2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月27日

Chinese Dining 美虎(ミユ) 銀座

Photo

銀座での平日女子ランチ。

「添好運」 (Tim Ho Wan)に向かうと延々と続く長蛇の列。

入口の店員さんに待ち時間を聞くと2時間は超えるのではないか、という話に驚愕です。

お腹もぺこぺこだし、夏日でもあったので、このままじりじりと待つなんて、

体力がもたないわ。

あっさりと戦線離脱し、徒歩で移動可能な中央通りの中国料理「美虎」へ。

当店はイグジットメルサ 7Fのレストランフロアに出店していてますが、

直観的行動の甲斐もありスムーズに入店できました。

ランチコースという選択もありましたが、あまり時間がとれないため、

友人ともどもアラカルトで麺をチョイス。

先ず運ばれてきたのは、女性シェフならではの感性が生かされたフルーティーで

ライトな甘酢風の和え物(カブ、キュウリ、リンゴ)。リンゴのサクッとした歯触りに

あっさりと優しい甘さと爽やかな後味で好印象。女子受けの良さそうな甘美な味わいです。

ゆず担々麵(担担面)@1,500+税

4月末までの期間限定とのこと。

中央左側のトマトのように見えるのがゆずですが、塩漬けにしているのかしら?

芝麻醤が緩やかに効き、さらっとコクのあるスープに、ゆずの風味がしっかり香り、

和テイストを融合させた、そのバランスは妙妙。

また、肉をそぼろではなく、ホロホロの角煮で供しているのも、細部にまで

計算あってのことだと思います。最後の一滴まで飲み干したくなる魅力的な味わいです。

ピリリン麺(酸辣汤面)@1,400+税

友人チョイス。自身は以前、幡ヶ谷のお店でいただきましたが、当店では角煮で提供。

トマトの酸味に黒酢の風味が折り重なった、当店の人気麵の一つです。

Chinese Dining 美虎(ミユ)
東京都中央区銀座5-7-10 イグジットメルサ 7F
TEL     050-5594-8759
営業時間/月~金 11:00~15:00(L.O.14:00)
                 17:30~23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:00)
          土・日・祝 11:00~22:00(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:00)
定休日    不定休(イグジットメルサに準ずる)     -店舗情報「食べログ」より-

チャイニーズダイニング ミユ 銀座中華料理 / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅)  

2018年4月24日

中華バル 池湖(イケコ) 渋谷

Photo

中華バル 「池湖」(イケコ)

最寄駅は渋谷。東急百貨店本店に隣接したザ・ミュージアムの先、松濤郵便局前の

交差点を道玄坂通り方面へ進行した道沿いのビル4階です。

友人とのランチ利用。通りにはスタンド看板も出されていましたが、付近には飲食店も多く、

その中であまりにさりげなかったため、見落とし、必死に探してしまいましたよ。

エレベーターを降りるとそこはもう店内。

カジュアルな造りで、厨房前にカウンター席を配し、窓に向かうカップルシートと

4人掛けのテーブル席が1卓で食べログ情報によると席数は12席とのこと。

席を選べたため、窓側のカップルシートへ横並びで着座。

この時間帯、接客から調理まで1人で対応しているよう。普段着姿のシェフが荷物を

入れる籠を足元に持ってきてくれ、同時にカトラリーバスケット(箸、レンゲ、スプーン)

と業務用タオルおしぼり(直置き)、氷水をサーブ。

料理は卓上に置かれたランチメニューから選びますが、麵飯大盛り無料、定食類は

ライス、お粥のおかわり自由という幸せ度を増すサービスににんまり。

冷やし担々麵@950

数量限定!の文字に弱し。

完売と思いきや、聞くとまだ提供できるというのでお願いしました。

サーブ時にはペーパーナプキンももらえたので食べる準備は万全。

まず、麺を覆うのは、水菜をはじめとする葉物野菜と彩を添える真っ赤なトマト。

そこに蒸し鶏をのせ、麻辣ソースをたらり。瑞々しいキュウリもトッピングされ、

白ごまの効いた芝麻醤はさらりとしてあっさりとしたコクが魅力。

サラダ感覚でいただけながらも水っぽくならないところは喜ばしい限りだし、蒸し鶏も

しっとりとしておかず力を発揮。また少量の麻辣ソースが食べ進む際に合わさることで、

味の輪郭がはっきりするみたい。今年初の冷やし担々麵、涼やかに美味しくいただけました。

五目のあんかけヤキソバ@850

友人チョイス。エビ、豚肉、キクラゲ、シメジ、白菜と豊富な具材が、醤油味ベースの

甘めのあんでまとめられ、老若男女のハートを鷲掴みにする懐かし系の味わい。

サーブ時にはからしと酢をセットしてくれましたが、そのサジェスチョンどおり、

ちょいつけ、ちょい垂らしが似合うあんかけヤキソバであります。

 

記録をつける際、調べて知ったのですが、当店のシェフは脇屋シェフの元で研鑽を

積んだ方なのだそう。料理の味だけではなく、一見の私達にもエレベーター前まで

丁寧に見送ってくれた姿が印象に残りました。

中華バル 池湖 (イケコ)
東京都渋谷区道玄坂2-22-6 CREA道玄坂 4F
TEL     050-5594-8748
営業時間/火~日 11:30~14:30(L.O.)18:00~23:30(L.O.)
定休日    月曜日     -店舗情報「食べログ」より-

中華バル 池湖中華料理 / 神泉駅渋谷駅)  

2018年4月20日

慶楽(ケイラク) 有楽町

Photo

純廣東料理「慶楽」(ケイラク) 再訪

某日は、2階テーブル席を利用しての宴会仕様。

事前情報ではメニュー構成は前回同様というお話ですから、以前記録したものは

細かい記録を省きます。

なお料理は、大皿で供され、サーブ時にも詳細な説明はありませんから、

正確さに欠ける点はご容赦ください。

前菜拼盤(叉焼、皮蛋、煮豚、白切鶏、海蜇、猪肝、泡菜)

老舗の安心・安定感と、歴史の厚さを感じさせてくれる前菜たち。

今回クラゲはピリっと唐辛子を効かせて提供。

菜花炒牛肉

カリフラワーと牛肉の炒め。

歯触りを残すカリフラワーに、牛肉はふわふわで中華でしか味わえない素敵食感です。

燒賣(シュウマイ)

炒芙蓉蝦(エビトタマゴ)

こんもりと山をなす玉子は外側がちょっぴりきつね色で中は半熟状態でとろんとろん。

塩は最小限でエビのプリッとした歯触りをリズムに、たまごのしっとり

柔らかな質感と深いコクを楽しむシンプルにして作り手の技量が伝わる1品です。

腐乳炒生菜

中国の発酵食品、腐乳を調味料として使用した炒め。若干、塩はきつめですが

発酵系のコクが味に深みをつけているので、旨みもたっぷりです。

鹹魚肉餅(シオザカナトヒキニクノムシモノ)

塩漬け干し魚と針生姜を中央に据えたビッグな肉餅。

当店のものは醤油タレがかかっていませんから、この塩漬け干し魚の強い塩気と

独特の風味が味の中核を成し、食欲を刺激。

蒸し具合も申し分なく、前回より印象がアップしました。

肉絲炒麺(豚肉トモヤシヤキソバ)

縮れた茶色い細麺の上に、これでもかっと乗った豚肉とモヤシの炒めものは、

水溶き片栗粉であん状にまとめられ庶民派のルックス。

変わらずボソッと食感の麺ですが、今回は具材への味付けが薄いように思えましたので、

卓上の唐辛子の酢漬けを手もと活用し、味を自己調整しました。

雲吞(ワンタン)

醤油味のスープに刻みネギの浮かぶ伝統派スタイル。

海老と肉を抱き合わせた餡が包まれるぴろぴろの雲吞皮は、口に含むととろけ

消えゆくような繊細さでスープも昔懐かしい昭和のお醤油味。この正しさに感涙。

しかし、私の体調によるものでしょうか。前回1番気に入った雲吞ですが、

この日はやや醤油の味が勝ちすぎているようにも思えました。

Img_7493_2  

さて、馬拉糕をデザートに期待していたのですが、今回は以上8品で終了。

基本に忠実な広東料理を日本人の舌に合うよう程よく融合させ、

単なる昭和な日式広東料理とは位置づけられない本物の凄みをもつ老舗店の味に

参加メンバーも大満足でした。

慶楽 (ケイラク)
東京都千代田区有楽町1-2-8 慶楽ビル
TEL     03-3580-1948
営業時間/月~金 11:30~15:00 17:00〜22:00
          土・祝 11:30~15:00 17:00〜21:00
定休日    日曜日     -店舗情報「食べログ」より-

※お店の方々をはじめ、ご尽力頂いた幹事さんに感謝であります。

慶楽広東料理 / 日比谷駅有楽町駅銀座駅)  

2018年4月18日

天龍菜館(テンリュウサイカン) 横浜中華街

Photo_2

横浜中華街、広東家郷料理「天龍菜館」(テンリュウサイカン)再訪

ずいぶんと久しぶりですが、店内の様子は変わらず。

壁に所狭しと貼られたお品書きに好奇心を煽られます。

2軒目なので、軽く1品頼み中華飲みを遂行。

陳皮蒸肉餅@1,000

手切りしたミンチ肉はゴツゴツと粗い形状。見た目はなかなかの男前であります。

陳皮で風味をつけた蒸しハンバーグはお肉感たっぷりで歯触りが楽しいのですが、

砂糖が効いたような甘さのタレにノックアウト寸前。

いい感じに攻めた蒸肉餅なのですが、酒のつまみには攻略を難航とする甘さでありました。

 

当店の豊富なメニューには本場志向の料理もちらほら。

また、観光地価格とされる横浜中華街においても価格設定は良心的です。

天龍菜館 (テンリュウサイカン)
神奈川県横浜市中区山下町232
TEL     045-664-0179
営業時間/月~日 11:00~24:00
定休日    不定休     -店舗情報「食べログ」より-

天龍菜館広東料理 / 石川町駅日本大通り駅関内駅)  

2018年4月16日

愛群(アイチュン) 横浜中華街

Photo

広東家庭料理「愛群」(アイチュン) 再訪

平日夜の横浜中華街、お目当ての店へ向かうとシャッターが下りているでは ありませんか。

おかしいなあ。食べログによると、無休のはずなんだけど……。

土日営業で力を使い果たしちゃったのかな(涙)。

この辺りではままあることと、ひるむ事もなく、關帝廟通りの当店へ。

生ビールを注文し、つまみに選んだのはおすすめの2品。

白切鶏(蒸し鶏)@1,730

白髪ネギとすりおろし生姜を頂に、サイドには香菜を添えて提供。

醤油ベースのタレがかかった鶏肉は、歯応え十分で、親鳥のような身質の固さ。

歯の弱い方にはおすすめできないかも。

柱候牛腩(牛バラの煮込み)@2,200

肉と相性の良い柱侯醤を使った牛バラ(牛腩)の煮込み。

当店の合わせ味噌(柱侯醤)はオイスターソースの旨みが混同したような味わいで

身震いするほどしっかり甘い。う~ん、こんなに甘かったかしら(汗)。

セットされたしょっぱ辛い味噌をとろんとろんに煮込まれた牛バラ肉に

なすりつけながら、味の変化で食傷を回避。

しかし、それもつかの間。

甘さ+しょっぱ辛さで、今度は味がきつく感じてしまい、リタイヤ寸前。

白飯なしの酒のつまみには、攻略の難易度が高そうです。

昔、ランチで食べた牛バラ丼はお値段もそこそこで、良い意味での家庭料理っぽさがあり、

セット内容からも満足できるものだったけれど、今回の利用で少し印象が違ってしまいました。

またの機会には、他の料理にチャレンジしたいと思います。

愛群 (アイチュン
神奈川県横浜市中区山下町138
TEL     045-641-6245
営業時間/11:30~21:00(20:40L.O)
定休日    月曜日(祝日の場合は翌日休)     
-店舗情報「食べログ」より-

愛群広東料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅)  

2018年4月13日

錦福 香港美食 九段下

Photo_2

錦福再訪

燒臘(香港式ロースト)中心とした貸切宴会に参加。

幹事さんが足を運び、決定した提供料理は以下のとおりの10品。

1.皮蛋酸薑
2.西湖牛肉羹
3.白飯
4.清炒青梗菜
5.港式燒味
(1)燒鷄肝
(2)燒鴨
(3)脆皮燒肉
(4)叉燒
(5)五香牛展
6.拔絲紅薯  
(※料理は、通常メニューにないものもあります)

今回、グランドメニューにある料理については店の表記に従い、また以前記録した

ものは細かい記録を省きます。

なお、料理は、大皿で供されるものと、各人ごとのポーションで供されるものが

入り混じったスタイルです。

松花皮蛋(ピータンと味付け若しょうが)※皮蛋酸薑

西湖牛肉羹

牛ひき肉と卵白のとろみスープ。塩味をベースに生姜が効き、香菜が超絶にマッチ。

口当たりが優しくこの1杯に癒されます。

蜜汁烧鸡肝(焼きレバー)※燒鷄肝

前回は売り切れで食べれなかった焼きレバー。

蜜の甘みにねっちりとしたレバーのコクが相まって飲み込むのがもったいないような

夢見心地の美味さ。焦げをそぎ落としていないところも断然好きだわ。

あくまでも自身の好みですが、港式卤水烧味のトップスリーを書き換えなくては。

1.港式烧鴨、2.蜜汁烧鸡肝、3.蜜汁叉烧、 

蜜美味し!!です。

港式烧鴨(香港式の焼きアヒル)※燒鴨

脆皮烧肉(皮付き豚バラ肉の焼き物)

蜜汁叉烧(焼きチャーシュー)※叉燒

清炒青梗菜

湯に油を入れさっと茹でてから、手早く炒めたのかしらね。

芯の部分も柔らかく、油でコーティングされているけれどギトギト感はなし。

塩味ベースの箸休めにも嬉しい1品です。

卤水牛肉(味付け冷やし牛スネ肉)※五香牛展

拔絲紅薯

サツマイモの飴炊きは外側がカリッとして中はしっとりホクホク蜜蜜。

素朴ながら、1度食べ始めたら止まらなくなる美味しさでした。

錦福 香港美食
東京都千代田区九段北1-9-12
TEL     03-3511-2202
営業時間/11:00~15:00 17:30~22:00
定休日     日曜日・祝日     -店舗情報「食べログ」より-


※お店の方々をはじめ、ご尽力頂いた幹事さんに感謝であります。

錦福 香港美食広東料理 / 九段下駅飯田橋駅水道橋駅)  

2018年4月11日

南粤美食(ナンエツビショク) 横浜中華街

Photo

南粤美食」(ナンエツビショク) 再訪

飲茶では不完全燃焼に終わった私達。

このままでは往生できないため、当店でちょい飲み、ちょい食べを決行。

鹵水鴨(アヒルの醤油煮)@1,500

鹵水は醤油や様々な漢方スパイスを加え作るタレのこと。

当店はこのタレの味が秀逸。しっかり甘いけれど、くどさは皆無。

だから食傷せずに、バクバクいただけるのです。

連れ(寝太郎さん)は、当店の鹵水煮がはじめてなので、注文しましたが

しっとりとして、健やかな弾力のある鴨肉に味が染み込み、これをつまみに

飲む酒がまた美味い、と大好評でした。

千炒牛河粉(ビーフンの醤油ソースかけ)@900

具材は牛肉、黄ニラ、モヤシ、タマネギ、ピーマン(赤・青)。

甘めの中国醤油の効いた親しみ味で、ついつい箸がのびる美味しさ。

これも酒飲みにとってはつまみになるのだから、喜びもひとしおです。

南粤塩焗鸡(丸鶏の塩蒸し焼き)半羽@800

テイクアウトに丸鶏の塩蒸し焼きを。これで夕飯も幸せが継続。

鹵水鴨頸

帰り際には、鹵水鴨頸も勧められたので購入。大盛りでサービスしてもらえました。

見ると鴨头(鴨の頭)もたっぷり入っていて、脳みそに大興奮。

私的にはこの鴨の頭が好きなのですが、連れ(寝太郎さん)はネック部分のしまった肉の

歯ごたえと旨みがたまらないと齧り付いていましたよ。好みは人それぞれですね。

なお、当店はスパイシーな麻辣テイストではなく、前述のように鹵水煮であります。

南粤美食 (ナンエツビショク)
神奈川県横浜市中区山下町165-2 INビル
TEL     045-681-6228
営業時間/11:30~23:30(LO)
定休日 不定休     -店舗情報「食べログ」より-

南粤美食広東料理 / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅)  

2018年4月 9日

重慶茶樓 (ジュウケイサロウ) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、大通りの「重慶茶樓」 (ジュウケイサロウ)

当店は重慶飯店系列、飲茶をメインに打ち出した姉妹店。

以前からお店の存在は知っていたのですが、四川料理の老舗「重慶飯店」と

「飲茶」がどうしても結びつかず、機会を逸していました。

ある日のランチ、飲茶が無性に食べたくなり初トライ。

予約はしていなかったため店員さんに名前を告げ、入口脇の椅子で順番待ちのうえ入店。

テーブル・セッティング:なし
テーブルクロス:なし
卓上調味料:あり(醤油、酢、ミニパックのからし・ラー油)
その他:爪楊枝ほか
着座後:取り皿、箸、使い捨て紙おしぼり、メニュー

ザ・モルツ(中瓶)@700を注文し、連れ(寝太郎さん)がつまみにと切望したのが、

自家製チャーシュー@750

その風貌を目の当たりにし、一瞬で甘い夢は消え現実の厳しさを痛感。

タイミングが悪かったのかしら。焼き立てではありませんし、

霧吹き&レンチンしたようなパサパサ感にがっくりとうなだれるのでした。

これは寝太郎さんの胃袋行きに決定です!

飲茶を目当ての来店。

腸粉が食べたかったのですが、メニューには見当たらず、とりあえず4品オーダー。

エビ餃子(3個)@550

下味しっかりでエビ餡にはタケノコ入り。

鳳凰 エビ餃子(3個)@500

エビ餡にはすり身も加わり、頂には魚卵。

しいたけ焼売(3個)@550

MSGセンサー発動。もう少し控えめに使ってもらえれば有り難かったです。

肉ちまき@300

具材は、干ししいたけスライスと肉のみ。八角などのクセの強いスパイスは

感じられず、また干しエビも入っていませんから旨みの層が不足。

日本人にも食べやすい食味である反面、中華ちまきとしては味の醍醐味に

欠けるような気もします。

飲茶では思い描いたような結果に至らず無念。

次の機会があれば、点心よりもやはり四川料理で。こちらに期待したいです。

重慶茶樓 (ジュウケイサロウ)
神奈川県横浜市中区山下町185
TEL     050-5571-0425
営業時間/(月)~(木)11:00~21:00(ラストオーダー 20:00)
     (金)~(日)11:00~21:50(ラストオーダー 20:50)
     (ランチ営業 11:00~15:00)
定休日    無     -店舗情報「食べログ」より-

重慶茶樓中華料理 / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅)  

2018年4月 5日

農家楽  大久保

Photo_2

東北・福建・四川料理「農家楽

最寄駅は大久保。北口を出て左手すぐの利便性の良いロケーションです。

飯友さんとの会食で現地集合。

階段を上り入店すると、先客は若いグループ客を中心とし2~3組。

どうやら私のほうが早くに到着した模様で、このフロアに日本人は私だけのよう。

流暢な日本語を話す男性スタッフさんの指示で4人掛けのテーブル席に着座。

テーブル・セッティング:なし
テーブルクロス:なし
卓上調味料:なし
その他:メニュー、爪楊枝、灰皿、紙ナプキン、串入れ、呼び出しベル
着座後:箸(ロゴ入り箸袋)、取り皿、タオルおしぼり(直置き)

到着を待つ間に注文したのはアサヒスーパードライ(中瓶)@500。

料理はグランドメニューから選ぶ予定ですが、それに先立ち揚げ塩ピーナッツが

運ばれてきたのでポリポリつまみながらの作戦会議です。

烤羊肉原味串(そのままの羊肉)@108×4

ビールのお供に最適!

クミン、唐辛子ともに控えめですが、肉は硬すぎずに程よくジューシー。

このお値段なら、なかなか優秀なのではないかしら?あっという間に完食です。

鍋包肉(揚げ豚肉の甘酢あんかけ)@1,180

薄切り豚肉のから揚げは、外側の衣がカリッカリで肉は薄々。

水飴のようにこってりと厚みのある甘さの甘酢あんは中国東北を感じさせ、

チープっぽさも愛おしい味ですが、なにぶん衣が分厚いため腹がふくれ、

後半は持て余し気味に。

辣拌土豆絲(ジャガ芋細切りムチム)@680

ムチムとは、韓国語で和え物のこと。当店は延辺料理も守備範囲に収めているのかしらね。

極細切りのジャガイモを、食べる辣油的なじゃりじゃり感のあるスパイシーな調味料で

和えており、ニンニクも効いて、先ほどの甘い鍋包肉の後には喜ばしい選択。

欲を言えばもっと香菜があると嬉しいなあ。

醤大骨(背骨の醤油煮込み)@780

豚背骨の醤油煮は東北地方のお料理。使い捨て透明のビニール手袋がセットされます。

しゃぶりつくと味のしみた肉はストレートな醤油味でスパイスは感じられず。

次に関節技をきめ、ひたすら醤大骨と格闘。

そして、ほろりとはがれ落ちた柔らかい肉をつまみに孔府家酒(ボトル)@1,800をぐいぐい。

収穫した肉は脂もしっかりだから白酒が合うんだ。

調子にのってボトル2本空けちゃいましたよ。さすがにきいたわ。( *ω*)

HPでは夜の平均予算は2,000円 ~2,999円と、手頃な値段で利用できるお店ですが

自分の場合は支払額(請求額)の半分以上が酒代でありますから、

会計は、1人当たり4,000円ほど(千円未満四捨五入)。飯友さん度々すまない。

平日はボトル1本で済まそう、と心に誓ったのであります。(/ω\) 

農家楽
東京都新宿区百人町1-19-14 TC第21大久保ビル 2F
TEL     03-3366-3888
営業時間/平日 11:00~15:00 16:30~02:00(L.O 01:30)
        土日祝 11:00~02:00(L.O 13:00)
定休日 無休     -店舗情報「食べログ」より-

農家楽中華料理 / 大久保駅新大久保駅西武新宿駅)  

2018年4月 2日

陳家私菜 渋谷店

Photo

本格中華ダイニング「陳家私菜」 渋谷店

場所は公園通り沿いの東武ホテルの斜め前。HPによると、総席数は160席という大箱店、

某日はそのテーブル席の一部を利用した宴会仕様。

本場中国から直接仕入れた香辛料・調味料を使い、得意とする香り豊かな四川料理が

供されるという事前情報以外、詳細な内容はわからないミステリーなお楽しみ会食であります。

当日、菜單の用意はなく、オーナーより料理説明を受けられましたが、メモを取るのを失念。

正確さに欠けるため記録は写真を中心に。分かり得た範囲で記します。

提供料理は大皿で供されるものと、各人ごとのポーションで供されるものが

入り混じったスタイルで以下の10品。

これらは「グランドメニューを中心に」という会の趣旨により、

幹事さんが事前に店側と打ち合わせをしたうえ、決定したものですが、

一部通常メニューにないものが含まれます。

なお、現地味を好む集まりですから、手加減抜きの本場仕様をリクエスト。

前菜盛り合わせ

泡菜、夫婦肺片、麻辣茄子、蒸し鶏青唐辛子和え、

麻辣焼鶏

鶏の辛炒め煮。味が染みこんだ鶏肉は柔らかく、痺れ(麻)の威力は絶大。

四川回鍋肉

今回はネギで代用していますが、本場では葉ニンニクを使用。

頂天石焼麻婆豆腐

店の看板料理の一つ。

使用する豆腐は絹ごしタイプのものを1丁。これをはじめに鶏ガラスープで煮ているため、

味に薄っぺらさはなく、コクとパンチのある辛さを実現。

グツグツと音をさせ、熱々のところを店員さんが崩してくれます。

これはメニューにない料理かも。

雲吞と写真では隠れてしまっていますが、白身魚(切り身)も参加。

黄色いソースは酸味のある辛さで、ベースとなるスープをきちんと作っているからでしょう。

味わいふくよかで実に美味しい。今回の料理の中で1番のお気に入りです。

海鮮と春雨の自家製醤炒め

辛さの小休止。ご飯に乗せて食べたくなる、とっつきやすい味わいです。

担々麺と言って良いのかしら、現地仕様で提供された和え麺。

爽快感のある辛さでナッツが食感にリズムを。油もまた美味。

酸菜牛肉

正式な料理名失念(汗)。ざっくり言うと小エビのフリットかな。

杏仁豆腐

ぽってりとした口当たりで、風味良く味わい濃厚。これで辛さもリセットです。

 

私自身は辛さに耐性があるため、大事に至ることなく済みましたが、

友人の額からは大粒の汗が……。この汗こそ四川のバロメーター(^^♪

今回、渋谷の公園通りというロケーションから、お洒落中華の生温い四川を

イメージしていたのですが、本場味を求める声がコックさんのやる気を焚き付けたよう。

良い意味で予想を裏切られ、四川スパイスの効いた“本格中華”を堪能。

幹事さんのご尽力と宴会の意図を汲み取ってくれたお店の方に感謝です。

陳家私菜 渋谷店
東京都渋谷区神南1-16-3 ブルーヴァールビルB1
TEL     050-5869-6496
営業時間/11:00~15:00(L.O. 14:30)16:30~23:30(L.O. 22:45)
定休日    無休     -店舗情報「食べログ」より-

陳家私菜 渋谷店中華料理 / 渋谷駅明治神宮前駅神泉駅)  

2018年4月 1日

2018年4月1日

04
(タクロー) 今年は桜の満開が早かっただね。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »