2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月26日

萬来亭(バンライテイ) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、市場通りの上海料理の「萬来亭」 再訪

恒例の秋の「上海蟹宴会」なので、料理の内容構成は大きく変わらないというお話。

そのため、今回は写真をメインに食レポは割愛しようと思います。

なお、記録にあたっては、正式な料理名が異なるかもしれません。

三色拼盤

醉蟹或蒸蟹(酔っ払い上海蟹または蒸し上海蟹)

こちらの大皿は酔蟹。

(メス)

(オス)

豆芽炒干豆腐

蟹肉蟹粉獅子頭(蟹みそ、蟹肉の肉団子)

肉団子の断面

ここに少しキープしていた内子(卵)をなすりつけて食べる!

贅沢の極み!美味かった!!

正式名不明ですが、燒菜。揚げた魚に甘酸っぱいソースがかかっています。

ざっくりとしたイメージですが、油淋鷄のお魚バージョン的な感じ。

醤爆蟹(上海蟹のみそ炒め)

醤爆蟹拌麪

上海蟹の風味とコクがプラスされた濃厚な味噌を、もっちもちの極太麵に

しっかり和えていただく。

宴のフィナーレを飾るに相応しく、ここでしか味わえない骨格の太い味わいに大興奮。

蛤蜊燉蛋(はまぐりの茶わん蒸し)

酒醸圓子

内容構成が変わらぬという事ですが、シーズンの上海蟹を含め当店でなくては

味わえない料理の層の厚さに何ら不足なし。

また変わらぬことで、この「上海蟹宴会」は故郷に帰ってきたような安心感と

心地よささえもたらしてくれるのでありました。

萬来亭
神奈川県横浜市中区山下町126
TEL  045-664-0767
営業時間/ 11:30~14:30 17:00~21:00(L.O.20:30)
      土・日 11:30~21:00(L.O.20:30)
定休日    木曜日(祝日の場合営業)     -店舗情報「食べログ」より-

萬来亭上海料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅)  

※お店の方々をはじめ、ご尽力頂いた幹事さんに感謝であります。

2018年11月24日

美山飯店(ミヤマハンテン) 新館 鶴見

Photo

中華料理「美山飯店 新館

鶴見駅西口より豊岡通りを進行し徒歩10分ほど。

当店はアーケード式の商店街「レアールつくの」(佃野)内に立地しています。

お目当ての店の臨時休業により、ショッピング前に立ち寄ってみました。

利用は昼の時間帯。地元客で8割ほどの客入りですが、丁度先客の退店で

4人掛けのテーブル席へ。

奥行きのある店内は、ちょっと照明の暗さが気になる感じ。

卓上には調味料一式と割り箸、メニューがスタンバイされています。

ランチメニューや定食もありますが、グランドメニューからアラカルトで注文。

その前に瓶ビールをお願いすると、きゅうりのキューちゃん的な漬物が同行してきました。

パリポリというよりしなっとしてめちゃ柔らかい。

オーダーした麵が到着すると、そのビジュアルにちょっとびっくり。

担担面(タンタンメン)@750

辣油と芝麻醤の風味を効かせた担々麵をイメージしていましたが、

写真とは全く違い、溶き玉子でとじられているのです。

私は食べた経験がないのですが、連れ曰く溶き玉子を使うこのタンタンメンの

スタイルは「ニュータンタンメン」方式なのでは?と。

辛さは皆無。玉子を使っているので甘くまろやか、さらにタマネギ効果で

甘みがアップいるように思います。

その昔、夜食で食べたような家庭的な味わいに、

心の準備が出来ていない私は正直戸惑ってしまいました。

五目焼面(五目焼きソバ)@700

こちらも少々具材の彩りが寂しく思います。

味見をさせてもらいましたが、醤油ベースのあんかけが重たく、味もどっしりと濃い。

 

なお、食事の後半にはつるんとした舌触りの杏仁豆腐をサービスでいただきました。

お値段もリーズナブルでそこそこボリュームがありますから、普段使いには

良いのかもしれません。

美山飯店 新館
神奈川県横浜市鶴見区佃野町23-47
TEL     045-584-5189
     -店舗情報「食べログ」より-

美山飯店 新館中華料理 / 鶴見駅京急鶴見駅)  

2018年11月19日

蓮香(レンシャン) 白金高輪

Photo

中国料理 郷村菜 蔬菜「蓮香再訪

2名での予約訪問。案内を受けられたのは厨房を前にするカウンター席です。

今回特に席の希望を伝えてはいなかったのですが、オープンキッチンの臨場感が伝わる

いわばシェフズテーブルに着くことが出来たのは幸い。

シェフははじめ私達に気が付かなかったようですが、すぐに気が付き

「抜き打ちはいけませんよ~」と苦笑していたみたい。

――たしか当店にお邪魔したのは去年のこと。

不義理が仇となり敷居が高くなりすぎて、積極的にアプローチできなかったのであります。

ごめんなさい(涙)。

盛り合わせ

①光レンコン怪味ソース掛け・・・怪味ソースにはクラッシュしたカシューナッツに
  トッピングは香菜。光レンコンのシャキシャキとした歯触りに、花椒の効いたソースは
  深いコクに鮮烈な辛旨さが息づき、その完成度の高さは神レベルです。

②白キクラゲ三江侗族茶油風味

③おおまさり木姜子風味・・・柑橘のようなきりっと清涼感 のある香辛料(木姜子)が
  歯ごたえを残したおおまさり(落花生)と好相性。単なる塩茹で落花生で
  決着しないところも当店の魅力なのです。

④玄海サバ、プーアル茶スモーク・・・スモーク香が食欲を焚き付けるサバは脂の乗り加減も
  丁度良く、呑兵衛心をくすぐる酒の朋友です。

⑤牛肉のなれずし

⑥押し豆腐と細セロリ、エシャロットソース・・・香りコクを味方に押し豆腐の
  和え物もワンランク上の味わいに。

盛り合わせの中で1番最初に食べるようサジェスチョンを受けられたのは

白キクラゲ三江侗族茶油風味。

これが貝のような質感で、すっと歯が入りさくっと噛み切れるのです。

本当に白キクラゲ?と吃驚しましたが、

同時に先に食べて欲しいという意味も良く分かりました。

コースのスタートを飾るに相応しく、とても淡い味付なのです。

まるで、汚れのない新雪のよう。

もちろん食傷とは無縁なので、いくらでも食べられてしまう。

開口一番に目の覚めるような清い味をいただけたのですが、ここでは

またスペシャルな小皿が1品。シェフお手製の牛肉のなれずしなのだそう。

調理過程では牛肉を骨ごと叩いているので

漫画『ゴールデンカムイ』で登場するアイヌ料理“チタタプ”のような手順かしら。 

もちろん、なれずしですから、乳酸発酵させており独特の酸味に唐辛子の

パンチが効いて、その塩気を伴う風味は酒と絶大な相性の良さを誇ります。

「これは絶対キープだ!」

このクセの強い旨味に合わせてガツンと紹興酒が飲みたい。

冷蔵庫からのチョイスはシェフのアドバイスを受け、クリアな飲み口ではなく

どっしりとしたオールドタイプのものを選びました。

牛ホホ肉瑶族(ヤオ族)の青レモンソース

追加の料理をお願いしたので、1皿のポーションは調整してくれた様子。

ホホ肉を口に含むとスネ肉のほろっと感とはまた違う肉のほどけ方で、

青レモンソースは酸味ばかりが突出するものではなく、ほんのりとした苦みもあり

風味豊かに味の落ち着かせどころも巧みです。

(ノブロー) さすが小山内シェフだで。味の尖り方が他とはひと味もふた味も違うだ。

広東白菜のチワン族唐辛子と腐乳炒め

「一緒に浸かっている唐辛子、メチャメチャ辛いんで、食べないように」とのこと。

腐乳の微かな酸味と奥深いコクがメチャ辛唐辛子と一体化し、さらりとして

ピリっとスパイシー。絶妙なうま辛さに恍惚のひとときを味わいました。

お替りコールを連発し、牛肉のなれずし再び。

(タクロー) 酒がガンガン進むだね。

あと、シェフから紹介のあったハトムギの白酒も香り高く、めっちゃまろやかで、

美味かっただー。

発芽大豆とささげ漬け物ひき肉炒め

炒泡黄豆。以前もいただいたことがありますが、美味しいので大歓迎。

というか、組まれていて良かった。

ホクホク食感が楽しめ、酒のつまみのみならず、ご飯のおかずにも包容力を発揮する1品。

白飯に混ぜ合わせてお豆ごはんにしたい!という衝動にかられました。

火麻蒸蛋(世界一の長寿村、巴馬の火麻茶碗蒸し)

世界一の長寿村、巴馬。

そこで常食されている長寿食材「火麻」(ヒーマ)と呼ばれる麻の実を使った茶碗蒸し。

火加減もばっちりですから、ポツポツ穴の開いた茶碗蒸しとは異なり

「す」の入っていない見事な風貌です。

「火麻」はすり潰し、粉になったものを使っているよう。

具材を加えず、シンプルを極めた茶碗蒸しで、

味はというと巴馬地区の“食の文化を食べる”というイメージで

素朴な美味しさに満ちていました。

エビ、もやし、発酵筍大葉炒め南寧風

シェフは発酵調味料使いの名手ですから、普通にエビともやしを使った炒めで終わらせません。

当然、タケノコも発酵させ調味料として活用し、オリジナルな味の世界観を表現。

ここでは発酵タケノコの酸味と大葉の爽やかな香りが織り成す精妙な味わいを堪能しました。

山黄皮蒸魚

ネット情報によると山黄皮は俗称"鸡皮果"というもの。

魚は生の銀ダラを使用。

へー、こんな顔しているんだ。

私達もはじめて顔を見ましたが、それは貴重なもののよう。

シェフは2日くらい寝かせて、と思っていたようですが、ご厚意で提供してもらえました。

塩漬けにした山黄皮をペーストに、蒸した魚は皮がとろ~っとして身はふかふか。

山黄皮の塩気が嫌味のないコクとなり、まるでオリーブのよう。

これは絶品!と、ゼラチン質の豊富な目玉周りもしっかりいただきました。

のちに、現地に仕入れに行った際、訪れたレストランのメニューを

見せてもらえましたが、当該料理と思われるものがあり、探求心に溢れるシェフは

食べて舌に記憶させ、着実にその味を自分の味へと吸収し昇華させているよう。

全菌腊味(瑶族の干し肉、きのこ色々家庭風炒め)

仕入れを兼ねた“旅”により料理の幅は広がります。

燻製香が芳しい瑶族の干し肉は、甘めで噛めば噛むほど旨みがでて、濃厚な味わい。

(寝太郎) 中国各地を駆け巡り、味を追求するアドベンチャー!

小山内シェフは中華料理界のインディ・ジョーンズだね!

(ノブロー) 冒険家のようなシェフの強靭なフットワークが、

蓮香さんの唯一無二のダイナミックさの源泉となっているんだな。

真ダラの白子、平春雨老酒蒸し自家製唐辛子醤油

平春雨は青島で購入してきたもの。

聞くと緑豆春雨の本場でいろいろな種類があるようですが

この春雨は強く味を吸い込まないためしょっぱくなりにくいのだそう。

白子のとろりとした舌触りを香菜と自家製唐辛子醤油であっさりと。

鴨と九条ネギの和えそば

太麺の力強いもちっとした歯ごたえにスモークした鴨の脂がコクとなり、

和えて食べることで完成する味と香りのバランス感が素晴らしい。

また、寝太郎さんはダシの美味しさにも惚れこんだようで、トリュフオイルのような

香り高さになっていると絶賛していました。

当店ではデザートないのよね、と思っていたら、すかさずサーブ。

ぷるぷるの氷粉に雲南省のハマナスのジャムを乗せたものです。

甘さすっきり、後味も綺麗でした。

 

東京に居ながらにして、さながら味覚の世界旅行をしているような体験。

シェフの飽くなき探求心が原動力となったフィールドワークの成果が、

中国現地の味の歴史と今とをリアルに感じさせてくれるのです。

蓮香(Renshan)
東京都港区白金4-1-7
TEL     03-5422-7373
営業時間/18:30~21:00(L.O)
定休日    不定休     -店舗情報「食べログ」より-

蓮香中華料理 / 白金高輪駅白金台駅広尾駅)  

2018年11月16日

東京酒樓 (トウキョウシュロウ) 五反田

Photo_2

中国川揚料理「東京酒樓」 (トウキョウシュロウ)ランチ再訪

ランチタイムサービス特別価格(880円)の麺・飯メニューは13種類。

無性に担々麵が食べたくなりお邪魔したのですが、この特別価格の中で紹介されていました。

坦々麺@880

前回は日替りで半四川マーボー丼のついたセットをいただきましたが、正直を申すと

四川マーボー丼よりもタンタン麺のほうが印象に残っています。

それは私自身がゴマゴマぽってりとした担々麺よりもさらりとしたタイプが好み

ということもあるけれど、この日の担々麵はすっきりとした酸味が効き予想以上に好感触。

ゴマのコクに辛味と酸味のバランスが程よく調和し、私好みの仕上がりで

なかなかに美味い。価値あるリピートとなりました。

東京酒樓 (トウキョウシュロウ)
東京都品川区西五反田1-4-8 秀和五反田駅前レジデンス2F
TEL     03-3493-1181
営業時間/ランチ 11:30~14:00 ディナー 月~金 17:00~22:00(L.O.)
          土・日 17:00~21:00(L.O.)
定休日    年末年始    -店舗情報「食べログ」より-

東京酒樓中華料理 / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅)  

2018年11月12日

三幸園 白山通り店

Photo

中華料理「三幸園

最寄り駅は神保町、A7出口を出て左へ進行。白山通り沿いというロケーションです。

某日は大人数での宴会仕様。料理はグランドメニューを軸に幹事さんにお任せというスタイル。

当店の創業は1956年。昭和の味を伝え続ける日式中華の老舗店ですから、

今宵は日本人の舌に合うノスタルジックな味わいを期待しています。

 

宴席としてリザーブされていたのは、その日式中華を堪能するのに相応しい

3階の掘りごたつ式の座敷席。

なお、料理は大皿で供され、サーブ時にも特に説明はありませんでしたから、

正確さに欠ける点はご容赦ください。

前菜盛り合わせは、くらげの冷菜蒸鶏の冷菜鶏肝の冷菜

皿のふちに添えられた辛子に胸が弾む出会いのひととき。

しっとりと柔らかい蒸鶏に対し、がっちり味が染みた鶏肝は甘くて歯応えも十分!

餃子

香ばしい焼き目をつけた餃子は皮を噛み切った瞬間に肉汁を含んだ熱々の スープが

飛び出てくるのでご注意を。

昭和レトロな口当たりの軽い餃子で肉餡が甘いため、卓上の調味料

(酢、辣油、醤油、胡椒)で味変を楽しみました。

ニラレバもやし炒め

レバーはさくっと噛み切れコクは旨みに加勢。

もやしもやわやわですが、それが妙に有り難く街場中華の醍醐味を感じさせる味わい。

胡椒がしっかり効いていますが、味にどぎつさがないのでついつい箸が伸びるのです。

エビチリソース煮

グリンピースを散らした心憎いビジュアルのチリソース煮。

ほんのりと甘めで懐かしさと優しさが同居した味ですから、昼に遭遇したらきっと

白飯にかけて食べているだろうなあと、そんな光景が目に浮かびました。

とり唐揚げ

千切りキャベツを敷き、やはり皿のふちには辛子が添えられています。

からりと揚がった鶏肉はむっちりとして甘め。体育会系の盛りの良さに目尻が下がります。

チンジャオロース炒め

ニラレバもやし炒めと同様、醤油をベースにした日式味。

ピーマンの香りがたち食欲を焚き付けます。

カタ焼きそば

辛子を添え、こんもりと盛られた具材は塩味のあんでまとめられ、

探ると、その下にはカリカリの太麺が潜んでおりました。

私はやわやわ派なので、しんなりしてきたタイミングで、辛子をちょいつけ。

ワンタン

昭和生まれの人間の郷愁をかき立てる「正しい醤油味のスープ」に

刻みネギ、青菜、チャーシュー、メンマ。

もちっとぷるるん。肉餡は少なく、皮が主役のワンタンですが、これでいいんじゃあないか、

という昭和の整合性とバランス感があるのです。

エビチャーハン

小山を形成したエビチャーハンは昔懐かしく飽きのこない日本人好みの味わい。

このチャーハンとワンタンスープの交互食べを始めてしまうと

際限なく食べてれてしまうから、私にとっては嬉しい悲鳴です。

 

古書街として有名な神保町は懐が深い。独自の文化を育んできた日式中華が元気だ。

お店は平日夜にもかかわらず、2階・3階大小グループ客で満員御礼状態。

根強い人気に、閉店した「徳萬殿」さんを思い出してしまいました。

当店も肩が凝らず親しみやすい味付けで日本人がほっと落ち着ける日式中華の楽園でした。

三幸園 白山通り店
東京都千代田区神田神保町1-13
TEL     03-3291-8186
営業時間/月~木 11:00~翌2:30(L.O.翌2:00)
       金 11:00~翌3:30(L.O.翌3:00)
     日・祝 11:00~23:30(L.O.23:00)
定休日    土曜日    -店舗情報「食べログ」より-

三幸園 白山通り店中華料理 / 神保町駅竹橋駅九段下駅)  

※今回も幹事さんのご尽力に感謝いたします。

2018年11月 9日

思郷村  蒲田

Photo

台湾屋台料理「思郷村」。引っ越しなどのため、間が空いてしまいましたが定期再訪

料理はいつものようにグランドメニュー及び店内黒板、そして500円以下おつまみからチョイス。

ここでは、以前記した料理も登場しますので細かい記録を省きます。

入店すると「あら~、おひさしぶりね」とママさん。

ご無沙汰ばかりなのに、温かい言葉と笑顔で迎えてくれて本当に感謝です。

カウンター席の端に着座すると、新メニュー「割包」の紹介が目に留まりました。

〆に魯肉飯をいただこうと考えていたのですが、こうなると是が非でも

角煮バーガーをいただいて帰らなければならない。本日のミッションだ。

ドリンクはキリンラガー(中瓶)@600からスタートし、キープボトルは飲み切って

しまっていたため、新たにJINRO(ボトル)@2,500と氷・ジャスミン茶

各@350×2をお願いしました。

菜頭糕(自家製大根もち)3ケ @420

定期的にお邪魔していますが、黒板に「大根もち」が記されているのを見たのははじめて。

これもまた天から与えられた使命に違いない!早速注文すると、提供時には

ニンニクの効いた濃厚だれがセット。

大根もちは表面がかりっと香ばしく中はねっちり、大根の風味も存分に活かされ

そのバランス感は妙妙。大根もちのお手本にしたい味わいでそのままで食べても

全く不足はないのですが、セットのたれがまた凄い。

甘すぎず、みそだれのようなコクがあり、濃いけれど、しっかりつけて食べたくなる

懐の深い美味しさなのです。

聞くと、大根もちはたまにしか作らないというお宝メニュー。食べれて良かったです。

つるむらさき@1,000

炒蔬菜の凄腕は健在!

干しエビの旨みが味を深化させた、つるむらさきとクコの実の炒めは、

野菜のシャキシャキとした歯触りを残し、ニンニク使いもどぎつすぎない品の良い仕上がり。

ここに白いご飯があったら、タレごとざばーっとかけてしまいたいぐらいです。

蝦水餃(海老入り水餃子)5個@580

すりおろしたニンニク入りの酢醤油がセット。

むちむちボディの水餃子にはくっきりと形状を残したエビがごろっと入って、

その力強い食感は格別。私にとっての“キングオブ水餃”であります。

海苔チーズスティック揚げ@380

割包(台湾角煮バーガー)@700

角煮バーガーは2人でお邪魔した私達が食べやすいように半分にカット。

ふわふわの白い饅頭にサンドされたのは、皮付きの豚バラ肉に酸味の強い高菜、

花生粉(ピーナッツの粉)、香菜、キュウリの甘酢漬けを少し。

そのボリュームも頼もしく、特に角煮は肉そのものの力が半端ない。

台湾屋台のおもちゃっぽい角煮バーガーとは一線を画し、完成された「料理」と

いう言葉を使いたくなる到達感があり、本物の力を見せつけられた感じです。

ママさんの作る割包は味が綺麗だなあ。美味しい。

こちらは台湾フェスタ2018(7/28~29)に出店し、好評を得たため店で

提供することになったのだそう。

テイクアウトも可能だから、利用者としては楽しみが尽きません。

思郷村
東京都大田区西蒲田5-27-15 東武ハイライン 104
TEL     03-3733-3718
営業時間/17:00~24:00(料理L.O.23:30 ドリンクL.O.23:30)
定休日    月曜日     -店舗情報「食べログ」より-

思郷村台湾料理 / 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅)  

2018年11月 5日

喜来楽 (シライル) 蒲田

Photo

台湾家庭料理「喜来楽」 (シライル) 

引っ越し等のため、しばらく間が空いてしまいましたが、定期再訪

スタートダッシュをかけるも、すでに先客は2組。

そのためカウンター席の利用ですが、入店できたことはとても有り難い。

気になるキープボトルは、健在でありました(●≧ω≦)9

いつものように着座後、まずサーブされるのは、お通しとこの日のおすすめの料理たち。

ここでは、以前記した料理も登場しますので細かい記録を省きます。

生メンマの辣油和え

マコモダケと豚肉・干しエビの炒め

台湾屋台でもお馴染みの茹で落花生。千葉県産のものを見つけたので仕入れてきたのだそう。

しっとりホクホクで素材のもつ自然な甘みが口いっぱいに広がります。

糸切り豆腐の和え物

当店の糸切り豆腐の和え物は塩味をベースに、微量の醤油などで調味された

あっさりテイスト。素材の持ち味が活かされています。

小メロンの浅漬け

紅糟肉

「今日は肉を漬けてあるよ」とマスター。

そういえば今年はまだいただいていないかもしれない。

サーブされた紅糟肉は下にレタスを敷き、香菜をトッピングしたスタイルだけれど、

以前とは違いソースの入った小皿が同席しているのに着目。

新しく参加したメンバーは甘露油膏。

台湾のとろみ醤油なのだそう。甘辛くぽってりと濃厚なソースです。

使用はお好みですが、肉自体が漬け込んであるため、私はそのままで十分。

味が重なりすぎて、ちょっとしょっぱく感じてしまいました。

そのほか椒麻花生をいただいたり、

台湾のコンビニでもお馴染みの茶葉蛋はヒビの入り方も見事で味がしみしみ。

大腸麵線(小)

私にとって、当店の大腸麵線はもはや、なくてはならないソウルフード。

胡椒がぴりっと効いたとろみスープに柔らかい細麺が超絶に絡み、望んだとおりの

街場クオリティーは好奇心を満足させ現地感MAX!

もちろん、黒酢と辛味調味料(エビ風味)の合わせがけがお気に入りの食べ方。

このジャンクな美味さがたまらなく好きなのです。

定期的に訪れたくなるのは、この麵線の味が忘れられないからなのかも。

喜来楽 (シライル)
東京都大田区西蒲田7-60-9
TEL     090-4527-3392
営業時間/17:00~24:00      -店舗情報「食べログ」より- など

喜来楽台湾料理 / 蓮沼駅蒲田駅)  

2018年11月 2日

慶和楼(ケイワロウ) 鶴見

Photo

広東房「慶和楼」(ケイワロウ)再訪

店の前を通りかかると大好きな卵炒めがランチに登場しているのを発見。

前回は芝エビとのタッグだったけれど、

叉焼炒蛋(チャーシューと卵炒め)@800(税込)

セットメンバーは前回と同じ。ご飯少な目のリクエストは通ったよう。

これくらいの主菜&副菜ならば、おかずっ食いの私にとって、ご飯茶碗8分目ほどが適量です。

カットしたチャーシューとニラ、卵は3~4個ぐらいの分量で、外側は香ばしく中はしっとり。

卵炒めの塩気にチャーシューの甘みがアクセントとなって口に広がり、

絶対的な安心感を得られる美味しさに幸せを噛みしめたのでありました。

慶和楼(ケイワロウ)
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町21-7 第2野木ビル
TEL     045-585-5155
営業時間/11:00~15:00 17:00~23:30
定休日    第2・第4火曜日    -店舗情報「食べログ」より-

慶和楼広東料理 / 鶴見駅京急鶴見駅)  

2018年11月 1日

2018年11月1日

11

(ノブロー) 最近、オラ達、食レポへの登場回数が減っただ。。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »