2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 思郷村  蒲田 | トップページ | 錦福 香港美食 九段下 »

2018年2月16日

ロウホウトイ (老饕檯/LOHOTOI) 白金

Photo

ロウホウトイ」(老饕檯/LOHOTOI)

閉店したロウホウトイさん跡地の斜め前でお弁当販売を続けていた当店が

夜の営業をはじめたと聞いたのは2年前。最近こちらのほうに来ることが少なくなった

こともあり、チャンスを逸していましたが、お誘いを受けることができ6名での訪問。

入店すると、テーブルは1卓のみで、10名ほどが座れる相席仕様ですが、

この日は私達だけで貸切とのこと。

店内のひと際目立つ大きなブラックボードには上海風味と香港風味の紹介があり、

料理はかつての「ロンフウフォン」「ロウホウトイ」のメニューがいただける仕組み。

それもそのはず、当店はその両店で経営の采配を振るった森田氏のお店で、

レジには「ロウホウトイ」で見かけたママさんが座り、厨房で森田氏自身が

調理しフロアサービスをするという、2人体制です。

当店をご贔屓にされている幹事さんからの事前情報では、今回は生意發發餐

(おまかせコース)をベースに清蒸魚をセットし、お願いしているそうです。

ドリンクはビールやソフトドリンクからはじめ、のちにカメ出し紹興酒に進行。

卓上に菜譜の用意はなく、料理は大皿で供されるものと、各人ごとのポーションで

供されるものが入り混じったスタイルで、取り分けは各自の作業。

「お料理説明しながらまいります」と森田氏の声がけでスタートです。

皮蛋豆腐

裏ごししたピータンソースは蟹みそのような深いコクがあり、舌触り豊かな

ほぐし豆腐の風味に調和。よく混ぜ合わせ、口に運んだ時の美味しさは格別でした。

煲湯

鯛の頭からとった煲湯。沸騰させ骨のエキスを余すことなく出したスープに

トマトの爽やかな酸味が合わさり、互いを邪魔せずまろやかで奥深い食味。

家常的な温かみを感じさせる、しみじみとしてじわじわと胃袋に染み入る旨さです。

黄金蝦(エビのから揚げ、塩卵の味)

エビのから揚げを塩卵で絡めた香港人の大好物。

本場では殻付きのエビで供されるようですが、ここでは殻をはずして調理。

ホクホクとした塩卵独特の風味と柔らかい塩気がたまらなく愛おしく、素揚げした

アスパラとも好相性で、品の良ささえ感じます。

椒塩時蔬

インゲンと里芋のスパイス揚げ。

パン粉とスパイス、唐辛子で調味したものですが、避風塘料理のジャンクっぽい

スパイシーパウダーとは別路線。パン粉はさらさらで刺激的な辛さはなく、

野菜の持ち味を生かしたマイルドな味わいで、お話では、ここに揚げニンニクなどを

効かすとシャコバージョン(椒鹽瀨尿蝦)になるとのこと。

ああ、香港で食べたおしっこエビ(瀨尿蝦)が懐かしい(涙)。

魚仔鱼白

北海道産タラの白子の炒り焼き。

頂には熱した米油で香ばしく仕上げたシラスがかけられています。

きつね色の表面を噛むと中はとろ~り、白子ならではのクリーミーなコクに

カリッとした歯触りのシラスが磯の風味を添え、創造性に富んだ酒の恋人であります。

リクエストした清蒸魚の蒸し上げ前に、黄ハタ兄弟のお目見え。

サイズは800gと900gなんですって。期待大!

雪菜茭笋猪片

その間に供されたのは、茶色いおかずビジュアルのマコモと豚肉のタカ菜煮込み。

マコモのシャクシャクとした食感に豚肉は繊維がほろっとほどける柔らかさ。

タカ菜も調味料として使っているので、強い塩辛さがなく、素材の旨みが生き

素朴な優しい味ですが、品の良さも備え持っています。

次の大皿は叉焼。

汁だく叉焼は、しっとりと柔らかく、ほんのり甘めで後味あっさり。

これなら軽くいただけちゃいますね。

清蒸石班魚

黄ニラと香菜を背負ったハタの姿蒸しに大喝采!

個人的に狙っているのはお顔!そしてほっぺの部分。

日本人向けかしら。骨周りのレア感はなく、ちょっと火が入りすぎているかも

しれませんが、皮はとろ~んとして身はふっくらシコシコの理想郷。

たれも濃すぎないから、炊いておいてもらった白飯の上にのせ、

じゃばじゃばがけのお魚ご飯を遂行!久々に美味しい清蒸魚をいただきました。

鼓油皇炒麺

エリンギ、シメジ、マイタケなど、いろいろキノコとモヤシの焼きそば。

白ゴマを仕上げに散らしています。私の行く香港、街場の粥麺屋さんのような

おもちゃ感はなく、ちょっぴり育ちの良さも感じられる鼓油炒麺ですが、

ぼそぼそとした極細麺と甘やかな醤油の相乗効果で心安い味わいであります。

红豆汤

あずきスープ。红豆の自然な味を大切にしたほっくりとした甘さです。

ママさんが炊いてくれたんですって。嬉しいなあ。

食後は普洱茶のサービス。

念願であった当店にもようやく訪問を果たすことができ大満足。と同時に今回は常連で

ある幹事さんのご尽力によって、香港を体感できる料理と貴重な時間を共有させてもらいました。

ありがとうございました。

ロウホウトイ (老饕檯/LOHOTOI)
東京都港区白金5-14-8
TEL     03-5420-3288
営業時間/11:30~15:00(月・水・金曜日のみ弁当販売) 18:00~22:00(L.O)
     -店舗情報「食べログ」より-

ロウホウトイ居酒屋 / 広尾駅白金台駅白金高輪駅)  

« 思郷村  蒲田 | トップページ | 錦福 香港美食 九段下 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

a-2.上海料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701509/72957686

この記事へのトラックバック一覧です: ロウホウトイ (老饕檯/LOHOTOI) 白金:

« 思郷村  蒲田 | トップページ | 錦福 香港美食 九段下 »