2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 同發本館(ドウハツホンカン) 横浜中華街 | トップページ | 中華香彩 JASMINE 憶江南(イージャンナン)  中目黒 »

2016年6月12日

景徳鎮酒家 (ケイトクチンシュカ) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、郷土料理フェア。

次に向かったのは「広東風の蒸しハンバーグ」を紹介してくれる「龍鳳酒家」さん。

ですが、到着すると店じまいの雰囲気(涙)。

私にとって、自家製塩卵といえば「龍鳳酒家」さんというイメージがあっただけに残念。

気持ちを切り替え、向かったのは、北門通りの「景徳鎮酒家」 (ケイトクチンシュカ)になります。

当店は四川料理でのエントリー。

“ふわふわ”という魅惑のフレーズが胃袋をわしづかみ的に直撃です。

利用は入口に近い4人掛けテーブル席。

ビニールクロス(2)を敷いた卓上に、調味料(醤油、辣油、酢、ミニパックのからし、胡椒)、

取り皿、爪楊枝、紙ナプキン、灰皿、呼び出しベルがセットされ、

着座後に、メニュー、タオル地のおしぼり(トレー置き)、ロゴ入り箸袋に入った箸が供された。

店名の一部に「景徳鎮」とあるし、箸袋の裏を見たら【本店】、【新館】、【酒家】と紹介があるので、

てっきり系列店だろうと思っていましたが、記録にあたりHPを見ると

『景徳鎮と「景徳鎮新館」「景徳鎮酒家」は別会社であり姉妹店等ではございません。』とのこと。

事情が深そうなので、この話はここまでで――。

豚レバーの香り辛子ソース@1,500

お目当ては四川風オムライスだけれど、先ほど同様、それだけでは申し訳ない。

紹興酒(二合)@1,150とともにオーダーしたのは、菫・四川料理長 特選料理シリーズから

豚レバーの香り辛子ソース。きちんと処理をした臭みのない柔らかな豚レバーをキュウリ、

キクラゲとともにニンニクを効かせた甘辛ソースで炒め合わせたものです。

こちら意外にも甘さが優勢しました。

ふわふわタマゴのオムライス@1,080

あれ?写真よりふわふわオムレツの量が少ないように思えるのですが……。

学校帰りのお子さんもちょっと だけがっかりかな。

チャーハンを覆うようにかけられたオリジナルソースは挽肉や細かい野菜をたっぷり

使いマイルドな辛さで食べやすいものだと思いますが、パンチ不足で大人しすぎる印象。

ピリ辛チャーハンも辛さは極々控えめ。

しかし、そのボリュームは多く、3人でシェアするのが適量じゃないか、と思えるほどです。

単調な味が続くため、食べ疲れてしまい、また、私自身、ふわふわオムレツのほんわりとした

甘さと、ガツンとスパイシーな辛さのライス&ソースのコントラストを期待していたため、

少し的が外れた思いはありましたね。

酒の追加注文を含め

Hand01会計は、1人当たり2,000円(千円未満四捨五入)

フェアの料理を注文したので、当店でも缶バッジをゲット。会計時にいただけました。

今回の郷土料理フェアは、初開催ということでしたが、とても面白味のある企画だと思いました。

メニューにない興味深い家常菜がいただけて、牌楼をデザインした缶バッジがもらえるし。

(これが1つ手にすると、すべての牌楼を集めたくなってくるんですよ)。

私は、スケジュールの関係で1日しか巡れなかったのが心残り!

次の開催を心待ちにしたいと思います。 あるのかな?(汗)。

 

景徳鎮酒家 (ケイトクチンシュカ)

神奈川県横浜市中区山下町200-5

TEL      045-641-5285

営業時間/11:30~22:00(L.O.21:45)

定休日   無休

« 同發本館(ドウハツホンカン) 横浜中華街 | トップページ | 中華香彩 JASMINE 憶江南(イージャンナン)  中目黒 »

01-2.横浜中華街」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事