2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 | トップページ | 京華飯店 (キョウカハンテン) 大森 »

2016年4月20日

中華香彩 JASMINE 憶江南(イージャンナン)  中目黒

Photo

中華香彩 JASMINE 憶江南(イージャンナン)

当店は、広尾の「中華香彩 JASMINE」の姉妹店として、2016年3月24日にオープンした

一軒家レストラン。

場所は、中目黒駅を背に山手通りを大橋方面に進行し、青葉台一丁目を左折。

緩い坂道の途中を右折した、住宅街のなかにその姿を現す、隠れ家的なロケーション。

HPによると、総料理長は、山口祐介氏

「上海、杭州、蘇州などに代表される中国江南地方の郷土料理を中心」に

中国料理をアラカルトからコースまで幅広く提供とのこと。

今回は、ランチコースを2名で予約し訪問しました。

予約名を告げ、案内を受けたのは、モダンなBGMの流れるスタイリッシュな店内、

1階左手のボックスシート席。こちらは、4名様での利用が妥当の様に思いますが、

今回は贅沢に2名で利用させてもらえました。

また当店の2階には、6~8名様向けの完全個室があり、チャージ料がかかるようですが、

寛ぎながら食事が楽しめるプライベート空間が設けられています。

テーブル・セッティングは、カトラリーレスト、レンゲスプーン、ペーパーナプキン、使い捨て紙おしぼり。

着座後には湯呑みで茶のサービスがありました。

また、紙ナプキンのほか、「JASMINE」でお馴染みの卓上の恋人、カリカリ食感の

食べるラー油もきちんとスタンバイ。これの使用により、味の自由度が増すのです。

コース料理に先立ち、運ばれてきたのが、ランチのスターター、自家製野菜ジュース。

広尾と同様に食前にいただく1杯ですが、すんなり飲めて身体が浄化されそうです。

 

さて、本日お願いしていたのは、牡丹@3,800(税込)全7品。

当該コースにお品書きはなく、料理は基本、各人ごとのポーションで供され、

サーブ時に口頭説明を受けるスタイルです。

このコースにはファーストドリンクサービス付き。なんと嬉しいコースなのでしょう。

グラスビール・スパークリングワイン・グラスワイン(赤・白)・ウーロン茶・ジャスミン茶・
コカコーラ・ジンジャエール・オレンジジュース・白桃ジュース

から選べ、自身のチョイスはスパークリングワイン(ロゼ)。

丁寧な説明と細やかな接客で好感度の高いスタッフさんの説明では、このロゼは中華の前菜と

相性が良いとの話。同時にチェイサーで氷水もサーブしてもらえました。

口水鸡拼盆

口水鸡(よだれ鶏)・・・よだれ鶏は、千葉県産の総州古白鶏を使用、
  腿肉を柔らかく蒸しあげ、黒酢ベースの甘辛のたれを絡めて食べるジャスミン名物です。
  下に茄子を敷き、豆鼓、ローストナッツ、ネギ、香菜、ゴマなどがふんだんに使われ、
  見た目以上のボリューム。看板料理だけあって、盤石の美味さです。

老醋海蜇头(花咲きクラゲの黒酢風味)・・・クラゲのこりこり食感を楽しめるものですが、
  本日はやや味が濃く、オイリーに感じてしまいました。

红焼翅炖蛋(ふかひれの上湯スープ 茶碗蒸し仕立て)

中華風茶碗蒸しに、散翅、エノキの入った上湯スープをかけて仕上げたもの。

レンゲスプーンを入れ、ひと口ずつ、下から掬うようにしていただくのがポイントだそう。

口当たりの柔らかな茶碗蒸しと緩くとろみのついた上湯スープとの相性は理想郷。

優しく、しみじみとした美味しさを味わう。

(ノブロー) オラ、ここにちょいと、赤酢をたらしてえな。合うと思うんだけんど。

三道点心笼(自家製点心3種盛り合わせ)

①上海屋台の焼き餃子・・・ぶ厚い皮を噛み切ると、熱々の肉汁が飛び出します。お覚悟あれ。

②なずなと海老の蒸し餃子・・・上海の春の味覚、なずなを海老と組み合わせて提供。

③糯米焼売・・・豚の角煮などを入れており、しっかり味がついているのでこのままで。

(ノブロー) 上海らしく、餃子は底面を揚げるように焼かれているだ。生煎だな。

①よだれ鶏のタレ・・・前菜を食べ終わった時点で、「タレは点心にも使ってください」
  とサジェスチョンを受けていました。キープしたたれは、焼き餃子での使用を推奨。
  (好みで黒酢と混ぜても可)。

②の黒酢・・・蒸し餃子も下味はついていますが、好みで黒酢もどうぞ。

3種盛り合わせは、繊細さに華やぐ点心とはひと味違う輪郭の太さがあり、食べ応えも十分でした。

紫苏炒鱿花(アオリイカの青紫蘇、青山椒炒め)を目当てで、牡丹コースを予約したのですが、

天候等の事情により、満足できる状態のアオリイカが準備出来なかったよう。

代わりにと提案してもらえたのが、旬の魚でもある鰆のソテー

中途半端なものを提供したくないというシェフの思いからでしょう。

ピンチヒッターとなる鰆は大役を担うわけだから、きっと間違いないはず!と、

申し出に二つ返事で応じました。

生の白菜で歯応えを出し、発酵白菜で酸味のバランスを整えたソースは、アクセントに青山椒を

仕込ませることでキレの良い味を実現。アスパラガスを添えてサーブされた鰆は、身もふかふかで

素材の良さは勿論ですが、ソースとの調和に優れて、想像を凌駕した旨さ。素晴らしい!

招牌二两狮子头(大きな肉団子 伝統的な上海醤油煮込み)

(ノブロー) ★印にうずらのたまごが入っているだ。

青菜を敷き、上海風の甘めでこってりとした醤油煮込みソースがコートした肉団子は

シャキシャキとしたクワイやうすらのたまごが入り、ひと手間かけたご馳走感が満載。

また、肉団子が魅惑のふわふわ食感で、口に含むととろけていくようです。

個人の嗜好では、もう少し、甘さこってりを控えたソースの方が好みなのですが、

これが「江南の代表的な味覚」なのだそう。

当店の看板料理として推していますから、チャレンジする価値ある一品です。

麻婆反(四川麻婆豆腐ご飯)

当該コース料理は、〆のご飯をスタート時に選べます。

麻婆豆腐ご飯or鶏肉の細切りの汁そばということなので、ご飯をチョイス。

使用している器と盛り付け方のためでしょう。ぱっと見は、カレーライスのような

取っ付きやすいビジュアル。思わず、卓上に福神漬を探しそう。

いただいてみると、本場四川さながらのエッジの効いた辛さはなく、滑らかな豆腐に

挽肉は細かく、調味には豆鼓と花椒もバランスよく使われ、日本人シェフが作る繊細な

麻婆豆腐ご飯で、食べ進めることで味が深化するタイプです。

甜品

マンゴープリンと通常なら、ココナッツのカスタードを入れた中華風の団子がコースの

甜品メンバーのよう。この場面では、八宝饭にチェンジができるという提案を受けました。

せっかくなので応じると、予想以上に立派なサイズにびっくり。

もっと可愛らしいものをイメージしていたのです。

2名で1個の橘香八宝饭は蒸したもち米に松の実、ドライフルーツ、小豆餡が入り、

素朴な美味しさですが、コース料理はボリュームがあり、お腹が一杯の状態では

やはり(もち米は)重たく、完食ならず。心遣いを無駄にするようで、本当に申し訳なかったわ(涙)。

香芒冻布丁(JASMINEのマンゴープリン)

こちらはひと口タイプで銘々にサーブ。甘さも軽やかで楽々完食。

茗茶は、メニューから選べるので、西湖龍井茶をチョイス。ティーポットでいただけました。

Hand01 会計は、テーブルチェックで、1人当たり3,800円。 サービス料はかからず。

グランドメニューを見ても、昼の牡丹コースは非常にお得感があり、そのボリュームにも

驚かされました。大満足。

 

退店のタイミングに、山口シェフから、1階右手にあるカウンター席を紹介してもらいましたが、

しっとりと落ち着ける大人仕様の空間で、とても素敵でした。

夜はテレサ・テンさんの曲を流しているんですって。イメージが膨らんでしまうなあ。

また、このカウンター席のみ喫煙可として、分煙に努めているようです。

 

JASMINE 憶江南(イージャンナン)

東京都目黒区東山1-22-3

TEL   03-6303-1927

営業時間/  11:30~15:00(L.O.14:30)18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日/   無休

« 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 | トップページ | 京華飯店 (キョウカハンテン) 大森 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-2.上海料理」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事