2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 香味 (コウミ) 新橋 | トップページ | 松花江 (ショウカコウ) 池上 »

2016年4月27日

古月(コゲツ) 新宿御苑前

Photo

中国料理「古月」 再訪

前回は、季節の食養生コース5,200円(税別)の冬バージョンでしたが、季節は移り、

春に変わりましたので、予約の上、2名で訪問。

当店の食養生コース、料理が自分好みであることは勿論、食後のお茶も本格的で

絶対お得なんですもの。

スタッフさんより案内を受けられたのは、店内奥の4人掛けテーブル席窓際。

テーブル・セッティングは、コースターが変わり、ナプキンが飾り折りになったこと以外、

前と同じで、各人ごとに置かれる菜単(菜譜)もいつも通りです。

 

コース料理に先立ち、奥様とシェフから挨拶を受けましたが、ご夫婦で切り盛りする

アットホームさも当店の魅力の一つではないかしら。

さて、ドリンクを別注文し、「春の食養生コース」がスタート。

料理は全て各自分での提供で、サーブ時にも口頭説明を受けられるスタイルです。

前菜四種盛り合わせ

①新タケノコ、蝦子煮・・・蝦子の匙加減は妙妙。旬のタケノコの甘みが生かされています。

②ウドと子持ちヤリイカのマスタードソース和え・・・柔らかいヤリイカとシャキシャキ食感の
  ウドをピリッと酸味の効いた粒マスタードソースで。

③ビーツとピーナッツ、パクチーの和えもの・・・血流量を増やす効能が期待できるビーツは、
  デトックス効果が望める香り高いパクチーと合わせて。

④海蜇(クラゲ)と野菜の甘酢漬け・・・「冬」と同様、野菜はミョウガとレンコン。

(みに:イメージ) 今日はノブローさんはお留守番。友達のカースケ(仮)君が

食レポを手伝ってくれます。今回は①→②→④→③の順で好みだわ。

タケノコ、蝦子としっくり調和して、柔らかいし、自然な甘みも感じられて美味しいの。

アスパラと鮮魚の緑茶炒め

アスパラを鮮魚で巻き、金針菜、キクラゲと炒め合わせたもの。

塩味をベースに生姜は適量、緑茶の香りとほんのりとした風味が絶妙な塩梅で保たれ、

ふわっとした鮮魚に歯を入れると、アスパラの歯触りが食感の対比として楽しめる、そつが無い1品。

とても優しい味付けだから、食べてるそばから、幸せな笑みがこぼれてしまいます。

そばがきと人参の和えもの 北京風

そば粉で作った扒糕は、凉粉と同様、北京ではメジャーな小吃。

「春夏の風物詩」として知られており、本場ではニンニクをダイレクトに使用するらしいのですが、

当店ではひと手間かけ、蒸してピューレ状にすることで、匂いを抑えているそうです。

芝麻醤がコクを出し、辣油や唐辛子が辛味をつけ、酢であっさりと仕上げたソースは

蒸してねっちりとした扒糕と相性が良く、素朴ながら実直な美味しさで、きちんとレストラン味です。

これ、好きだわ。

(カースケ:仮) 人参と煎った松の実を和え、扒糕はレバーのような食感だから、

フェイク料理かと思っちゃったよ。美味しいね。

季節の養生スープ

具材は、兎、蕪、大豆、棗。同時に甘酸っぱいタレもサーブ。

前回は旨味の強い烏骨鶏でしたので、タレは使わずともいただけましたが、

淡泊な兎肉はつけて食べるのが正解。

澄んだスープは、薄ら生姜が効き、滋味豊かな味わいで、ひと口ごとに胃袋にしみわたり、

後味も綺麗です。飲んで良し、食べて良しの養生スープは、このコースの要でもあり、

自身はこれがいただきたいがためにお邪魔している、といっても過言ではありません。

豚ばら肉の軽い燻製 搨菜(ター菜)添え

肉はスモークした豚ばら肉のほか、スペアリブを使用。

付け合わせの日向夏の爽やかな酸味が、濃い目の味をまろやかにステージチェンジし、

燻製香が食欲を焚き付けるばら肉はとろんとろんで、スペアリブは骨からするりと外せる柔らかさ。

また、下には、馨しい香りが入り込んだター菜が隠れていて、味、香り、食感と、すべてに

おいて計算しつくされたような完成度の高さ。まったくもって非の打ちどころがありません。

汁そば 陳皮風味

四川マーラー豆腐とごはんor汁そば 陳皮風味との2択からチョイス(各人ごとに選択可能)。

滑らかなでまっすぐな麺は、無かん水にこだわり探したものだそう。喉ごしも良く、

ボリューム感も備わった肉料理のあとには、あっさりいただけ〆の麺に丁度良しです。

食後は、いつものように奥様からお茶のサービス。本日の茶葉は、四川省のジャスミン茶。

(カースケ:仮) ジャスミン茶は「気」の巡りをよくするから、今回の食養生コースの効能

とも合うって聞いた。爽やかですっきりとした後味だよ。

馬拉糕とナッツ、ドライフルーツがお茶菓子。

しっとりふわふわの馬拉糕は軽やかな甘さで、口に優しい。

甜品も手抜かりなしなので、コース料理の満足度が非常に高いのです。

デザート

デザートも3種より違えてチョイス可能。(杏仁豆腐、カメゼリー、クチナシとライチのゼリー)

自身が無意識のうちに選んでしまったのはカメゼリー。当店のものは漢方臭くなくて、

とても美味しいから、その記憶が留まり、心から離れないのかもしれません。

春のデザートは、見た目も麗しいクチナシとライチのゼリー。(同行者チョイス)。

清々しい香りと甘みを届けてくれます。

 

会計は、生ビール(420ml)と、カメ出し加飯酒5年 ポット(300ml)ほかを加算し、

Hand01 1人当たり7,000円(千円未満四捨五入)。

帰り際にはシェフと奥様の丁寧なお見送りを受け退店。ありがとうございました。

充実したコース内容で、今宵もそのCPの高さに脱帽。

シーズンごとに利用しようと、心に固く誓うのでした。

 

古月 (コゲツ)

東京都新宿区新宿1-5-5 2F

TEL     03-3341-5204

営業時間/ 11:30~14:00(L.O) 17:30~21:00(L.O)
ティータイム(日曜日のみ)14:30~17:00(L.O.)

定休日    月曜日(毎月1~2日間不定休あり)

« 香味 (コウミ) 新橋 | トップページ | 松花江 (ショウカコウ) 池上 »

04.東京23区(新宿・中野・杉並)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事