2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 2018年5月1日 | トップページ | 菜香新館 (鹹蛋五目粽) 横浜中華街 »

2018年5月 2日

華錦飯店 (カキンハンテン) 横浜中華街

Photo

横浜中華街「華錦飯店」 (カキンハンテン) 再訪

週末の横浜中華街は観光客でごった返し、人とすれ違うことさえストレスを感じるほど。

歩く速さも違うので、目的のお店に着くまでにすっかり疲れ果ててしまいます。

中華食材を購入後、大通りあたりの喧騒から逃れるように当店へ。

料理はグランドメニューからのチョイスです。

大葉蝦巻(エビの大葉巻き)@800

エビの身にすり身、ニンジン、大葉を包み、きつね色に香ばしく揚げた春巻き。

パリッと心地よい音に続き、すり身のはつらつとした弾力が食感となって広がり、

そこに大葉の香りが相まる。塩気がきいているから何もつけずにこのままで。

おつまみ力のある春巻きです。

北海道産白貝のネギ・生姜炒め@1,300

グランドメニューの表記を失念。姜葱炒白贝って感じかしら(汗)。

ネギと生姜を効かせ、塩味をベースとしたぽってりあんかけ。

貝の出汁もでて、味は悪くないのですが、若干量が少ないように思え、

ボリューム面から割高に感じてしまいました。

(ノブロー) 身がふっくらぷりぷりでうめえ。

海鮮焖麵(海鮮煮込みそば)@1,200 

長崎ちゃんぽんのルーツと言われる福建省の「燜麺」。

関内の「金満楼」さん以来ですが、当店でもメニューにありました。

エビ、イカ、アサリ、小粒のカキ、貝柱などの豊富な魚介の旨味に

ニラ、ニンジン、タマネギといった野菜の甘みが加わり、口当たりまろやかで濃厚。

麺はちゃんぽんで馴染み深い丸麵で、このスープの旨味エキスをがっちり吸い込み、

やわやわですが、ついつい箸が伸び、後を引く美味しさです。

また、私達にとっては、冷めても、おつまみになるのだから有り難い。

(ノブロー) スープの味が染みこんだ麺はやわやわでうまうま。心憎い味だで。

ドリンク注文の紹興酒3年(ボトル)@1,800を加算し、会計は、1人当たり3,000円
(千円未満四捨五入)でした。

華錦飯店 (カキンハンテン)
神奈川県横浜市中区山下町126-22
TEL     050-5571-2210
営業時間/月~金 11:00~15:0017:00~23:00 (L.O22:30)
          土・日・祝 11:00~23:00(L.O)22:30
定休日    無休    -店舗情報「食べログ」より-

華錦飯店中華料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅)  

« 2018年5月1日 | トップページ | 菜香新館 (鹹蛋五目粽) 横浜中華街 »

01-2.横浜中華街」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701509/73434425

この記事へのトラックバック一覧です: 華錦飯店 (カキンハンテン) 横浜中華街:

« 2018年5月1日 | トップページ | 菜香新館 (鹹蛋五目粽) 横浜中華街 »