2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月30日

老四川 飄香 (ラオシセン ピャオシャン) 麻布十番

Photo

四川料理 中國菜「老四川 飄香」 (ラオシセン ピャオシャン) 

当店の味が恋しくなりランチ再訪

6種類の「農家楽」ランチセットも良いのですが

久しぶりなので友人を誘い「農家楽」ミニコース(全8品)@4,000を事前予約。

前日には、店から予約再確認(リコンファーム)の電話も入りました。

予約名を告げ、案内を受けられたのは入口に近いダイニングの2人掛けテーブル席。

当店、休日のランチタイムも満席状態で、その半数以上が予約のお客様という盛況ぶりですから、

こちらのお席でも不服なしです。

食事を共にする友人とは現地集合。

テーブル・セッティング:カトラリーレスト、箸(縦置き)、レンゲ、グラス、ペーパーナプキン、おしぼりトレー
テーブルクロス:有り
卓上調味料:香る麻辣油 一滴香
その他:菜譜
着座後:タオルおしぼり、水、ドリンクメニュー

ドリンクは、古越龍山(二合)カメ5年@2,200×2を注文。

苦手食材等の再確認後にコース料理がスタート。

料理は全て各自分での提供で、サーブ時にも口頭説明を受けられるスタイルです。

農家冷菜四碟(四川田舎風前菜4種)

①醤蘿蔔(醤夢ト)

②金柑とクコの実のゼリー寄せ・・・口に含むととろけるよう。甘みも爽やかです。

③よだれ鶏・・・テーブルにお披露目後、スタッフさんが取り分けてサーブ。
 山クラゲ、皮付きローストナッツ、香菜をお供とするよだれ鶏は、痺れ、苦味、辛味、旨味、
 が鮮やかで、絶妙なバランスで四川が香る当店の看板料理。
 この味をいただくと井桁シェフのお店に来たことを実感します。大好き。

④ラム肉の煮凝り・・・スパイス使いが妙々。仄かな酸味が味を引き締めます。

鹿肉丸子白菜湯(蝦夷鹿団子とミニ白菜のスープ)

ほか、具材は九条ネギ、シイタケ。歯応えしっかりの蝦夷鹿団子は肉の味が濃く

生姜を効かせたスープに具材のエキスが入り込み、コク深く、旨みの層が厚い。

最後の一滴まで飲み干さずにはいられない豊かな味わいです。

糖醋脆皮三文魚(サーモンのパリッと揚げ 四川式甘酢ソース掛け)

衣をつけパリッと揚げたサーモンに合わせたのは生姜のピクルスの甘酸っぱいソース。

一部隠れてしまっていますが、付け合わせの野菜は、インゲン、ゴボウ、レンコン。

ソースも香りが立ち、味に立体感があり、街場の甘酢あんとは一線を画する品の良さがあります。

干煸甜菜根羊肉(ラム肉とビーツのカラカラ炒め クミン風味)

ポーション少な目ですが、四川のパワーは全開!

香り高い唐辛子をがっちり効かせ、クミンで味をまとめた干鍋です。

芽菜夢ト烧肉(豚バラ肉と大根の四川漬物煮込み)

先ほどの料理が刺激的だったので、どうなることかと思いましたが、がらりと一転。

皮付き豚バラ肉と大根の煮込みには、芽菜を使っているそうですが、しっかり塩抜き

しているのかしら。甘めのたれに品よくマッチし、スパイスがふわりと香ります。

スタッフさんが気を利かせてくれ、ひと口ご飯をもらえました。

当然、たれごとかけちゃいますよね。肉は歯がすっと入る柔らかさで、

味のしみた大根も、ああこれだ!と、うなずけるブレない旨さ。

豆花

(レンタロー) 菜譜には載ってねえけんど、井桁シェフの手作り豆花が来店客に振る舞われただ。

舌触り滑らかな豆花は食感にアクセントをつけれるよう細部にまで気を配り提供。

デザート的要素はなく、風味豊かな豆本来のコクを楽しめるタイプです。

腊肉菠菜豆漿麺(ちぢみほうれん草と自家製干し肉炒めのせ豆乳タンタン麺)

スモーキーフレーバーが仄かに香るマイルドな豆乳タンタン麺は口当たりがもったりとして、

少しピントがつかみづらい味わい。当店の正宗担担麺が鮮やかに四川の香りが立ちのぼり

印象深いため、それとは異なるアレンジだとわかっていても、どうしても比較してしまうんでしょうね。

後乗せのちぢみほうれん草も唯一無二の存在とは思えないし、生意気を言わせてもらうと、

個人的には芽菜をきっちり使い、炸醤肉と合わせたもののほうが好みです。

中国茶(本日のおすすめ中国茶)

白茶の提供。一煎目はスタッフさんにより注がれ、お湯のお替りにとステンレスポットもセット。

即日甜品(本日のデザート)

デザート前のタイミングでおしぼりの差し替えを受け、別メニューからのチョイス。

哈蜜棗核桃冰淇淋(深煎り焙煎の黒豆とプーアル茶ゼリー、クルミのアイスなつめのソース)。

後から気が付いたのですが、私は以前も同じ甜品を選んで食べていますね。

少し風体が違い、ソースは少ないものの、クルミアイスと風味の良いゼリーの

マッチ力の高さで当時の記憶がよみがえりました。美味い。

食事の後半にはスタッフさんから、ディナーコースの菜譜をもらえ説明を受けました。

何時もながらお客様一人一人にあった、きめ細やかな心配りに感心しています。

お会計は、テーブルチェックにて。

ランチはサービス料がかからずで、1人当たり6,696円です。

 

老四川 飄香 麻布十番本店
東京都港区麻布十番1-3-8 Fプラザ B1F
TEL     03-6426-5664
営業時間/11:30~15:00(14:00L.O) 18:00~23:00(21:30L.O)
定休日    月曜日、第3火曜日     -店舗情報「食べログ」より-

2016年12月26日

FC2ブロマガ、更新

ブロマガでのレビューは以下の4店です。

◇喜臨軒◇萬来亭◇JASMINE 憶江南◇大珍樓 本店

005_3

2016年12月24日

沸騰漁府(フットウリョウフ) 新橋

Photo

四川・東北料理「沸騰漁府」(フットウリョウフ)

「今飯天」さんを時間制でだされたあと、目指したのは隣駅、新橋。

聞くと友人は私と火鍋を食べて帰ると、自宅でお留守番をするご主人に話してあるのだそう。

先ほどは諸事情により断念したけれど、このまま彼女を帰すわけにはいかない。

当店なら鍋底(スープ)を求め、具材も数ある中から好みでチョイスでき、

自分の思い描く単品火鍋がいただける。

それに有楽町から徒歩で向かえて、交通費がかからないし、きっと友人にも満足してもらえるはず。

1階は満席状態でしたが、丁度2階席の団体様がひけたあとで、入店が叶いました。

火锅锅底(おしどり火鍋)@1,500

香辛料ががっちり効いたウマ辛スパイシースープの麻辣とマイルドな味わいの白湯。

旨みや味のトーンの異なる黄金コンビが味覚を刺激し、食欲を増進。

美味しさの相互作用が働くのです。

蒜蓉香油蘸料(ニンニクゴマ油付けたれ)@300

羊肉@780

粉絲(春雨)@480

野菜拼盘(野菜の盛り合わせ)@1,080

ドリンクは陳年紹興酒@1,500を注文。

一撃必殺の火鍋で名誉挽回成功!

本場力のある美味しい鴛鴦火鍋を堪能できたと友人も大喜び。

大事な奥様をお借りし、これで私もご主人様に顔向けができます。ほっ (^。^;)

当店も料理及びドリンクは外税ですが、このボリュームと味でお会計は、6,091円。

1人当たり3,046円(円未満四捨五入)です。

 

沸騰漁府
東京都港区新橋3-2-1 嶋田ビル
TEL     03-3502-8828
営業時間/11:30~14:30 17:00~23:00     
定休日    無休     -店舗情報「食べログ」より-

2016年12月23日

今飯天 (ナウファンテン) 有楽町

チャイニーズキッチン「今飯天」 (ナウファンテン)

某日、友人と有楽町で合流する運びとなった。

寒いし、火鍋でも食べようと、Web検索してヒットしたのが駅から利便性の良い当店。

薬膳火鍋コースがウリのようです。しかし、2人でコース料理はボリューム的にどうだろう?

電話をかけた友人の話だと、火鍋はコースがお得と推す店側に対し、単品でお願いしたいと

席を予約してくれたのですが、入店後受けたのは2時間制という先制パンチ。

じゃ、急いで食べなきゃ、とメニューを見ると、火鍋は単品でも具材が組み込まれたものしか

置いていないのです。好きな具材も選べずでは、自由度が無くつまらない。

当てが外れた上に、食べ放題でもないのに2時間制とは……。週末だからなのかしら。

1品料理をアラカルトで頼む方向に考えを変えました。

後にレシートを見ると「その他フード」代380円が人数分計上されていました。

一緒盛りで供された760円のお通しのザーサイです。

雲丹と帆立の春巻き@680

イカの青じそナウファンテン炒め@1,180

茄子のサクサク揚げ 山椒塩添え@680

場所柄なのでしょう。そこそこいいお値段なのですが、正直なところ、料理は口に合わず。

残念ながら友人も箸が止まっていました。

注文したドリンクは生ビール@700×2、古越龍山 カメ出し紹興酒(デキャンタ500ml)@3,000。

以上の料理及びドリンクは外税で、お会計は、8,316円。1人当たり4,158円です。

費用対効果の面から疑問が残りました。

今飯天 (ナウファンテン)
東京都千代田区有楽町2-3-6 九重会館2F
TEL     03-3572-8858
営業時間/月~金 11:30~14:30 月~木・土 17:00~23:00  
          金・祝前日 17:00~翌2:00  
定休日    日曜・祝日     -店舗情報「食べログ」より-

2016年12月20日

飄香居 (ピャオシャンチー) 上野

Photo

四川・中国東北料理「飄香居」 (ピャオシャンチー) 

付近での所用を済ませると日の暮れ時。

冷え込みも厳しい日だったので、火鍋でも食べて帰ろうと立ち寄りました。

奥行きのある店内はテーブル席のみでレイアウトされ、食べログによると席数は26席。

飾らないざっくばらんな雰囲気だから、気負わず利用出来て、こんな日には丁度良い。

今回、店のお姉さんから指示を受けられたのは、中ほどの4人掛け席です。

テーブル・セッティング:なし
テーブルクロス:なし
卓上調味料:醤油、辣油、酢
その他:割り箸、爪楊枝、紙ナプキン、メニュー
※混雑時には2時間制と壁に張り紙あり。

ドリンクはサッポロ生ビール@290を数杯に、紹興酒5年@1,500×2へと進行。

火鍋は2時間食べ放題メニューが強くプッシュされていますが、聞くと単品でも注文が可能。

さっそくその単品メニューをもらい具材選びにかかります。

火鍋は、まず、麻辣と白湯がセットになった鴛鴦の鍋底(スープ)@1,000を求めます。

火鍋のたれは、ゴマだれ、ポン酢たれ、ニンニクゴマ油たれ(各@200)があるので

ニンニクゴマ油たれ(左)とゴマだれを(右)チョイス。キクラゲは600円です。

単品で使うとゴマだれが少し甘めに感じたので、ニンニクゴマ油たれとミックスして使用。

すると味がしっくりまとまり私好みの美味しいたれに。

季節野菜盛り合わせ@1,080

豆腐、エノキ、キクラゲ、春雨、キャベツ、白菜、青菜がメンバー。

ボリュームたっぷりですが、鍋だと加熱することで、かさが減るから無問題。

ラム肉@800×2

スパイシーな麻辣は「沸騰漁府」さんほど、刺激的ではありませんがしっかり旨辛で

白湯は口当たりの優しいあっさりスープ。それぞれの具材を好みのスープで自由に楽しみました。

(ノブロー) お楽しみは続くだ。単品メニューにアレあるな。

漬け白菜@500

野菜を程よく平らげたところで追加注文。店のおじさんにgood!のサインをもらいましたよ。

この漬け白菜は白湯で。酸味はほどほどですが、中国東北料理の酸菜鍋風に

アレンジを利かせることができるし、当店の火鍋はお得感ありでした。

飄香居 (ピャオシャンチー)
東京都台東区上野2-12-15 YKビル 1F
TEL     03-5818-3886
営業時間/17:00~5:00     
定休日    不定休     -店舗情報「食べログ」より-

2016年12月17日

樂香園咖啡室 香港2016(11月) №17 

Photo

樂香園咖啡室」Lok Heung Yuen Coffee Shop

旅の最後に選んだのは、長い歴史をもつレトロなコーヒーショップでの軽食。

OpenRiceによると最寄り駅は上環とのことですが、香港・中環からも歩ける距離です。

メニューは広東語表記。店名の隣には「蛇竇」と()書きがありますが、

香港ポストさんによると、これは『広東語で営業マンが息抜きをする場所』という意味だそう。(*´艸`*)

菠蘿油HK$9、凍奶茶HK$19×2

「自製新鮮出爐麺包三文治」とありますから、パンは自家製。

そうなると選択からは外せない。どれも食べてみたくて、あれこれと迷いましたが

菠蘿包にバターを挟んだ菠蘿油で。

表面トップはさっくさくのクッキー生地で 下がふわんわりと柔らかく、素朴な甘みがバターの

コクと相まって、ほっぺたが落ちそうなくらい美味い。

そして濃い奶茶はベストパートナー。黄金コンビですよ。

はじめはチラチラ牽制しあっていましたが、ついには寝太郎さんと菠蘿油を巡って争奪戦が勃発!

いい大人がみっともない(^^;

沙爹牛肉公仔麵(出前一丁)HK$24(加HK$4)→HK$28

そういえば、公仔麵を食べていないと滑り込み注文。

出前一丁麵で作ってもらうと割増料金(HK$4)がかかり、計HK$28です。

サテソースをベースに味付けした牛肉を乗せただけのものですが、舌に馴染む心憎い味わい。

香港で食べる公仔麵は格別!ぺろりと平らげてしまいました。

店頭ではご自慢のパンが販売されています。

また地元香港人の熱烈な支持を受け、多くのお客様が注文するのが、飯もの2枚看板、

とろっとろの玉子が具材と相乗りする滑蛋叉燒飯、滑蛋蝦仁飯のとろたま兄弟。

空腹感を刺激し、ガツガツが似合うビジュアルだから、とっても美味しそう。

次回はそちらも食べてみたいなあ。

さて、名残惜しいですが、これで空港に向います˚‧º·(˚ ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )‧º·˚ 

樂香園咖啡室 Lok Heung Yuen Coffee Shop
中環機利文新街8-12號地下
TEL 852-2522-1377
営業時間  月~土: 07:00-19:00

2016年12月15日

彌敦粥麵家 香港2016(11月) №16 

Photo

彌敦粥麵家」 Nathan Congee and Noodle。再訪

香港滞在中のホテルは当店並び。

こちらをラストの朝食用に組み立てていたのは、出発で忙しい朝にも無理なくお邪魔できるからです。

朝が早いためでしょう。まだ空いてるのだから、広めのボックスシートを使いなさい、

とサジェスチョンを受けられました。 唔該、唔該哂呀!

豬潤肉丸粥(左)HK$38、馳名及第粥(右)HK$35

2013年、リピートを願ったレバーと肉団子のお粥(豬潤肉丸粥)。

豚モツと肉団子の粥(及第粥)。

(管理人) ちょっと具材がカブリすぎー。チョイスを誤ったかしら。

当店の粥はとろりとさらりの中間ぐらいの舌触り。

ベースとなるスープに雑味はなく旨いのですが、前回のほうが味に深みを感じられました。

私自身、香港粥は寸胴でコトコト煮込んだ粥を小鍋へ移し、トッピングした具材とともに

仕上げるものだと解しているので、朝イチですし、ひょっとしたらそのコトコトが

浅かったのかもしれません。

となると、宿泊先から近い安心感で、自分都合を優先し、美味しいタイミングを

読み違えた可能性も考えられます。

また、その後あちこち食べ歩いて、当方の基準も変わってきたためかもしれませんね。

彌敦粥麵家 Nathan Congee and Noodle
佐敦西貢街11號
TEL 852-2771-4285
営業時間  月~日:07:30-23:30

2016年12月13日

源興美食 香港2016(11月) №15 

Photo

源興美食」Yuen Hing Restaurant

最寄駅は佐敦。香港迷の友人お二人は順次に帰国され、寝太郎さんと二人の夕飯。

私達も明日は日本に戻るから、最終的な荷造りをしなくちゃね。

ホテルに最も近い場所にある粵菜のお店をブックマークしていたのですが、新填地街へ。

ここには初日昼に行こうと思い断念した燒臘店があるためです。

詳細な情報はわからないので、混んでいるようなら外賣で求め、スーパーでお酒を購入し、

部屋食と考えていましたが、屋台裏に隠れていた当店を見つけ入ってみると空席あり。

小ぢんまりとした店内はローカル色が濃く、食堂風のざっくばらんな雰囲気です。

テーブル席へ着くと、店の女性が日本語併記のあるメニューを持ってきてくれて、

オススメ料理を指さしで教えてくれるし、親切だから、最終のディナーに訪れて良かったと思いましたよ。

明爐古井燒鵝HK$138

イチオシの燒鵝(ローストグース)は、驚きの美味さ。

艶めく皮は小気味よいほどにパリパリで、肉の味は濃くてすこぶるジューシー。

街場の大衆的な店に、これほどの絶品燒味が潜んでいることは嬉しくてならない。

まさに本場の凄さを見せつけられた感じです。

(寝太郎) うんめー!厨房の人当たりがいいおじさんが焼いたんだろ。

肩肘を張らぬ地に足のついた旨さにノックアウトされたね。僕は断然この店を支持するよ。

(レンタロー) 燒鵝は甘酸っぱいタレをつけて食べるとええよ。

あと、食べきれなかった料理は打包できるだ。

蒜蓉炒時菜HK$65

野菜とニンニクの炒めもの。この日はレタス。

箸休めで胃も休まるし、いくらでも食べれてしまいそう。

鎮店叉燒皇HK$68

肉をタレに漬け込み表面に蜜を塗り香ばしく焼いたハニーローストポーク。

焦げを残したところが、またたまらなく愛おしい。

しっとり柔らかい肉に齧りつくと、肉汁がじゅわじゅわと溢れ出て、蜜とタレの甘みが広がり

旨みの層が深いのです。

店のおじさんはニコニコと愛層が良く、ちょこちょこ話しかけてきてくれフレンドリー。

こんな凄い燒味を作る人がこんなに気さくで!と感激しちゃいましたよ。

今度はランチで咖哩羊腩飯も食べてみたいなあ。

写真は廟街の春和堂(單眼佬涼茶)。

單眼佬涼茶は苦くて効き目ありと香港人のお友達から教えてもらえました。

源興美食 Yuen Hing Restaurant
佐敦新填地街63號地下
TEL 852-2711-1311
営業時間  火~日: 11:30-22:00 月曜休 

2016年12月12日

香港パン 香港2016(11月) №14 

廖孖記」で腐乳を購入しようと向かったのですが、うっかりしていました。日曜日はお休み(涙)。

じゃあ、パンを買って、いったんホテルに戻ろうかな。

快甜美麵包西餅

ぶらぶら歩いていたら地元民が多く来店するローカルっぽいパン屋さんを発見。

気になるので私も買ってみました。

菠蘿包(前)、咸巻包(後)。

咸巻包はプレーンタイプのパン。

「咸」とありますが、噛みしめると生地には素朴で優しい甘さを感じます。

三藩市餅店

こちらは佐敦駅近くの店。

香港パンも置いてはあるけれど、どちらかと言えばケーキに力を入れているような?

菠蘿包(右)、難尾包(左)。

難尾包はシャリシャリの甘いココナッツフィリングが入ったパンです。

2016年12月 9日

一點心 香港2016(11月) №13 

Photo_2

一點心」One Dim Sum

最寄駅は太子。

このあたりには、お手頃価格の點心屋さんが多いらしく、

同駅を利用する「籠太子點心專門店」さんも人気で軽く順番待ち。

しかし、当店の行列には及ばない。

入口でスタッフさんに利用人数を告げ番号を書いた紙をもらうのだけれど、

おおよその待ち時間を聞くと、14時30分すぎの時点で1時間待ちとのこと。まじかっ(^^; 

この待ち時間の間にオーダーシートとメニュー(写真付き、7か国語表記)をもらい、

注文する點心を決め、店に渡しておくと効率的。

番号は広東語で呼び出されますから、近くになったら入口前で聞き取り作業に集中。

ようやく番が回ってきた、と時計をみたら、なんと1時間半近く待っていましたよ。

利用日が休日だったからかもしれませんが、ぐったり。

スタイリッシュな店内ですが席の間隔は狭い。

メニューの記されたペーパーランチョンマット、取り碗、レンゲ、箸がセッティング。

お茶は選べず、普洱茶がマグカップでサーブ。

前もってのオーダーシート効果で、じゃんじゃん出てきます。

潮州蒸粉菓HK$15

浮き粉などを使った吸い付くようなもっちり皮を噛み切ると、餡にはナッツ、香菜、

干しエビも入り、香り良く歯応え豊か。美味しいです。

薄皮鮮蝦餃HK$26

こちらは安心、安定感のある王道的な旨さ。

家郷咸水角HK$16

カリモチ皮の中にはほんのり甘みのある五目餡がお目見え。

バランスの取れた味わいで不足なし。

香滑奶皇包HK$14

厚くふくよかな皮の中にはぽってりとした甘さ控えめなカスタード餡。

品よく出来上がっているという印象です。

蜜汁叉焼腸HK$20

カットした叉焼と香菜入り。米粉を使って作られた クレープはしっとり、もっちり、とろん。

タレの味と相まって何とも言えず美味いのです。

鮮竹牛肉球HK$17

湯葉を敷いた粗挽き肉団子はふわふわとした食感。

そこにクワイのシャキシャキとした歯触り、香菜の香りが入りまじり軽妙な味わいです。

これも手応えがあり、寝太郎さんとは意見が分かれてしまったけれど、なかなか美味かったわ。

埋單は、お茶代を加算し、約1人当たりHK$58

利用客は若い方を中心にさまざまですが、お洒落カジュアルな點心屋さんという印象。

訪問については賛否両論のある当店ですが、味のクオリティは高いし、確かに安い。

しかし待ち時間が1時間を超えるとなると、自分たちの再訪は微妙。

(だって、食べるのはあっという間、それに香港にはまだまだ美味しいものがありそうだもの)。

そうしたことを含め、自身の基準を確認するためにも、1度は立ち寄ってみるのも

良いのではないでしょうか。

一點心 One Dim Sum
太子運動場道15號京華大廈地舖1-2號
TEL 852-2789-2280
営業時間  月~金:11:00-00:00 土・日:10:00-00:00

2016年12月 7日

蛇王芬 香港2016(11月) №12 

Photo

蛇王芬」 Ser Wong Fun。再訪

最寄駅は香港。

朝にボリューム満点な咖哩牛腩農夫飽にチャレンジしたため、まだお腹がこなれない。

お昼は軽くスープで済ませ、この後の食べ歩きに備えよう。

たまたま、中環でショッピングをしていたこともあり、移動に時間のかからない蔡瀾氏ご推奨の当店へ。

相変わらず蔡瀾氏の手のひらの上でうろうろちょろちょろな私達です。

こちらにお邪魔したからには「蛇羮」(蛇スープ)はいただいておきたいなあ。

前回すっごく美味しかったもの。

もう一つは壁の短冊やメニューをチェック。前回とは違えたいですからね。

(ノブロー) 5種類の蛇を合わせて調理した太史五蛇羮。

溢れんばかりに注ぎ込まれたそのビジュアルは変わらねえな。

蛇羮毎碗HK$120

香港冬の味覚として知られる蛇スープ。

具材メンバーも同じですが、ベースとなるスープが弱いように思います。もっと味に深化が欲しい。

香港ビギナーなので、詳しいことはわかりませんが、今回の訪港が11月はじめで、

表を歩く人々の服装は半袖も多く、シーズンに突入しきっていないこともあるのかな?

無花果蜜棗豬肺HK$100

四季原盅燉湯より。

イチジク、ナツメ、豚の肺のスープ。

歯触りのアクセントになる杏仁も浮かび豚肺は魅惑のフワフワ食感。

飲み進めるにしたがいその本領を発揮するスープで、

イチジク、ナツメの自然な甘みが入り、味に雑味がなく滋味深いものでした。

蛇王芬 Ser Wong Fun
中環閣麟街30號地舖
TEL 852-2543-1032
営業時間  月~日:11:00-22:30

2016年12月 5日

澳門翠苑餐廳 香港2016(11月) №11 

Photo_2

澳門翠苑餐廳

最寄駅は旺角。旺角熟食中心と呼ばれるフードコート内に入っています。

こちらのフードコートは小ぢんまりとした印象。

朝の時間帯のためか営業しているお店も当店だけのように思えます。

カウンター越しに注文を伝え、会計を済ませると番号札が渡されるので、これを卓上に置き

空いているテーブル席で待つシステム。

出来上がると、お姉さんが運んできてくれます。

葡式豬扒包(送珈琲或茶・凍飲加2元)HK$28

温かい檸檬茶をチョイスしたので割増料金なし。

(ララ・メイ) 角盆に乗せ、一緒出しよー。

檸檬茶にお砂糖は入っていないので、お好みの甘さにしてね。

マカオ名物のポークチョップバーガー。

これは豬仔包と呼ばれるバンズにソテーした豚肉を挟んだものですが、

当店では、その外側がサクぱりっのパンにソテーした豚肉とタマネギを挟み、

とても親しみやすい味わい。小腹が空いたときにおやつ感覚で食べれそうです。

澳門咖哩牛腩農夫飽(送熱飲及牛腩粒湯一碗、凍飲加2元、特飲加7元)HK$60→HK$62

冷たい澳門珈琲をチョイスしたため+HK$2の割増料金がかかりHK$62です。

「つばめグリル」のアルミホイルで包んだつばめ風ハンブルグステーキを彷彿とさせる

どっきりビジュアル。実はこれを体感したくてお邪魔したんですよー。

アルミホイルを剥がし、食べる準備。パンでかっ

ナイフ、フォーク、スプーンと別皿でカレーとボルシチがセットされていますが、

ゴロゴロ具材のボルシチは私には甘すぎだなあ。

いっぽう、澳門珈琲は表面にココアパウダーを浮かべているのかな。濃厚な甘さで美味。

(ララ・メイ) 凄いボリュームね。これ、2人でも食べきれるの?(汗)。

パンの中央をくりぬき中には、大量の牛バラ肉が詰められています。

カレーのお味はマイルドで食べやすいタイプ。

パンを切り崩し、千切りながら食べ進めるのですが、大きい上にもっちりと厚みもあり作業は難航。

あ!使い捨ての透明手袋もセットされてました。これで思う存分、カレーまみれになれます。

澳門翠苑餐廳
旺角上海街557號旺角熟食中心2樓8號舖
TEL 852-3514-4348
営業時間  月~日: 07:00-21:00

2016年12月 3日

佳佳甜品 香港2016(11月) №10 

Photo_3

佳佳甜品

最寄駅は佐敦。

食後のデザートを求めて立ち寄りましたが、店の前は男女を問わずお客様で大混雑。

待ち時間を避けるため外賣でゲットです。ホテルでゆっくり食べましょっと。

(タクロー) 温かいデザートだね。お土産ありがとだ。

補脳合桃露HK$20(左)、寧波薑汁湯丸HK$18(右)

口当たりぽってりのリッチなクルミのお汁粉(補脳合桃露)。

栄養価の高さが味に表れ、鼻血が出そうなほど濃厚ですが、嫌な甘ったるさはありません。

寧波薑汁湯丸は、当店の1番人気。

生姜がきりっと効いた甘みの強いデザートスープで、底に沈んだ滑らかでもっちりした

白玉団子を噛み切ると中にはコクのある黒ゴマ餡がとろ~り。

辛い生姜が好きなのでこの2品だと寧波薑汁湯丸に軍配が上がるかな(個人の主観です)。

佳佳甜品
佐敦寧波街29號地舖
TEL 852-2384-3862
営業時間  月~日:12:00-04:00

2016年12月 1日

2016年12月1日

Unnamed
(レンタロー) 12月は忘年会にクリスマス、大掃除で忙しくなるだな。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »