2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« Shanghai Dining 状元樓(ジョウゲンロウ) 自由が丘店 | トップページ | 古月(コゲツ) 新宿御苑前 »

2016年4月25日

香味 (コウミ) 新橋

Photo

台湾家庭料理「香味」 (コウミ)

場所は新橋駅烏森口より徒歩3~4分、桜田公園に隣接する新橋柳通りに店舗を構えている。

所用を済ませ、向かったのは17時30分頃。

予約はしていませんでしたが、スタートダッシュが功を成し、付近にお勤めの方々を

打っ千切っての入店です。朱色をメインカラーとし雑多なところに味を生みだした店内は、

両サイドにテーブル席が設けられ、その一番奥が厨房という細長い造り。

私達に気が付いたママさんから指示を受けたのは右手のテーブル席。

前後左右の間隔が狭いので、体格のよい方は窮屈に感じるかもしれません。

調味料一式が置かれている卓もありますが、きちんと揃っていないところもあり、

また隣の席は取り皿、箸、おしぼりがセッティングされているので、予約が入っている

のかもしれませんね。当方は、着座後に提供を受けました。

アラカルト注文は店のグランドメニュー及び壁にびっしり張り出された短冊から選ぶ。

そうそう、店には台湾紹興酒が数種用意されているけれど、個人的に台湾のものは

どうも味が苦手。しかし、そんな私でもここなら大丈夫。

当店はホッピーセットもあるから、酒を片手に、つまみを数種選びながら、〆までの道のりを

歩むことが出来るのです。ママさんに聞くと、ホッピーは白のみとのことですが、これは無問題。

なかは、大盤振る舞いをしてくれる馴染みの居酒屋と違い、きっちりとした分量なので、

たやすく飲めて杯数が進む。調子にのって、お替わりを連発すると、お財布に響きそうです。

卓上の辛味調味料を味見してみる。

酸味を伴う刺激的な辛さで、これは様々な場面で活躍が期待できるわ。

料理はまず2品注文し、後に追加した。

炒豆苗(豆苗炒め)@950

ニンニクを効かせ、塩と化学調味料で味を整えた炒めは、おそらく当店基準で、

問題視されない味加減でありましょう。豆苗のシャキシャキ食感を楽しめるものです。

豚肚(豚もつ)@550

やわらかな酸味と辛味が調和したガツの和えもの。

こなれた味わいで好感度も高く、注文は正解だったと思わせた一品。

ピリッと辛いガツを口に放り込み、合間にネギをつまみながら飲む酒は旨いのです。

鹹蜆(しじみの酒漬け)@650

ニンニク、唐辛子を効かせ、醤油味をベースに、しじみは生で仕上げています。

担仔麺(台湾屋台担仔麺)(小)@450

モヤシ、肉そぼろ、海老、すり身団子、煮玉子、刻みネギなど、台湾屋台の賑わいを

模したような豊富な具材に驚いた。

台湾で食べた擔仔麵(擔仔麵)とは異なり、喉ごしの良い麺はふにゃっと柔らかすぎず、

肉そぼろも濃厚な甘さがないため他メンバーとの協調性があり、スープもあっさり味で

口に親しみやすい。本場感をもたせながら日本ナイズされた食べやすい担仔麺で、

このままでも美味いのですが、せっかくなので、後半戦には辛味調味料を活用し、

一気に完食。美味かったあ。具沢山で小さな贅沢を味わえた感じです。

TVが設置された街場感のある雰囲気は嫌いではないのですが、常連さんもしっかり

ついた人気店。造りがコンパクトな分、店が混み始めてくると、どうも落ち着かず、

滞在時間はおよそ、1時間30分弱。

酒はホッピーセット@750×3と、なかのお替わりを数杯で、

Hand01会計は、1人当たり3,000円(千円未満四捨五入) 

個人差はあると思いますが、長居には向かない店なのかもしれません。

 

香味 (コウミ)

東京都港区新橋3-16-19

TEL          03-3433-3375

営業時間/  月~金 11:30~14:00 17:00~23:30
            土・日・祝 11:30~15:00 17:00~23:30

定休日     無休          -店舗情報「食べログ」より-

« Shanghai Dining 状元樓(ジョウゲンロウ) 自由が丘店 | トップページ | 古月(コゲツ) 新宿御苑前 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-6.台湾料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事