2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 花梨(カリン) 溜池山王 | トップページ | 威南記 Wee Nam Kee (ウィナムキー) 田町 »

2015年10月 4日

台湾小皿料理故宮 (コキュウ) 渋谷

Photo

台湾小皿料理「故宮」 (コキュウ)

場所は、渋谷109から文化村通りを東急本店方面に進行した道沿い左手のビル4F。

某日はランチにお邪魔しようと思った「sai」さんも「喜臨軒」さんも臨時休業。

両翼をもがれランチ難民と化した自分は渋谷で下車し、先日TVで紹介された当店を目指した。

ビルの奥のエレベーターを降りると、そこはすぐ店内。

“故宮”というので広さをイメージしていたけれど、店は奥行きのある造りで、

厨房前にカウンター席を配し、ソファ席を含め、ぐるなびによると総席数は45席。

ポップなBGMが流れ、天井からは赤い中国提灯が下がり、堅苦しさがなく、

渋谷らしいお洒落感もミックスされた雰囲気だ。

 

店員さんから正面の2人掛けテーブル席の利用を指示された。

この席は正直なところ狭いが、これも時の運。

ピークを過ぎた時間帯であるはずなのに、お一人様を中心に7割方の客入りで、

私の後からも入店してくるお客様が途絶えない。

卓上には、メニュー、灰皿、割り箸は箸立てにまとめて入っていて、着座後には

氷水とタオル地のおしぼり(直置き)をもらえた。

ランチメニューは9種類ほど。

どれもリーズナブルな価格設定で、全品にサラダ、ザーサイ、小菜付き。

スープ、ライスはおかわり自由。大盛りはプラス100円。

ランチ限定サイドメニューも7種ぐらい用意されていたが、こちらは止めておいた。

ランチメニューからオーダーすると、駆けつけてきてくれたのが、

もれなくついてくるセットメンバーたち。この日の小菜は大根とニンジンの煮物、

サラダはキャベツと水菜が軸で、待機疲れがみえ、オマケ感も否めない。

麻辣肉湯麺(マーラーニューロウメン)@780

受け皿付きでのサーブ。手前にはレンゲスプーンが置かれている。

具材は、高菜、細かく切ったトマト、モヤシ、パクチー、牛肉、ハチノスなど。

ボリューム感はでるけれど、少し盛り込みすぎのような気もする。

しかし、牛肉ダシのスープは、トマトのさっぱりとした酸味が麻辣味に効果的に働き、

清涼感のある酸っぱ辛さでレンゲを持つ手を進めさせてくれた。

また、処理の良いハチノスが美味い。これだけ、別注文したいぐらいだ。

一方、麵は日本のラーメン屋さんでもたまに遭遇する、黄色みがかったちぢれ麺。

チープ感漂う麺は、当該スープと好相性とは言い難い。

この麵が苦手となると、魯肉飯の方が正解だったのかもしれないな。

後から来た男性は、ランチメニューから飯物を1品とグランドメニューから担仔麺@200を

選び注文するという巧みなランチ展開を繰り広げた。

当店は夜の利用の方が面白そうだけれど、思いがけず、ランチで実践できる代表的な

台湾小吃の攻略法を学んだのでありました。

 

台湾小皿料理故宮 (コキュウ)

東京都渋谷区道玄坂2-23-13 渋谷デリタワー 4F

TEL            03-3462-6051

営業時間/  ランチ 月~金 11:30~15:00(L.o14:30)※祭日は休み  
            ディナー 月~金 17:00~26:00(L.O.25:00)土 16:00~25:00(L.O.24:00)
                 日・祝 16:00~24:00(L.O.23:00)

定休日     無休(正月休ー12/31~1/1)「1/2~5日 16時~24時まで」
                                        -店舗情報「食べログ」より-

※ランチ満足度数は3.6~5.0

« 花梨(カリン) 溜池山王 | トップページ | 威南記 Wee Nam Kee (ウィナムキー) 田町 »

05.東京23区(渋谷)」カテゴリの記事

a-6.台湾料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事