2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 上海厨房 家楽 神田駅前店 | トップページ | 2019年12月1日 »

2019年11月28日

翠鳳本店(スイホウホンテン) 横浜中華街

Photo_20191125214701

横浜中華街、上海路の広東料理「翠鳳本店」(スイホウホンテン) 再訪

お目当ては当店の酔蟹。中華街でも上海蟹を取扱う店は他にもいろいろありますが

酒の香りがきつすぎず、山椒の実が入った甘さ控えめの当店の漬けだれがお気に入り。

酔蟹を2杯予約して訪れました。

上海蟹の紹興酒漬け (雌)@2,850(税別)

2012年当時、2,310円で供された酔蟹の価格も今年は2,850円。

記録では2015年は3,000円だったので、その年によって変動があるのでしょう。

(レンタロー) 久々にオラ登場しただ。シーズンに1度は酔蟹ごっちゃんになりてえでな。

お店が上海蟹を解体するために発注した、という蟹ハサミを駆使し各自作業にかかります。

怪しく光り輝くメスの内子(卵)は黒いダイヤのよう。

ひとたび口にすると、ねっちりとへばりつくような重厚な味わいで

ドーパミンが出まくり狂喜乱舞。このテンションのままに内子周りのミソに吸い付き、

じっくりと繊細な身の甘みを味わう恍惚のひととき。時間よ!止まれ!

クライマックスには甲羅酒も楽しみ、すっかり酔蟹の快楽に酔いしれました。

網油炸巻(カニと海老の巻揚げ)@1,600(外税)

おすすめ料理からも1品チョイスしたのですが、油の温度によるものかこちらは

状態にムラがありました。たまたまなのかちょっと残念。

 

お店のお姉さんは変わらず親切。今回のアドバイスで、ハサミを入れる向きで、

酔蟹の胴体がとても食べやすくなることを知りました。(今さらですが……)

翠鳳本店 (スイホウホンテン)
神奈川県横浜市中区山下町189
TEL     045-662-6410
営業時間/ 11:00~21:00
定休日  月曜日 ※月曜日が祝祭日の場合、翌日振替休日     
-店舗情報「食べログ」より-

« 上海厨房 家楽 神田駅前店 | トップページ | 2019年12月1日 »

a-1.広東料理」カテゴリの記事

a-2.上海料理」カテゴリの記事

01-2.横浜中華街」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事