2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月28日

上海小吃 (シャンハイシャオツー) 新宿

Photo

上海家庭料理「上海小吃」 (シャンハイシャオツー) 再訪

前回同様、当店に馴染みが深い友人との利用。今回は運よく本館に入店できました。

アラカルトチョイスは「上海小吃の人気ベスト18品」を中心にグランドメニューから。

とその前に、一足先に到着した友人は

避风塘茄子(茄子揚げ)@1,500

お通しの厚揚げ煮と茄子揚げで一杯はじめていた模様。

ローストしたパン粉にスパイスを混ぜこんださくさくパウダーが香ばしく、

からりと揚がった茄子に好相性。酒の肴にうってつけの1品です。

米茜@1,000

中国野菜からは炒めると赤紫色の水分を放つ红苋菜(ひゆ菜)を。

上海では米茜と呼ばれるらしい。

ニンニク使いもどぎつすぎず丁度良い塩梅です。

葱油蛤蜊(蛤の甘辛炒め)@1,500

真っ黒なスープの色味にどきり。ですが、塩辛いと感じるものではなく、

中国の黒醤油をベースに蛤の出汁がしっかり入っているので、まろやかで旨みの層が深く

後を引く美味しさです。

このうまか汁を味わい尽くすにあたっては、中の生地が糸状の揚げパン(炸銀絲巻)@600が

欠かすことのできないアイテム。外がかりっと中はふわふわ、ほんのりとした甘みのある

熱々の揚げパンに吸い込ませていただくと幸福度もさらにアップ。うんまい!

この食べ方、大正解。

スープもたっぷりだから、揚げパンはお替り(追加注文)しちゃいましたよ。

糖醋小排(スペアリブの甘酢煮)@1,200

嫌味のない甘みが染みこんだ肉はするりと骨からはずれる柔らかさ。

清炒虾仁(えびの炒め)@1,500

えびそのものの甘みを引き立たせるシンプルな塩味炒めもイメージどおりで

きちんと美味い。ぷりっとした身の食感を楽しめました。

会計は、瓶ビール@500、生ビール@500×2、石庫門(赤)@2,000ほかを含め

1人当たり6,000円ほど(千円未満四捨五入)

友人の助言もあり、媚びたところのない味の核心に触れ、上海家庭料理の

素顔に近づけたように思います。

当店がコアな中華ファンから厚い支持を得ているのも納得できました。

上海小吃 (シャンハイシャオツー)
東京都新宿区歌舞伎町1-3-10 1F・2F
TEL   03-3232-5909
営業時間/ 月~土 18:00~翌5:00(L.O 4:30)日・祝 18:00~翌2:00(L.O 1:30)
定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

上海小吃上海料理 / 西武新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅)  

2018年9月25日

亜細亜 (アジア) 五反田

廣東料理「亜細亜」 (アジア)再訪

Img_8700

某日の日替りランチは、とりの唐揚げ、野菜炒め添え。

ライス、スープ、ザーサイ付で750円ですが、

ここに、焼賣(シウマイ 2ケ)250円をつけ、税込み1,000円のランチです。

前回同様、仕切り皿にザーサイまでを乗せたおかずプレートでの提供で

スープも変わらず。ランチ利用もまだ回数を重ねていないため断言はできませんが

日によって主菜が変わるだけで、脇を固めるメンバーは同じということかな。

自分にとって、とりの唐揚げはご飯のおかずというよりも酒のつまみ。

普段なら、ご飯の友が少ない!と白飯消化に頭を抱えてしまうのですが、

当店では強い味方がいるので大丈夫。

ふんわりやわらかボディの焼売にからし醤油をちょいつけしてご飯にON!

そして箸で崩し、白飯に馴染ませれば、丼ご飯もへいっちゃら(^^♪

さらに野菜炒めを一緒乗せすることで食欲が加速度を増すのです。

とりの唐揚げは下味も強すぎず、からっと揚がってしっかりジューシー。

ビールが飲みたいなあと、しみじみ思った昼食でありました。

亜細亜 (アジア)
東京都品川区東五反田1-13-9
TEL     03-3441-7824
営業時間/11:30~14:00 17:30~22:30(L.O.21:45)
定休日    木曜日    -店舗情報「食べログ」より-

亜細亜広東料理 / 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅)  

2018年9月 1日

2018年9月1日 ブログは当面休止します。

09

(ノブロー) 引っ越しするで、ブログは当面休止だよ。

「本日も中華日和」にお立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。

私事ですが、転居の日が近くなりました。

長年暮らした地を離れるのは感慨深いものがありますが、心機一転、

新たな生活をスタートさせようと思います。

拙ブログはその新天地のネット環境が整うまでお休みいたします。   

ご理解いただければ幸いです。 

『本日も中華日和』執筆者・みに

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »