2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月29日

蒙古苑(モウコエン) 新宿

Photo_1

蒙古苑」(モウコエン)

新宿で映画を観た帰りに、歌舞伎町内の目当てとした店に向かうとマップが示す場所に

店が存在しない。どうやら閉店になってしまった様子。

――場所柄、移り変わりが早いし、仕方ないか。

急な変更となってしまいましたが、さくら通りに立地する当店へ。

モダンな造りの店内はテーブル席と窓に面するカウンター席でレイアウト。

着座したのは指示を受けられたカップル向けのカウンター席です。

テーブル・セッティング:箸、取り皿(2)、レンゲ、紙エプロン
テーブルクロス:なし
卓上調味料:なし
その他:メニュー、爪楊枝
着座後:タオルおしぼり(直置き)

客卓にはIH クッキングヒーターが設置されており、先客を見るとみな火鍋を注文して

いるので主力は鍋料理となるようです。

しかし、利用日は気温が高かったため、私達はグランドメニューから単品料理を

アラカルトでチョイス。またこの日が休日だったからでしょうか、店の扉には

時間制限がある、と張り出されていたので一気に料理をオーダーしました。

まず、日本の居酒屋さんで出されるような器でサーブされたのは、ボイルもやしを

ゴマ油で和えたお通し@280×2。

ドリンクは瓶ビール(アサヒスーパードライ)@600と頃合いを見計らいながら

紹興五年陳酒@1,950×2を注文し、いつもながらの中華飲みに突入です。

串焼きラム(2本)@480

ラム肉は固すぎず柔らかすぎず、ぷりしこ食感。唐辛子もクミンもどぎつすぎず

悪くはないのですが、やはり1本240円と考えると、お値段の良さが先行し、興奮度が

上がらないのが正直な感想です。

モンゴル焼きもち(2ケ)@680

ジューシーなラム挽肉餡を包んだ生地も厚みが感じられ、ふっくらかりっ!

パン感覚で食べれて羊肉の旨味もたっぷりだから、この場面でのラッキーアイテム

と言えるでしょう。

(ノブロー) 小腹満たしに丁度ええよ。

イカゲソと高菜炒め@1,380

高菜から発せられる発酵系の酸味は仄かで、柔らかいイカの旨味エキスと混じり合い

おつまみ力は優秀。欲を言えばもう少しボリュームが欲しいところです。

上海風揚げお麩炒め@1,180

他店ですが、前回「麩」を使った料理を食べ損ねたため選びました。

私自身、上海料理は味付けが甘いという、イメージを持っていたのですが、このタレは

甘からず辛からず、丁度良い味加減で嫌味を感じられません。

また本場での味を知りませんので比較の基準はないのですが、チンゲン菜とシイタケを仲間に、

タレを吸い込んだ揚げ麩がもちもちとろり~んとして、期待値を上回る美味しさでありました。

会計は、1人当たり 4,000円ほど(千円未満四捨五入)。

店の雰囲気からも客層は想定できましたが、訪問日はもっぱら女性グループやカップルで、

男性のみや中国人利用客はなし。

未食の火鍋に関してはわかりませんが、今回チョイスした料理は大きく外すことなく

その味を楽しめました。しかし日本有数の繁華街、歌舞伎町のど真ん中にあり、

場所柄、料理は平均して高めの価格設定なので、ロケーションの異なる同業他店で

あればもっとリーズナブルにいただけるのにと、コストパフォーマンスばかりが

気になってしまったのでした。

蒙古苑(モウコエン)
東京都新宿区歌舞伎町1-10-3 G3ビル 5F
TEL     050-5869-3751
営業時間/日~木 17:00~24:00(LO.23:00)金・土17:00~翌05:00(LO.04:00)
定休日  無休    -店舗情報「食べログ」より-

蒙古苑 新宿中国鍋・火鍋 / 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

2019年3月25日

中華料理 龍城  上野

Photo

中華料理「龍城」(リュウジョウ)

最寄駅は上野。東上野口を出て、浅草通りに向かうと道沿いに立地し、

ネオン看板も目立つため土地勘のない私もあまり迷うことなく到着できました。

さて、当店のオープンは2019年1月。広東料理を主軸とした新店です。

料理は幹事さんにお任せですが、広東料理の特徴を押し出したものを現地の味付けで

リクエストしてくれていると聞き、好奇心をそそられています。

2階、ターンテーブルの付いた円卓を使用。

料理は大皿で供されるものと各人ごとのポーションで供されるものが

入り混じったスタイルです。

蜜汁叉燒・廣東烤鴨

蜜汁叉燒は直球ハチミツ型ではなく、ほんのりとした甘さを感じる程度で

強いインパクトはなし。また、鴨のローストは少し素材力の弱さを感じたのですが、

定番のプラムソースをつけることで味の底上げが成功したように思います。

風沙鮮蝦

ローストしたパン粉にスパイスを混ぜ込んだパウダーは唐辛子やニンニクが効いて

ぴりっとスパイシー。ふりかけはもちろん、このまま酒のつまみになるのだから

この香ばしパウダーは有り難い。

主役の海老は殻ごと食べれるぐらい柔らかく、その身の甘さが活かされていました。 

韭菜鮮蝦餃・廣東燒賣

點心は下味がついていますから何もつけずにそのままで。

対面時、その風貌から小さな違和感を覚えたのが焼売。

お肉感たっぷりですが、私のイメージした廣東とは違いました。

水晶のように透明な皮(澄麺皮)からは具材の色味が透けて見え、もちもちとして吸い付くよう。

中にはニラと形状を残したエビが包まれていて、歯を入れた瞬間にニラの匂いが

ガツンと広がる感じ。お口のエチケットが気になるところですが、

この2種から選ぶとしたら、韭菜鮮蝦餃かな。

鮮蝦腐皮卷

湯葉で海老と黄ニラを包み蒸したもの。

オイスターソースががっちり主張したものではなく淡い味付けで提供されてます。

雪菜蒸鱼球

スズキの切り身に雪菜を乗せて蒸したもの。湯葉巻き同様にたれの味も淡く控えめ。

豆豉蒸排骨

隠れてしまっていますが、下にはカボチャと湯葉がひっそり同居。

調味には豆鼓、唐辛子、ニンニクを使っていますが、排骨からのコクと旨みが合わさり

丸みのある味わいで、肉を剥がすように噛り付いて食べるのが美味い。

鹹魚雞粒豆腐煲

鹹魚(ハムユイ)独特の風味は控えめ。塩味をベースにした優しい味の煮込みです。

腐乳炒生菜

たまたまなのかもしれませんが、やや水気が多く腐乳独特の風味が薄まっている

ような感じに思えます。私としてはもう少しコクとパンチが欲しいところでありました。

豉油皇炒麵

ぼそぼその極細麺に甘みのあるお醤油は相性抜群。

具材もシンプルで着飾らない風体も現地っぽくって好感度が上がります

ああ、辣椒醤(チリソース)が欲しい。

椰汁西米露

タピオカココナッツミルク。

今回、舌の肥えた参加者さんに向けシェフも広東料理の特徴と言える、

素材の旨味を活かしたあっさり味に意識が集中されたよう。

正直なところ、そこにぴたりと味があてはまるものもあれば、ほんの僅かでは

ありますがブレを感じるものもあり、味のトーンが平坦に収まってしまったという

印象がありました。あるがままのシェフの持ち味を注いだ廣東料理は“清淡”という

くくりにあてはまるのかはわかりませんが、もっとメリハリが利いているのかもしれません。

機会があれば、宴会とは別にお邪魔してみたいと思うお店でした。

中華料理 龍城
東京都台東区東上野3-39-5 第一地所ビル1~2階
TEL     03-3834-7988
営業時間/11:00~15:00 17:00~23:00
定休日  なし    -店舗情報「食べログ」より-

中華料理 龍城中華料理 / 上野駅稲荷町駅京成上野駅

※今回も幹事さんのご尽力に感謝いたします。

2019年3月21日

上海わんたん・食彩厨房 (ミックスわんたん) 蒲田

Img_7122

お休みの日のランチはテイクアウトで求めた「上海わんたん・食彩厨房」さんの

ミックスわんたん(税込み799円)。

肉餡にしっかり存在感を示すパワフルな海老や椎茸は手作りならではのもの。

このチカラこそが唯一無二のわんたんを生み出すのであります。

上海わんたん・食彩厨房  
東京都大田区蒲田1-13-7
TEL   03-3739-1883
営業時間/店内でのお食事11:00~14:0017:00~19:30
お持ち帰り11:00~19:30
定休日/  日曜日、月曜日       -店舗情報「食べログ」より-

2019年3月13日

CINA New Modern Chinese 恵比寿

Cina_new_modern_chinese

CINA New Modern Chinese」 (チーナ ニュー モダン チャイニーズ)

恵比寿駅、西口から線路沿いの坂道を目黒方面に進行。徒歩5分ほどのロケーションです。

友人との会食に際し、ランチコースを申し込むことで席を予約していました。

モダンでお洒落な店内はカウンター席とテーブル席でレイアウト。

食べログ情報では席数42席と言う事ですが、イメージより小体な造りに見えました。

リザーブされていたのは窓際の2名仕様のテーブル席。隣との間隔も広いとは言えません。

テーブル・セッティング:カトラリーレスト、箸、取り皿
テーブルクロス:なし
卓上調味料:なし
その他:メニュー
着座後:使い捨て紙おしぼり、ジャスミン茶(冷)

料理はすでにお願いしてあるので、乾杯用にビールを頼もうと思っているのですが

スタッフさんになかなか気が付いてもらえず、スタートから少しストレス。

またサービスにムラがあるようで「傘をお預かりいたします」と声かけをする

スタッフさんもいれば、何も言葉をかけてもらえないため、お客様は席の下に

置いたり、椅子に掛けたりとまちまち。

些細なことかもしれませんが、のっけから接客面で不安を覚えてしまいました。

さて、ランチコースは2,800円と3,800円の2種類。

今回はリーズナブルな2,800円のコースですが、苦手・アレルギー食材の再確認

から始まり、料理は基本2名分一緒の皿で供されているので取り分け作業が必要。

〆の麵飯とデザートのみ各人ごとに提供されるスタイルです。

Chinese Tapas 3種

①細切りクラゲとパクチーの和え物

見事なまでの細切りクラゲはパクチーの風味に調和し、シャキシャキこりっと歯触り豊か。

上品なシノワ味という印象です。

②セロリと紅芯大根のCINAサラダ

セロリ、紅芯大根、キュウリ、干し豆腐をライムドレッシングで和えた

清涼感のある飽きの来ないサラダです。

③四川よだれ鶏

麻辣ソースを皿に敷き、鶏肉をのせてから再びソースと、仕上げに粉山椒とクラッシュナッツ。

美しく盛りつけられたその見た目から、四川料理の定番「よだれ鶏」とはスピリッツが

異なると軽んじてしまいましたが、しっとりと柔らかな鶏肉は真空湯煎調理かと思うほど。

本場さながらのよだれ鶏と言うより、ジューシーな肉の質感を味わうもので

マイルドな辛味のソースと共にオリジナリティのある美味しさを楽しめます。

旬素材の春巻き

きつね色に揚がった皮は心地よいパリパリ食感。

餡の具材には山菜を使い、添えられたコクのある辛子酢味噌をつけていただきます。

Chinese Tapas 3種から続くそつのない味わいに、シェフの技量の確かさを

感じ取ることができて、すっかり上機嫌。

美味しい料理は気持ちをハイにさせてくれるものだと実感です。

熟成黒酢の酢豚

黒酢のコクにベリーの酸味が厚みのある甘みとして働き、肉は箸で崩せるほど柔らか。

美味しいソースも余すことなく、しっかり絡めていただきました。

胡麻香る担担麺

〆の麵飯は2択。各自違えてチョイスできるので、私は担担麺を。

肉そぼろ、ネギを中央に、レンゲで探ると下にはナッツも沈んでいました。

スープを飲んでみると、胡麻の風味豊かでクリーミーマイルド。

口当たり優しく、柔らかな味の輪郭をもつ担々麺です。

四川山椒の麻婆豆腐

滑らかな絹ごしタイプの豆腐に、とろみを付けた麻婆あんは、香りと辛さにキレがあり

パンチの効いた四川というより、店の持つイメージに沿った味わいで食べやすく緩やか。

この麵飯チョイス、自身の好みとしては担々麺の方に軍配をあげたいな。

デザート

栗の風味が口いっぱいに広がる渋皮を使ったマロンアイス。トッピングには粉山椒を。

会計は、別注文した生ビールを含め、1人当たり 4,000円ほど(千円未満 四捨五入)。

 

ネット情報によると経営は株式会社Sangue。

焼肉「うしごろ」さんの新業態として2016年にオープンしたモダンチャイニーズです。

CINA New Modern Chinese (チーナ ニュー モダン チャイニーズ)
東京都渋谷区恵比寿南1-17-17 TimeZoneテラスビル 2F
TEL     050-5592-7609   
営業時間/ ランチ【月~金】11:30~15:00(L,O 14:00)
     ランチ【土・日・祝】11:30~15:00(L,O 14:30)
     ディナー【全日】17:30~24:00(L,O 23:00)
定休日 年中無休     -店舗情報「食べログ」より-

CINA New Modern Chinese中華料理 / 恵比寿駅代官山駅

2019年3月 8日

刀削麺 西安飯荘(トウショウメン セイアンハンソウ) 五反田

Photo_2

刀削麺 「西安飯荘」( セイアンハンソウ)

五反田駅西口から徒歩5分ほどの立地。

当店へは友人と待ち合わせ、中華飲みを目的とした訪問です。

ざっくばらんな店内はテーブル席のみでレイアウト。

一足先に到着した友人をレジに近いテーブル席にみつけ、着座しました。

料理はグランドメニューからのアラカルトチョイス。

手書きのメニューもありましたが金額が書かれていなかったため不安に思い回避、

またこれは後から気が付いたのですが、座った席は厨房にも接していて、

そのサイドの壁には料理紹介が貼られており、その中には興味をそそられるものも

あったので注文後に、気持ちが先走りすぎたと、少し悔やまれました。

胃袋にはキャパシティってものがあるものね。これはまたの機会ってことに。

瓶ビール@550を2本注文し乾杯作業完了。

えび丸ごと焼きギョウザ(4個)@720

海老を芯にして肉餡を成形し皮で包み焼いたもの。

チラ見せの尻尾が己が何者であるかをきっちり主張しています。

積極的なアピールではありますが、味にそれほどのインパクトはなく、

ジューシーで普通に美味しい。

西安スパイス牛肉のズーラン炒め@1,350

一緒に炒められているのはピーマンやタケノコ、タマネギなどの野菜で

青椒牛肉絲の孜然(ズーラン)版という第一印象。

食べてみるとクミンががっちり効いたウマ辛エスニック味で、酒はもちろん

味付けが濃いめなので白飯にも合う包容力を感じました。

木耳の酢付け@500

「漬け」では?と突っ込みたくなるようなメニュー表記でしたが、さっぱりテイストで

程よくケミカル風味。箸休めにはもってこいで、卓上に嬉しい1品です。

辛いスープのマーラー刀削麺@800

具材は香菜に、肉そぼろはやわやわで、朱赤のスープに沈んだら救出は困難な形状。

唐辛子印3と書かれていたものの、イメージしていた激しい痺れと辛味が猛攻する

ものではなく、後を引かせる旨味があり、ど直球の麻辣とは少し異なるかもしれないけれど、

結果として味は期待値以上。

もっちりつるんとした刀削麺と共に完食しました。

 

会計は、追加の紹興酒5年@2,200、カメ出し紹興酒@1,000を含め、

1人当たり 4,000円ほど(千円未満四捨五入)。ご馳走様でした。

刀削麺 西安飯荘 (セイアンハンソウ)
東京都品川区西五反田2-10-8 ドルミ五反田ドゥメゾン1F
TEL     03-3492-9068
営業時間/11:30~15:00(L.O.14:00) 17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日  日曜・祝日    -店舗情報「食べログ」より-

刀削麺 西安飯荘中華料理 / 五反田駅大崎広小路駅不動前駅

2019年3月 4日

何鮮菇 上野広小路

Photo

上野中央通り沿いの「何鮮菇」(HEXIANGU)再訪

前回の利用で好印象をもった当店。

そのため、大人数での宴会にも参加させてもらいました。

料理は幹事さんにお任せで、具体的には「きのこ鍋」をメインとするコース

という情報以外、詳細な料理内容はわからないミステリーなお楽しみ会食であります。

大皿で供され、サーブ時にも特に説明はありませんでしたから、

記録の正確さに欠ける点はご容赦を。

また当然、以前記した料理も登場しますので細かい記録を省きます。

ミックスきのこサラダ

あっさりテイストのミックスきのこサラダからスタート。

ラムタンと香菜の和え物

柔らかいラムタンに合わせたのは食感のアクセントにも働くピーナッツとキュウリ。

ぴりっとしたストレートな辛さが香菜の香りにマッチし、お酒のつまみにもぴったり。

酸辣羊肉の冷菜

野菜は形を揃え細切りに。

甘酸っぱさが先行し、辛さが追撃してくるタイプで、じわじわ辛さが広がります。

羊肉串

唐辛子は控えめ。クミンががっちり効いた羊肉串はジューシーで柔らか。

とは言え、冷めてしまうと串から外れにくくなってしまうので熱々のうちにいただかないと。

前回未食の4品は、どれもそつのない仕上がりで、店の味の信頼度が増しました。

ここからはメインの蘑菇火鍋(きのこ鍋)に。

“追い出汁”効果を望める夏草花とマッシュルーム。

きのこ盛合わせ(1回目)

蘑菇火鍋(きのこ鍋)

一度沸騰させたらそのあとは煮たたせず、じっくりと。

濁りのないスープを保つために静かに大事に育て、きのこは何もつけずにいただきます。

つけだれは3種

①蒜泥麻油汁(ニンニクごまタレ)、②麻辣醤(マーラータレ)、③芝麻醤(ごまタレ)

これらはきのこ以外の具材に使いましたが、私の推しはやっぱり芝麻醤(ごまタレ)です。

ウマじょっぱくてコクがあるんだ。

野菜盛合わせ(1回目)

白菜、小松菜、レタス、春菊。

豆腐盛り合わせ(1回目)

干豆腐、凍豆腐、鮮豆腐、油豆腐皮、腐竹。

きのこ盛合わせ(2回目)

きのこの盛り合わせは2回目に突入。

そのほか、内容が同じため写真は省きますが、野菜も豆腐も2回提供されたので、

無限ループへ迷い込んだようでちょっとびっくり。そろそろお肉が欲しいなあ。

エビ団子

イカ団子

牛肉

羊肉

真打登場!貴方を待ち焦がれていましたよ。

たまご麺クロレラ麵

 

通常のコース料理でも、ここまでのボリュームで供されるのかはわかりませんが、

冷菜や羊肉串も味わえ参加メンバーも大喜び。

当店の味を知る近道となり、早速、再訪を決めた友人もいました。

何鮮菇
東京都台東区上野4-4-5 上野C-Road 3F
TEL     050-5596-7374
営業時間/11:30~15:00 17:30~23:00
定休日  年中無休    
     -店舗情報「食べログ」より-

何鮮菇中華料理 / 上野御徒町駅上野広小路駅御徒町駅)  

※今回も幹事さんのご尽力に感謝いたします。

2019年3月 1日

2019年3月1日

(ノブロー) 春まであと少しだで。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »