2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 2016年5月1日 | トップページ | 中華香彩 JASMINE 憶江南(イージャンナン)  中目黒 »

2016年5月 2日

中国料理くろさわ東京菜 大森

Photo

中国料理「くろさわ東京菜」 定期再訪

女子は大好き、おかず天国のくろさわランチ!

随分と間が空いてしまったけれど、Bランチを求めてジャーマン通りをてくてく歩いて

やってまいりました。店の方々はお元気かしら。

私に気が付いたスタッフさんから、ご挨拶を受け、「カウンター席でもよろしいでしょうか」とのお尋ね。

店は開店と同時に、複数人の女子グループやお子様連れのママ友さんたちが入店する盛況ぶりだ。

一人飯でカウンターに席を用意してもらえるだけで有り難いことです。勿論、OK。

いや、一人でも多くのお客様に利用してもらいたい自分にとって、居場所はカウンター席で

なければならない。奥様やシェフからも言葉をかけてもらい、荷物を籠に置き、いつものように

Bランチ@1,600を注文した。

この位置から厨房を見ることが出来る。訪問日はカウンター2席を残し満席で、シェフは

一斉に入るオーダーに追われ、片時も手を休めず料理を作り、仕上げ、スタッフさんは

出来上がった料理を運び、奥様も配膳に務めながら飯を茶碗に盛る。

息をつく間もない戦場さながらの忙しさだ。

前菜2種盛り

①豚肉紅麹イチゴ揚げ・・・塩気とイチゴの瑞々しい甘さが絶妙かつ斬新。

②四川風茄子・・・山椒をぴりりと効かせ、すっきりとした甘辛さでアプローチ。

いつもだと、ビールを注文する場面なのだけれど、今日は混んでいるから早々に席を空けたい。

ティーポットでサービスされる温かい中国茶(ジャスミン茶)を飲む。

主役の牛肉の三州生姜炒めは、ご飯とスープ(溶きたまご)を付き従え登場。

キャベツ、エリンギ、パプリカをはじめ色とりどりの野菜使いは、くろさわワールドの真骨頂

とも言えるもの。これらは火入れの妙で、シャキシャキとした歯触りを残し、柔らかい牛肉も

厚みがあり惜しみなくどっさり。また、三州生姜を効果的に用い、どぎつすぎない調味加減が、

ボリュームのある主菜を飽きさせることなく食べさせるのだろう。

また遅れをとってはならぬと急行した副菜の茴香(ウイキョウ)と海老の水餃子

手作り感に溢れ、むっちり皮に包まれた餡も、茴香、海老、豚挽き肉のバランスが整い、

かけられた黒酢とも鉄板の相性だ。

遅れること少し、もう一つの副菜、鶏肉の豆鼓蒸しは菜の花を添えてサーブ。

麹蒸しから変わったらしいのですが、大歓迎!タレごと、ご飯にかけて食べたいぐらいです。

ちょっと濃い目で、ご飯と相思相愛の味付けに心弾ませ、柔らかな鶏肉を咀嚼しながら、

頭をかすめる(ご飯の)お替わりにノーサイン。

炭水化物を控え、充実したおかずを完食することで、心も胃袋も満たす。

これこそが、くろさわランチの醍醐味であり、女子力アップへと繋がるのだ。

デザート

キャラメルアイス、ミント添え。リッチな甘さが満足度を高める。さらに女子力加点。

(レンタロー) 久々にくろさわさんとこお邪魔でけたで。もっと頻繁に来てえよ。

当店、女子は要チェックだよ。

 

中国料理くろさわ東京菜

東京都大田区山王2-36-10 石毛第2ビル

TEL   03-5743-7443

営業時間/ 火~金11:30~14:00(13:30LO) 土・日・祝11:30~15:00(14:30LO)
                18:00~23:00(22:00LO)

定休日    月曜日※祝日の際は翌火曜日          -店舗情報「食べログ」より-

« 2016年5月1日 | トップページ | 中華香彩 JASMINE 憶江南(イージャンナン)  中目黒 »

07.東京23区(大田・品川)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事