2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 周黒鴨 (ツォヘイヤー) 西川口 | トップページ | 2018年2月1日 »

2018年1月29日

美楽一杯 (ミラクイッパイ) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、北門通りの「美楽一杯

店は見澄ましていないと気がつかず、通りすぎてしまうような間口の狭いビルの4階で

新館」とは比較にならないほどの隠れ家的ロケーション。

飯友さんとの会食で現地集合。なんでも当店が気に入り通い詰めているらしいのです。

コンパクトな店内は、お店というより個人宅のようなイメージで、

この小狭さが妙に落ち着けて心地良い。

お通しの揚げ塩ピーナッツをつまみながら、料理のアラカルトチョイスは「新館」同様、

グランドメニューと壁のそこかしこに貼られた品書き及びホワイトボードを見ながらの

ミーティング。せっかくなら、飯友さんがまだ食べていない料理が良いよね。

すると、お店のおじさんから「蒸したて」とオススメのサジェスチョンを

受けられたので、さっそく注文。

白切鶏(名古屋コーチンの蒸し)@1,500

生姜を効かせシンプルな塩味ベース。

名古屋コーチンを使っているから、肉もしっかりとしたコクと旨みがあるし、

適度な脂肪も嫌味がなくて後味良好。

次は自力でチョイス。肉を食べたから海鮮にしましょう。

海鮮煲(海鮮と春雨の土鍋煮込み)@1,200

海鮮は小エビ、アサリ、ゲソ。ここに、キクラゲ、湯葉、タマネギ、きのこなど

バラエティーに富んだ具材群がみっちり参加し、一見では春雨がみえないほど。

有り難すぎるサービス精神に狂喜乱舞。

型抜き?細工切り?

ニンジンは、おじさん曰く、ロブスターなんですって。キュートだわあ。

醤油と牡蠣油の合わせ味のようですが、微かにニンニクが効き、海鮮の旨みが

ぐっと入り込んだ、いろいろミックスなダシ感のバランスは妙妙。

また、このうまか汁を吸い込んだ、ぷるぷるとろっの春雨がめちゃくちゃ旨いのです。

ダブル炭水化物所望!白飯の上にのせて掻き込みたくなる味わいです。

炒大腸(ホルモンと高菜の炒め)@800

壁貼り品書きよりチョイス。

くにゅっと柔らかい大腸は程よく生活臭が抜け、独自の風味は気にならぬ程度で、

炒め合わせたタマネギ、ピーマンに、高菜はほんのりと甘くとろっとして

このチームワークは優秀。

とは言え、万人に受け入れられるものではないと思いますし、クサ旨系の味わいも

冷めてくるとクセが強くなるため、温かいうちにいただくのがベスト。

会計は紹興酒(小)@800×6、紹興酒(グラス)@300を含め、

1人当たり5,000円ほど(千円未満四捨五入)。

飯友さんすまない、相変わらず酒代が会計を圧迫しています。反省。

今回は料理チョイスも大正解。お店の雰囲気と言い、主観ですが新館より好きかも。

広東の家庭で食べられるような、普段着の味を堪能できました。大満足。

美楽一杯(ミラクイッパイ)
神奈川県横浜市中区山下町202 チャイナタウンビル 4F
TEL     045-641-0812
営業時間/17:00~翌2:00
定休日    無休     -店舗情報「食べログ」より-

美楽一杯広東料理 / 日本大通り駅石川町駅元町・中華街駅)  

« 周黒鴨 (ツォヘイヤー) 西川口 | トップページ | 2018年2月1日 »

01-2.横浜中華街」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701509/72803784

この記事へのトラックバック一覧です: 美楽一杯 (ミラクイッパイ) 横浜中華街:

« 周黒鴨 (ツォヘイヤー) 西川口 | トップページ | 2018年2月1日 »