2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 孫家菜館(ソンカサイカン) 大森 | トップページ | 天外天 (テンガイテン) 千駄木 »

2016年5月 9日

三鶴(サンツル) 川崎

Photo

中國料理「三鶴」(サンツル)

JR川崎駅東口より徒歩10分ほどの距離。

川崎の三強中華といえば、よく聞くところで、「松の樹」、「中華成喜」、そして「三鶴」。

松の樹」さん、「中華成喜」さんには訪問済みですが、当店はその店名から

居酒屋使いが出来る街の中華食堂をイメージして訪ねるのを逡巡していました。

某日は「丸大ホール」で一杯引っ掛けてからの利用。

酒の〆に評判の高い餃子を食べて帰ろうと、軽い気持ちで寄り道です。

店内へ足を踏み込み驚いた。

ネット情報によると、店は家族経営で川崎では老舗格ということなので、

自身はカウンター越しに、店のお爺さんが鍋をふるう街場中華の永久保存版的な光景が

飛び込んでくるのでは、と思っていましたが、目にしたのは、清潔感があり 綺麗な店内環境。

おそらく、どこかの時点でリニューアルしたのだろうと思いますが、一瞬、ほろ酔い気分の

私達も背筋が伸びた思いになりましたよ。

店の女性から案内を受けたのは、店内奥の4人掛けテーブル席。

卓上には辣油、酢、醤油が完備。着座後には箸置き、ロゴ入り箸袋に入った割り箸、

業務用タオルおしぼりが袋のまま直置きされ、グランドメニューのほか、おすすめが記された

ブラックボードも提供されたので、目をぱちくりさせ見入ってしまった。

というのも、なかなか気が利いて魅力的な料理が紹介されているからです。

これは、店の歴史の長さや現状に甘んじない、研究熱心な姿勢の表れだと思う。

失敗したわ。当店へはお腹を減らせて1軒目でお邪魔するべきだった。今更ながらに反省。

連れとも相談のうえ、紹興酒 陳年3年(ボトル)@2,100をお願いし、つまみで

1品選んでみようということに。

新竹の子の香り揚げ@680

ブラックボードよりチョイス。シンプルな香り揚げですが、油っこさはなく、サクサクとした食感で

旬の素材の持つ甘みと旨みを引き出しています。この素直な美味しさがたまらない。

(ノブロー) こういう料理をブラックボードに忍ばせるとは、やるな店主!

添えられた香り塩も心憎いだ。

焼餃子(4ケ)@440

程よい焼き色をつけ、ふっくらとしたビジュアルで健康美そのもの。

まず、口に運ぶと、群を抜く香ばしさに先制パンチを食らう。

次にゆっくりと歯を入れる。すると、手作りにこだわったという皮は、もっちりとして甘みがあり、

みっしり詰まった餡は、シャキシャキとした野菜の食感が豊かで挽肉とのバランスも秀逸。

溢れだす肉汁も嫌味がなく、自然な旨みだから、後味よく、どんどん食べれてしまう。

焼餃子はそのままでも、十分に満足度が高いのですが、ほんのりシナモンが香る

自家製の辣油がまた素晴らしい。このタッグでまたまた胃袋が開いてしまうではないか。

さすが店の1番人気と謳われる焼餃子、手作りの大いなる力に脱帽です。

(ノブロー) こりゃあ、うめえ!一撃必殺の焼餃子だで。オラが太鼓判押すだ。

(レンタロー) オラは焼餃子の最高峰の一つとして、カウントしただ。

サンラータン麺@930

焼餃子の興奮もさめやらぬですが、麺も注文してみました。

当店、一般的な日式中華から創作性のあるモダンなメニューまで幅広く提供してくれるので、

利用状況に応じたチョイスが可能。

同時に幅広い客層、年齢層のお客様に向け、アピールできる力を有しています。

酸っぱ辛さが魅力の酸辣湯麺は、仕上げに辣油をかけ、トッピングに香菜を乗せたスタイル。

滑らかな溶きたまごが少し縮れた麺によく絡み美味い。

そつが無く出来上がっていますが、自身は辣油の辛さに加え、胡椒がぴりぴり効いた方が

好みなので、パンチを効かせるべく、胡椒をもらい手もとで自己調整しいただきました。

Hand01 会計は、1人当たり2,000円

食事の途中には、店の女性(娘さん?)から、拙ブログを知っている、

と嬉しいお声がけがありました。

(これも、ブログマスコットのノブローさんのお陰でしょう)。ありがとうございます。

 

こんな身近に気負わず通いたくなる店があったとは、灯台下暗し。

店の方々もとても感じが良いし、家族経営の温かみがあって寛げちゃうなあ。

次回はお腹をぺこぺこに減らせて来なくっちゃね。

 

三鶴

神奈川県川崎市川崎区小川町16-10

TEL   044-233-1798

営業時間/  月、水~土 17:00~翌03:00 日 17:00~24:00

定休日/   火曜日          -店舗情報「食べログ」より-

« 孫家菜館(ソンカサイカン) 大森 | トップページ | 天外天 (テンガイテン) 千駄木 »

12.横浜、川崎、逗子方面」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事