2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 美楽一杯 新館 (ミラクイッパイ) 横浜中華街 | トップページ | 美楽一杯 (ミラクイッパイ) 横浜中華街 »

2018年1月26日

周黒鴨 (ツォヘイヤー) 西川口

Photo

「小城」さんで宴会を主催する友人の下見に同行して西川口へ。

同店へは2015年にお邪魔しましたが、店は移転していて、ずいぶんと立派な外観&

内装になっておりました。ここで、羊の各部位の丸焼きをいただいて帰るのも

良いのですが、圧巻のボリュームですから、完食できるかが不安。

そのため後日の宴会に必要な店の案内をもらい、西口へ移動。

この日は「周黒鴨」 (ツォヘイヤー)さんで鴨肉を食べることにしました。

ざっくばらんな店内はテーブル席のみでレイアウト。「小城」さんもですが、15時近い

中途半端な時間帯、当店もアイドルタイムなしでの営業です。

西川口の中国料理店をリサーチしている友人の話では、大陸では鴨脖(鴨首)の

人気が高く、専門店も数多くあるのだそう。

店員さんもお客様も中国人ばかりで、なかにはパック入りのテイクアウトだけを

求める方々も来店しているし、なんだかマニアックな雰囲気がぷんぷんだ。

 

生ビールで乾杯後は、リーズナブルな紹興酒(3年)を選び深酒タイムに突入。

酒の肴に選んだのは、

鴨脖、腐竹。

唐辛子、花椒など様々なスパイスや薬膳食材を使用して煮込み(鹵水)、味はしみしみ、

がっちりスパイシーな麻辣テイスト。

ヒリヒリを伴うパンチのある痛辛さに、対面して座った友人の額からは大粒の汗が。

ネックの部分の鴨脖はしまった肉の歯ごたえと旨味で、そのワイルドな美味しさに

出だしは好調ですが、後半は食感が単調に感じられてしまいました。

そうしたことから、個人的なお気に入りはやはり鴨头(鴨の頭)。

表面の皮はとぅるんとしてコラーゲンたっぷり、まったりとしたコクの脳みそも味わえるし、

ほっぺたのあたりの肉はシコシコとして、 食感のバリエーションに富み、

しゃぶり尽くせる旨さで飽きを感じさせません。

しかし、鹵水が同じため、部位を変えたところで、そうそう同じ味ばかりは食べれず、

次なる好奇心は店内に設置されたショーケースへ。

おお、麻辣湯の具材が並んでいるではありませんか。さっそく実食。

好みの具材をザルにいれ、3種類までは通常料金とのこと。

麵は数種類の中から選べるシステムで、次はスープの辛さのチョイス。

2人で1つの注文を考えていますから、友人の大汗を見過ごすわけにはいきません。

小辣でお願いしました。

具材は割増料金になりますが、7種入れてみました。

スープは丸みのある辛さで味に膨らみがあり、小辣ながらもなかなか美味い。

固めた血は麻辣味のスープに必要不可欠なアイテム。

ぷるぷるつるんっとした鴨血に、麺は友人チョイスの玉米面。

スープにしっくりと馴染み、やわやわでチープっぽさも愛せる味わいでした。満足。

周黒鴨 (ツォヘイヤー)
埼玉県川口市西川口1-23-5 SYビル 1F
TEL     048-258-8181
営業時間/11:00~翌4:00
定休日    無休     -店舗情報「食べログ」より-

周黒鴨中華料理 / 西川口駅)  

« 美楽一杯 新館 (ミラクイッパイ) 横浜中華街 | トップページ | 美楽一杯 (ミラクイッパイ) 横浜中華街 »

13.その他(地方)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701509/72773857

この記事へのトラックバック一覧です: 周黒鴨 (ツォヘイヤー) 西川口 :

« 美楽一杯 新館 (ミラクイッパイ) 横浜中華街 | トップページ | 美楽一杯 (ミラクイッパイ) 横浜中華街 »