2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« チャイナムーン 新宿店 (霞月樓) | トップページ | 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 »

2016年8月10日

家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 丸ビル店

Photo_3

高級広東料理「福臨門 家全七福」 再訪

某日は“XO醤飲み”を目的とする会食の第二弾で、7名のコース料理仕立て。

料理は、すべて幹事さんが、事前に足を運び、店側と打ち合わせをしたうえ、提供された

ものなので、今回の料理に興味のある場合は、お店へ確認等を願います。

料理は、大皿で供されるものと、各人ごとのポーションで供されるものが入り混じったスタイルで、

サーブ時に説明を受けられるシステム。

基本、大皿の場合はお披露目後に店側で取り分けてくれます。

また、今回、点心は当日チョイスのため、菜譜(菜單)は宴の後半に各人へ配られました。

(レンタロー) な、な、ノブロー。今日はS小姐の仕切りで昼宴会だよ。

オラ、すっげえ楽しみにしていただ。

(ノブロー) オイもだで。利用は前回同様、円卓個室だで。テーブル・セッティング等は、

変りがねえため省略な。

トップバッターは、激うまXO醤(右)と好みで使える辛味豆板醤(辣醤)(左)。

港式前菜(香港式前菜盛り合わせ)

XO醤茄子

贅沢なことに、前菜にもXO醤を使った料理が組まれています。

茄子への火入れも見事で、ソースとして合わせた味の調和は素晴らしく、ふくよかで

厚みのある旨味が口いっぱいに広がります。

(寝太郎) 当店のXO醤が味の要だから、勿論めちゃくちゃ美味いよ!

涼拌海蜇

前菜の数合わせ的なものではなく、質の良いぷりっぷりクラゲは、非常に満足度の高い出来栄え。

格の違いに魅せられる一品です。

蜜汁叉焼

新鮮出爐!焼きたて感が半端ない。エロスな肉汁に参加者一同ため息。

八宝冬瓜盅(五目入り冬瓜の蒸しスープ)

冬瓜は芯にある種をくりぬき、果肉を残した状態で、塩と上湯を使い少しづつ

味がしみこむよう加減されているのだそう。

別碗に用意したフカヒレ、鴨肉、蟹肉、キヌガサタケをほぐして、均一になるよう

各人へサーブされました。香りの良いクリアな上湯は、あっさりしながら、旨味の層が

奥深く、一口ごとに幸福感に浸れる味わい。また、提供された具材も力を使い果たした

様相はなく、ご馳走感たっぷりなのが喜ばしい。味が綺麗、無言になる美味さです。

(管理人:イメージ) 冬瓜はじっくり味が入り本当に柔らかいわー。

さすが「家全七福」さん。非の打ちどころがないわね。※この柔らかさは予約が賢明。

点心3品:1.菠菜帯子餃(ホウレンソウ入りホタテ蒸し餃子)

厚みのあるむっちりホタテとほうれん草のタッグ、味付けは最小限で。

美麗な見た目を裏切らない美味しさです。

点心3品:2.香麻咖喱酥(カレー入りごま風味のパイ)

カレーパイをいただくのは閉店になった銀座店以来ですが、本日のものは前にも増して精妙。

バターの効いたさくほろっの生地とマイルドなカレー風味の餡が絶妙のバランスを保っています。

点心3品:3.時菜牛肉球(季節野菜と牛挽き肉団子の蒸しもの)

同時にセットされたのは、リーペリンソース(ウスターソース)。

香港のローカル飲茶でいただく山竹牛肉球とはひと味違ったレストラン味です。

潮式帯子豆腐(潮州式 帆立と豆腐の蒸しもの)

豆腐を下に敷き肉厚のホタテが両サイドをガードした蒸しもの。

鶏肉のそぼろに生姜を効かせ、ぷんと発酵系の香りがした。ソースは醤油ベースで、

派手さはありませんが、これが素人には出せない美味しいプロの味。

素材の持ち味を生かしています。

鼓汁涼瓜炒田鶏(食用蛙と苦瓜の炒め)

次なる料理は旬の食用蛙とゴーヤの豆鼓炒め。

蛙の身質が全然違う!

身がきゅっと締まってすこぶる健康優良児。鶏肉のような、という例えはよくありますが、

もっとフレッシュではつらつとしたシコシコの歯触り。

丸みのある品の良い豆鼓の風味に、ゴーヤのしっかりした苦味が相まって三位一体、

味の完成度が高いのです。

菠蘿盅焗飯(パイナップル炒飯)

長粒米を、エビ、完熟パイナップルと炒めた炒飯は、この時期食べてもらいたい

料理長推しのメニュー。

パイナップルの中身をくりぬき、それを器にしたダイナミックなプレゼンですが、

これは単に見た目のインパクトを狙うもの、ではないらしいのです。

部屋を担当してくれたスタッフさんの話だと、仕上げにパイナップルの中に移し、

オーブンの中に入れ焼くことにより、皮は柔らかくなり、香りが米にしみ込むのだそう。

口に含むと、清々しい甘みが広がり、とても上品な味わいでした。

本日甜品(デザート)

5種からのチョイス。フルーツ入り杏仁豆腐、タピオカココナッツミルク、豆乳と青汁のプリン、

マンゴープリン、紫米の汁粉。(今月のデザートは豆乳と青汁のプリン)。

豆沙香蕉球(小豆とバナナの揚げ団子)

外はかりっと。中のこしあんと、とろ~りバナナが織り成す魅惑の甜品。中国茶とよく合います。

――以上が今回の家全七福酒家特選套餐でした。

参加メンバーとの記念撮影にも快く応じてくれた総料理長、袁さんは笑顔も素敵です。

美味しい料理をありがとうございました。

(レンタロー) スペシャルな昼宴会だっただよ。どれも最高に美味しかった!幸せだでーー。

(ノブロー) S小姐、オラ達を呼んでくれて、多謝!多謝哂呀!

 

家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 丸ビル店

東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 36F

TEL       03-3283-2002

営業時間/  ランチ(月~金)/11:30~16:00(L.O.15:00)
              ランチ(土・日・祝)/11:30~16:00(L.O.15:30)
              ディナー(月~土)/17:00~23:00(L.O.21:30)
              ディナー(日・祝)/17:00~22:00(L.O.21:00)

定休日     無休

※お店の方々をはじめ、ご尽力頂いた幹事さんに感謝であります。

« チャイナムーン 新宿店 (霞月樓) | トップページ | 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 »

03.東京23区(千代田・中央)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事