、モチモチとした麺に黒酢が合う!辣油もいい!

素朴だけれど、力強さがあって、好みにアレンジする楽しみと現地力をもつ味だ。

ママさんの話だと

「張掖ではね。搓魚子が一番で二番が炮仗面、きまりがあるの張掖人間には~。」

とのこと。今度は、搓魚子も食べてみたいなあ。

(レンタロー) Sの兄ちゃんとはオラ、もう友達!だで、飯にも一緒に来れるだ

(管理人) 生温かく見守ってもらえてるのよ。お兄さんやママさんにも感謝しなさいね。

水餃

ニラ、ネギをたっぷり使い、山椒、塩、胡椒、干しエビ、中国醤油(老抽)、ゴマ油で調味した

肉餡が、目前で手作りしたパワフルなもっちり皮に包まれて登場。

油をかけたニンニクの特製だれはママさんオリジナル。

これを黒酢、辣油に合わせると、ひと味違ってくるとのこと。

Hand01会計は、1人当たり6,000円(千円未満四捨五入)
※紹興酒はボトル2本分ぐらい飲んでいます。

「豚足とかもみじは中国では高いよ!肉並み。だから中国人喜ぶよ。日本にいると!

もみじがこんなに安いっていうのは。」

 

ママさんは以前、敦煌でお店を営まれていたそうで、話題はその当時の人気メニュー、

カレーにも広がり、時間はあっという間に過ぎた。

アットホームで、食事以外にもコミニュケーションを交わせる店だったなあ。

紹介してくれたS氏にも感謝です。

 

沙漠之月(サバクノツキ)

東京都豊島区東池袋2-63-15 3F

TEL   080-6634-9898

営業時間/ 18:30~23:00(L.O.22:30)

定休日    日曜日・祝日          -店舗情報「食べログ」より-

※中国料理満足度数は4.3~5.0

« 中華飯店(チュウカハンテン) 横浜中華街 | トップページ | 老舎 (ロウシャ) 半蔵門 »

10.東京23区(文京・豊島・練馬・板橋・北・)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事