2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 香港・澳門旅行2015 №16_002 蓮香居 Lin Heung Kui(滋補金牌蛇宴) | トップページ | 蓮香(レンシャン) 白金高輪 »

2016年1月 9日

古月(コゲツ) 新宿御苑前

Photo

中国料理「古月」 再訪

当店は私が注目している店のうちの1軒。

某日はHPより、季節の食養生コース 5,200円(税別)を予約し訪問。

その際の情報によると、メニュー構成は

・前菜4種盛り合わせ ・季節の炒めもの ・季節のお料理 ・養生スープ
・メインディッシュ ・四川マーラー豆腐とご飯 もしくは 季節の養生粥 ・デザート
(内容は季節や、仕入れの都合によって変更になる場合がございます。) という計7品。

氏名を告げ、スタッフさんより案内を受けられたのは、店内奥の4人掛けテーブル席。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(縦置き)、コースター、ナプキン。

卓上には一輪挿しと爪楊枝。

菜譜は各人に置かれ、着座後にタオル地のおしぼり(トレー置き)が供された。

料理は全て各自分での提供で、サーブ時にも口頭説明を受けられるスタイルです。

入店後、私に気が付いた奥様からお声掛けがあり、その奥様が厨房に伝えてくれたのだろう。

シェフからも挨拶を受けられたのでたいへん恐縮した。

美人の奥様と人当たりが良くとても優しそうなシェフ。絵に描いたような微笑ましさで、

お二人の様子を見ている当方まで幸せな気持ちになれるご夫婦なのだ。

ドリンクは、カメ出し加飯酒5年 ポット(300ml)@1,836でスタートから最後まで通した。

おそらくだが、4ポット以上はお替わりしたのではないだろうか。

前菜四種盛り合わせ

「失礼します。前菜の四種盛り合わせでございます。説明させていただきますね。」

①皮蛋豆腐・・・細かくカットしたトマトやキュウリとともに水切りした豆腐を主役の皮蛋と和えたもの。
  塩味ベースにゴマ油が香り、美味しい精進料理テイストです。

②海蜇(クラゲ)と野菜の甘酢漬け・・・野菜はミョウガとレンコン。こりこりとしたクラゲには
  ゴマ油が効き、甘酢とのバランス感が絶妙である。

③大根と毛鹿鮫のフカヒレの醤油煮込み・・・繊維のしっかりした毛鹿鮫を使用。
  こっくりと味がしみ込み大根の甘みも活きている。

④蒸し鶏ネギ生姜ソース・・・キュウリを下に敷き、むっちりした蒸し鶏をネギ・生姜と
  ホワイトペッパーを効かせた深みのあるソースで味わう。

私たちの間では――

(みに:イメージ) 私は①→②→④→③の順で好みかな~。

(寝太郎) 僕は、①→②→③→④だよ!もちろん全部美味しいけどね。

細やかな仕事がなされた前菜は、繊細で味の完成度が高く、我々の好奇心を刺激。

こうして前田シェフの作り上げる料理にぐいぐい引き込まれていくのである。

(季節の炒めもの)蝦夷鹿と葱の炒めもの 焼餅添え

(ノブロー) 焼餅は自家製だな。表面には胡麻がたっぷりだで香ばしい。

赤身の旨さを味わえる蝦夷鹿はシンプルに塩と胡椒で調味し、

時間差で投入された歯触りの良いネギとともにつまめば、酒の良き朋友に。

しかし、それだけではない。このお料理は参加型の楽しいアトラクション付き。

サクサク食感の焼餅にサンドするというドラマティックなお楽しみがあるのだ。

一皿で二度美味しいエンターテインメント性も高い料理の次は――。

(季節のお料理)白菜 栗餡かけ

凝縮した素材の甘みに金華火腿の旨味が味を深化させ、名状しがたい余韻を残した。この味、妙味!

養生スープ

烏骨鶏のスープ。同時に甘酸っぱいタレも運ばれてきた。

生姜、干しシイタケ、淮山、クコの実といった薬膳食材入り。

表面にはちらちら脂が浮き、烏骨鶏の旨味がぐっとしみ出たスープは、滋味豊かな味わいで

ひと口ごとに、体の内側からぽかぽかと温まってくる。

たぶん、ホロホロに柔らかくなった肉を、先ほどのタレにつけても、という計らいだと思うが、

活躍の余地なし。このままバクバクいただき、骨はポイしちゃいました。

滋養効果が高く、たいへん美味しいスープです。大満足素晴らしい!

(ララ・メイ) ね、奥様、都内中国料理店の三大美女なのよね。
  悔しいけど、大人の魅力に溢れてるわー。私も彼女みたいになりたいな♪

(ノブロー) なあに、ララだって、こんブログの紅一点!オラたちのアイドルだで。

(メインディッシュ)マコモ茸と海老の煮込み

針生姜と香菜を頂に据え、2種の海老に味のしみやすいヤマブシタケも参加。

マコモ茸は衣をつけ天麩羅状に仕上げ、ソースにはエビの殻から取った出汁を使い、

煮込み合わせている感じかな。

(ノブロー) シェフのアイデアが盛り込まれた創作的な逸品だ。オリエンタルなイメージだで。

四川マーラー豆腐とご飯

食事は各人ごとにチョイス可能。

今回は寝太郎さんに実食してもらいましょう。スパイスミルも登場。

(寝太郎) コク深くて、煮詰めたような濃厚な美味しさがあるね。大人味で美味いよ!

僕的には「の弥七」さんの煮込み系の旨さが際立った、あの麻婆豆腐を思いだしちゃったよ。

(みに:イメージ) 中華史に永遠に語り継がれる味わい!のね。

季節の養生粥

煎り玄米粥。

(ノブロー) 薬味は香菜、クラッシュナッツ、赤いのは自家製豆板醤だべか。

ただの玄米粥ではないのです。

とろふわっの滑らかな湯葉入り、ここに食感のアクセント、クラッシュナッツが効果的に働き、

香菜が香りを添え、スープには貝柱の旨味も感じられて繊細で優しく素直な味わいだ。

これは美味い。

食事が終わったので、デザートかと思ったら、テーブルに茶器一式が運ばれてきて

奥様によるお茶のサービス。手さばきを見せてくれます。本日使用されるのは蜜蘭香。

茶壷(急須)を茶船の中に置き、茶海や茶器も温め、茶葉を入れた茶壷にお湯をかけ、

葉を開かせていきます。

揃いの茶杯がとても美しい。透けて見える感じが良いではありませんか。

甘く馨しい茶を楽しんでいると――。

この日はクリスマスイブ。嬉しいサプライズです。

ラブリーなエッグタルトのサンタさんが登場して卓を賑わせました。

お顔の部分はバナナなんですよ。愛溢れる作品!当店ならではの心温まるクリスマスの演出です。

数分後にはパクッと私たちに食べられちゃいましたが、

エッグタルトも意外と言っては失礼ですが美味しかったです。

デザート

デザートも3種より違えてチョイス可能。(杏仁豆腐、カメゼリー、黒米とゴマのプリン)

寝太郎さんチョイスはこちら(黒米とゴマのプリン)。

甘みを抑えたナチュラルな味だったそうでご機嫌でした。

カメゼリー

漢方臭くないです。黒蜜のシロップが効いてこれなら毎日でも食べたい味だわ。

店は基本的に奥様とシェフで切り盛りされていますが、デザートも手抜きがなくそのレベルも高し。

 

――美味しく楽しい時間は過ぎるのも早い。

帰り際にはシェフと奥様の丁寧なお見送りを受け退店。ありがとうございました。

Hand01 お会計は、1人当たり10,000円(千円未満四捨五入)。

自分たちは酒代が高くつくため、このお値段になりますが、食後に本格的なお茶の

サービスがつき通常では考えられないCPの高さに脱帽。

前回は特別料理を含んだコース料理でしたが、それだけはわかり得なかった店の

通常時の真価を知ることができたように思います。いい店だ。

当店に定期的に通う常連さん達の気持ちが良く分かりました。

私もまたお邪魔させてもらいたいものです。

 

古月 (コゲツ)

東京都新宿区新宿1-5-5 2F

TEL     03-3341-5204

営業時間/ 11:30~14:00(L.O) 17:30~21:00(L.O)
ティータイム(日曜日のみ)14:30~17:00(L.O.)

定休日    月曜日(毎月1~2日間不定休あり)

« 香港・澳門旅行2015 №16_002 蓮香居 Lin Heung Kui(滋補金牌蛇宴) | トップページ | 蓮香(レンシャン) 白金高輪 »

04.東京23区(新宿・中野・杉並)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事